ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

アイルランド発: World War II bomb found at site of Japan's Fukushima nuclear plant

2017-08-10 18:53:49 | 日記
2017年8月10日(Thu.) 北とUSの ”口撃” が高まっていますが、国連や影響力が高い筈の中国・ロシアなどは仲裁に動いているのでしょうか。 トランプ政権にも期待はできませんし、安倍政権の平和的な存在感も期待できないものです。

やはり、脅威論ばかりを強調したがる政権(安倍)では、平和的な外交を期待することは難しいのでしょう。 安倍が歴史に学んでいるとはとても考えられません。 一刻も早く、安倍政権は終わらせるべきです。



さて、また不発弾の発見のニュースかと思いましたが、後ろに続く言葉はフクシマでした。 ( ニュースソース: The Journal.ie 8月10日発 )

<原文の一部>
World War II bomb found at site of Japan's Fukushima nuclear plant

A bomb disposal team has been sent in to make the scene safe.
爆弾処理班が現場の安全確保に派遣されています。

SUSPECTED WORLD War II bomb was found today on the premises of Japan’s crippled Fukushima nuclear plant with police called in to investigate.

The 85cm-long object, believed to be an unexploded bomb dropped by the United States during the war, was discovered by workers constructing a car park close to the facility’s reactors, a spokesman for Fukushima operator Tokyo Electric Power Co (TEPCO) said.

(抜粋)第二次世界大戦での不発弾と思われるものが破損中のフクシマ原発で今日発見されました。 不発弾はUSが投下したものと思われ85cm長の大きさがあります。 同施設の駐車場の建設工事中に発見されました。 東電(TEPCO)の発表によります。



TEPCO called police immediately upon finding the object, suspending construction work and roping off the area around one kilometre from the reactors, he added.

There was no impact on ongoing decommissioning operations at the nuclear plant, which suffered a meltdown in March 2011 after a powerful earthquake spawned a huge tsunami.

Japan’s Jiji Press reported that under such circumstances police call in bomb disposal experts from the country’s military.

Unexploded US bombs and shells are still occasionally found in Japan more than 70 years after the conflict ended in 1945, particularly on the southern island of Okinawa where an extremely bloody battle took place in the war’s closing months.

A Japanese military airport existed in the area around the Fukushima site in northeastern Japan during the war, and the area was a target of US bombing raids.

The meltdown at Fukushima in 2011 was the world’s worst such accident since Chernobyl in 1986.

TEPCO and the government are facing a four-decade task of cleaning up and decommissioning the facility, while tens of thousands of people remain displaced due to high radiation.

(抜粋)(注: 付帯状況が説明されています。 原文をサラリと読んでいただければと思います。 そして、次の文も )
The meltdown at Fukushima in 2011 was the world’s worst such accident since Chernobyl in 1986.
そして、廃炉撤去には40年からの歳月が必要で、しかも、放射能汚染によって何万人もの避難者が出ているのです。

***

不発弾の処理が安全に行われることを祈ります。 また、日本国内でのこの件に関する目だった報道はありません(18時現在)。

一方、アイルランド(世界)は、フクシマの現実を冷静に視ている印象を感じました。

安倍政権は、原発や核兵器に関して、歴史や過去に学んだ適切・妥当な判断をしているのでしょうか?  答えは ”否” です。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨時: 多様性 | トップ | アイルランド: Co Kerry re... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。