Dr. 讃井の集中治療のススメ

集中治療+αの話題をつれづれに

自治医科大学附属さいたま医療センター麻酔科・救急科・集中治療部の後期研修医・スタッフの人員募集のお知らせ

2017-05-18 06:37:14 | 集中治療

自治医科大学附属さいたま医療センター麻酔科・救急科・集中治療部の後期研修医・スタッフの人員募集のお知らせです。

以下、最新情報です。

1. 昨年4月に救命救急センターが開設され、各部門の人員を募集中です。二次・三次救急を含めた幅の広い重症患者の麻酔、救急、集中治療を学ぶことができます。
2. 本年5月に救命センターに新病棟が追加され、救命センター一般床がトータルで20床から30床に増床されました。
3. 本年8月に、新機能をふんだんに取り込んだ20床の新集中治療室がオープンします。現在の院内ICU、CCU、救命ICUトータルで20床が28床に、本年12月にはさらに2床追加され、トータル30床になります。
3. ICUチーム医師と救命センター医師が共同して拡大ICUチームを作り、院内ICU・救命ICU全ての患者を主体的に診療します。患者層・量ともに十分な研修ができる体制が整備されました。
4. センター所属の社会人大学院生が現在トータルで5名になり、さらに研究に力を注いでいます。
5. 留学にも力を注ぎ、今年度は1名が米国内科レジデントとして、1名が豪州大学院生として海外に渡ります。
6. 外部講師、他科講師を招いた教育機会をさらに充実させました。


麻酔科・救急部・集中治療部の近況や活動内容は下記にupしています。
Facebook:https://www.facebook.com/jichi.saitama.icu?ref=aymt_homepage_panel
ホームページ:http://jichi-saitama.jp  5月下旬をめどに更新予定です。


見学のご希望はお気軽に以下まで。

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・救急部・集中治療部
秘書:岡本晴美
TEL: 048-647-2111  (内線:5238)
Email: h-okamo@jichi.ac.jp
副センター長・集中治療部 教授:讃井將満
Email msanui@jichi.ac.jp


以下、プログラム(集中治療部)の概要です。

ここでは集中治療部の概要を紹介しますが、詳細については麻酔科・救急科・集中治療部のホームページをご覧下さい。ホームページへ:http://jichi-saitama.jp

■はじめに
私たち自治医科大学附属さいたま医療センター麻酔科・救急部・集中治療部は、急性期で広く活躍できる総合医を育成することを目標にしています。研修を受ける本人と相談しながらテーラーメイドの研修プログラムを作成し、経験豊富な指導医のもと、自施設だけでなく国内外の施設で多様かつ豊富な症例を経験し、最高のトレーニングが受けられる環境を整備します。その過程で、急性期総合医として説得力のあるディスカッションができ、それにもとづく意思決定ができるようになることを最大の目標にする一方、重症患者を救命するための実践的な技術や判断力も養います。いずれの道に進んでも、研修終了後には、世界標準のプロフェッショナルな急性期総合医になることができるでしょう。

■当施設研修の特徴
◆当センターは、国内でも指折りの心臓血管外科センターとして年間 500 件以上の開心術を行っています。このような心臓血管外科周術期症例は、麻酔科医師が術中を、集中治療部医師が ICU 入室から退室まで術前・術後を、救命センター医師が緊急症例の初療を行いますので、多様な循環器系疾患を学ぶことが可能です。また、気管切開を含め外科手術を除くほとんどの侵襲的手技を我々のチームが行うので、十分な経験をつむことができるでしょう。
◆その他、ICU に入室する約 3 割は内科系の疾患で、敗血症を筆頭に造血幹細胞移植後の多臓器不全などの多彩な症例を経験することが可能です。また、救命センターでは、敗血症、脳卒中、各種循環器疾患を中心に、主として内科急性疾患の初療を広く学ぶことがでます。現在のメンバーのバックグラウンドは、麻酔、救急、内科、循環器科、血液科、外科、心臓外科など多様で、相互に不得意な分野を補いながら急性期総合医療チームとしての機能を最大限に高めています。
◆また、平成28年4月1日には埼玉県で8番目の救命救急センターが開設され、3次救急症例も経験することができる体制となりました。ICU・CCU・救命センターICUのべ20床で構成される集中治療部は平成29年に30床に増床予定で、豊富な症例を経験することが可能です。
◆大学附属病院でありながら臨床が重視され、各科間の協力体制も良好です。また、M&M(morbidity & mortality)カンファレンス、RST(respiratory support team)、RRS(rapid response system)など、院内横断的に多科・多職種が関わる活動が盛んで、我々のメンバーがその中心的な役割を果たしています。
◆研修の過程で、希望者には単施設・多施設臨床研究や基礎研究を計画・実践し、成果を国際学会や国際雑誌で発表する能力を養い、学位取得をサポートします。
◆国内外の他施設での研修を積極的に推奨しています(下記参照)。

■当科のモットー
1. 来るものは拒まず、去る者は追わず
2. やりたいことをやりたいだけ、やりたくないことは最小限に
3. メンバー個々のハピネスを追求し、長く将来をサポートします

■研修プログラム
【救急科コース】
救命センターにおける救急初療研修や患者管理、集中治療部での重症患者管理を学び、最初に救急科専門医の取得をめざします(他施設での研修を含む)。その後にサブスペシャリティーを目指すコースです。
【麻酔科コース】
当センター手術室において各科麻酔の研修(他施設での研修を含む)、集中治療部での研修を行い、最初に麻酔科専門医の取得をめざします。その後、集中治療、心臓血管麻酔、ペイン、緩和医療、小児麻酔、産科麻酔などのサブスペシャリティー専門医を目指します。
【集中治療研修コース】
すでに何らかの専門医を取得し、集中治療専門医を取得するために 1 年以上の研修を行うコースです。
【基本領域専門医研修コース】
主として当センターにおいて、内科系、外科系の各科、小児科などの各科専門医研修を行い、希望の基本領域部分の専門医資格を得た上で集中治療専門医を目指すコースです。各専門診療科と協力しながら最適な研修プログラムを提供します。
【短期研修・見学】
1〜6 ヶ月程度の他施設からの短期研修や、見学を随時受け入れておりますので、お気軽にお問い合わせください。これまでも多数の短期研修を受け入れた実績があります(5人/年程度)。

■指導医募集
研修希望者だけでなく、指導医として臨床、教育、研究に熱意のある方も募集しています。
救急、麻酔、集中治療それぞれの専門や、研究業績に応じて、ポジションを用意します。

■研修の実際  (ここでは主として集中治療研修についてご紹介します)
◆ICU 教育的回診
<AM 7:45 モーニングレポート> 当直医からの簡単な申し送り。当直中に生じた疑問に関して当直医が「ミニレクチャー」を行い、知識の共有を図っています。
<AM8:30-12:00> モーニングラウンド:各患者のレジデント、フェローがベッドサイドでプレゼンテーションを行い、臨床研究データ、生理学、薬理学をベースに
患者の病態に関して十分時間をかけたディスカッションを行い、治療方針を決定します。指導医によるベッドサイド・ティーチングにより、“生きた知識”を身につけることができます

◆カンファレンス、レクチャー
<研修医レクチャー> 週 1〜3 回
当科レジデントやフェローが初期研修医に向けてベーシックなレクチャーを行います。
<ジャーナルクラブ> 毎週金曜日
集中治療医として知っておかなければいけいないランドマーク研究や、議論の多い研究を批判的に読み、ディスカッションを行います。
<症例検討会(英語)> 毎週火曜日
Alan T Lefor 教授(米国外科専門医)をお招きして、ケースカンファレンスを行います。
<Fujimoto 教授とのジャーナルクラブ(英語)> 2か月に 1~2 回
Wilfred Fujimoto 客員教授(米国内分泌代謝専門医)をお招きして、ジャーナルクラブを行います。
<M&M カンファレンス> 月に 1〜2 回
ICU 関連の重大事象を対象に随時開かれます。多職種、多科が集合して開催される場合も多く、外科系診療科全体で毎月第 3 火曜日に行うものもあります。
<リサーチ・カンファレンス> 週 1 回
医局員が進行中の臨床研究について発表し、それぞれの進行状況を確認します。
積極的に多施設研究に参加してデータ収集を行っています。
<グランドラウンド> 月 1 ~2回
麻酔科と合同で行っています。その分野のエキスパートである外部講師や当センター指導医による包括的なレクチャーが開催されます。同時に、科・部合同の M&M カンファレンスやリサーチ・カンファレンスを行っています。
<救急部・集中治療部合同カンファレンス> 月1回
救急部と合同で勉強会、救急からICU入室した症例の検討会などを行っています。
■国内・海外研修
〇当センター職員としての席を残しながらの 1~6 か月の短期留学、あるいは、当センターを休職して 1 年以上の長期留学も可能です。留学後、当センターに戻り、得た知識や経験を還元することが原則ですが、お礼奉公的に長期にわたり当センターに縛られることはありません。

○現在まで実績のある留学施設・関連施設は以下の通りです。
・ 練馬光が丘病院
・ 横須賀市立うわまち病院
・ 日本大学医学部附属板橋病院 救命救急センター
・ 東京ベイ市川・浦安医療センター 集中治療科
・ 沖縄県立中部病院 集中治療部
・ 湘南鎌倉総合病院 集中治療部
・ 倉敷中央病院 救急科・集中治療科
・ 神戸市立医療センター中央市民病院 集中治療部
・ 東京女子医科大学 集中治療部
・ 自治医科大学附属病院感染症科
・ 東京医科大学附属病院感染症科
・ Mayo Clinic, Rochester (Division of Pulmonary and Critical Care Medicine, Research Fellow)
・ Indiana University School of Medicine (Department of Anesthesia, Resident)
・ University of Toronto (Critical Care Medicine International Fellow)
・ LDS Hospital, Salt Lake City (Intensive Care Unit, Visiting fellow)
・ University of Miami Miller School of Medicine (Department of Anesthesiology, Resident and fellow)

■大学院、学位
○研修終了後、大学院への進学も推奨している他、論文による学位取得も積極的にサポートしています。現在まで実績のある留学施設・関連施設は以下の通りです。
・東京女子医科大学・早稲田大学共同先端生命医科学専攻
・自治医科大学(地域医療学系専攻 総合医学分野 [当センターで集中治療の臨床研究])
・自治医科大学(緩和医療)
・東京医科歯科大学(医療政策情報学分野)
・京都大学大学院(医療経済学分野)
・東京大学大学院 (公共健康医学専攻臨床疫学分野)
・Mahidol University (Mahidol-Oxford Tropical Medicine Research Unit, Faculty of Tropical Medicine, doctor degree)

■交通
住所 〒330-8503 埼玉県さいたま市大宮区天沼町 1-847
代表電話 048-647-2111
URL http://www.jichi.ac.jp/center/
アクセス 大宮駅「東口」から国際興業バス→自治医大医療センター下車 約 10 分
大宮駅「東口」からタクシー→約 8 分

ご興味のある方は、まずはHPを覗いてみて下さい。

http://jichi-saitama.jp

http://www.jichi.ac.jp/center/sinryo/sinryoka.html

http://www.jichi.ac.jp/center/c_er/index.html

http://www.jichi.ac.jp/center/g_masui/index.html

http://www.jichi.ac.jp/center/c_syucyu/index.html

見学希望は以下まで。

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・救急部・集中治療部
秘書:岡本晴美
TEL: 048-647-2111  (内線:5238)
Email: h-okamo@jichi.ac.jp
副センター長・集中治療部 教授:讃井將満
Email msanui@jichi.ac.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初心者向け呼吸セミナー | トップ | ナース向けセミナーのご紹介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。