「サッカー文化フォーラム」夢追い人のブログ

1993年のJリーグ誕生で芽生えた日本の「サッカー文化」。映像・活字等で記録されている歴史を100年先まで繋ぎ伝えます。

サッカーの季節がひたひたと迫ってきましたね。

2017年08月05日 20時38分17秒 | サッカー選手応援
今日、なにげなくテレビのチャンネルをBS-9のWOWOWにしてみたら「スポーツ真夏の祭典」という7時間におよぶ無料番組をやっていました。

WOWOWのサッカーといえばリーガ・エスパニョーラです。案の定2時間をかけてスペインリーグを特集してくれました。

放送の主役は、メッシ、C・ロナそして乾、柴崎の4人。ネイマールがパリに移籍することになりましたが、この4人、今月からの新シーズンでは毎試合見れそうです。

これは魅力的ですね。メッシとC・ロナは、全盛期の最後のシーズンでしょう。乾、柴崎という二人をこれから先のシーズンも見れるかどうかわかりません。これは1年間休んだWOWOWにまた加入して記録に残すしかないでしょう。

なんでもリーガ・ダイジェストも放送時間を10分増やすそうですから。

今月末には、ロシアW杯アジア最終予選の最後の2試合が始まります。6月、7月とまるまるお休み状態だったサッカーの季節。ひたひたと迫ってきた感じです。

という中でJリーグは今日20節。今シーズンの節目の試合と言われるであろう出来事を2つ。

一つはC大阪、杉本健勇選手、得点王への覚醒です。今日の2得点が彼を得点王に立たせる大きな節目になると思います。すっかり自信にあふれたプレーぶりです。ユン・ジョンファン監督から何か指導があったのかどうか、いつかは知りたいところです。

もう一つは広島の再出発です。6連勝中の磐田を相手に逆転勝ちです。これは大きな自信になります。連戦連勝というわけにはいかないまでも、これまでのように勝ち点を積み上げられないというチームからは脱却できそうな節目の試合になると思います。

では、また。





ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まな」と「まい」はチーム... | トップ | W杯アジア最終予選・豪州戦... »

コメントを投稿

サッカー選手応援」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL