「サッカー文化フォーラム&アーカイブス」夢追い人のブログ

1993年のJリーグ誕生で芽生えた日本の「サッカー文化」。映像・活字等で記録されている歴史を100年先まで繋ぎ伝えます。

人知を超えた出来事「ビセンテ・カルデロンの涙雨」

2017年05月15日 20時50分21秒 | 世界のサッカー
スペインリーグ、アトレチコ・マドリーのホームスタジアムは、ビセンテ・カルデロンと呼ばれています。

バルセロナのホームスタジアムをカンプ・ノウ、レアル・マドリーのホームスタジアムをサンチアゴ・ベルナベウと呼ぶのと同じです。

このアトレチコ・マドリーの、ビセンテ・カルデロンは今シーズンをもってホームスタジアムとしての長い歴史に幕を閉じるそうです。

先日行われた欧州チャンピオンズリーグ準決勝2Lgは、欧州戦として最後の試合となることが決まっていました。

相手は同じ街の宿敵レアル・マドリー、1Lgを大敗したアトレチコはホームで厳しい状況ながらも逆転勝利で、ビセンテ・カルデロンの最後を飾りたいところでした。

ここ数年、ビセンテ・カルデロンでは圧倒的な成績を残しているアトレチコの勝利を信じて詰めかけた満員のサポーターが、試合開始から片時も途切れることのない声援を送り続けたのですが、逆転勝利の女神は微笑まず、いよいよ試合もアディショナルタイムに入ろうという頃、なんとビセンテ・カルデロンの上空が、にわかにかき曇り、雷鳴とともに大粒の雨が落ちてきたのです。

解説の水沼貴史さんが試合後の総評で「なんという演出でしょうね、自然のことですから演出したわけではないですけれど・・・」と語れば、実況の西岡明彦アナウンサーが「アトレチコのサポーターにとっては涙雨になりましたが・・・」と淡々と返していました。

これこそ「ビセンテ・カルデロン、惜別の涙雨」でした。愛するチームの逆転勝利が叶わなかった、でももう欧州戦に別れを告げなければならない。であれば、勝者も敗者もサポーターもずぶ濡れになるほどの涙雨を流そう、神のおぼし召し、人知を超えた自然の摂理です。

この試合終了間際の豪雨によって、ビセンテ・カルデロンの最後は、これ以上ない幕切れとなったのです。自然という、人知を超えた力が演出したのです。

私たちは、また一つ劇的なサッカーシーンを目撃しました。
こうした出来事に出会うなんて、たまらないです。サッカーを愛する者にとっては・・・。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK-BS番組「スポーツイノベ... | トップ | 元祖・天才シンジ選手と、後... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL