◆◆ jscar のカーモデラー製作記 ◆◆

カーモデルを主とした製作日記 (旧『パパはカーモデラー』

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

粛々と・・・ 956製作

2016-08-17 11:43:32 | ポルシェ956
956は、昨年の11月から、実に9ヶ月ぶりの更新です。

すっかりほったらかし状態。。。

途中、アオシマの「おそまつな」S15を見てしまってモチベガタ落ち、
オークションで買ったタミヤのとある車種では型不良で部品が存在してなかったり・・

などなどで、やる気が失せて模型は暫くやってなかった。。。。


しかし前に進めないと墓場に埋められそうなので粛々と進めていきます。

ボディ塗装⇒研ぎ出しまでは完成し、ライトとコクピットまわりの塗装をしました。

鬼マスキングの後、シュっと黒を吹きました。
真っ黒だとおもちゃっぽいのでツヤ消しとタイヤブラックを調合してみた。。。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これはヒドイ・・・

2016-08-08 00:02:49 | その他
僕個人、アオシマというメーカーは、非常に好きなメーカーです。
他社とは一風変わったキットを発売するところが好きです。
映画の劇用車では、あぶない刑事で起用しているレパードなど、いいですねー。
他にもはたらく車や特殊車両・・ほんとに面白いメーカだと思います。

さて、そんなアオシマからは、プリペイントモデルという、これもまた、好きなラインナップがあります。
塗装するのがおっくう、苦手、面倒というユーザにはもってこいと思います。
僕の場合は、たまには気軽に造りたい!というときに造っています。


しかし、残念なことに、画像のような結果となります。
画像のキットは、S15 シルビア プリペイントモデル。

画像のとおり、ヒビが塗装面の一部に無数に走っているのです。
1年くらいして、突然現れます。

そうです。
楽しみのあまり、早くに製作して完成したユーザには気づけない現象なのです。
僕の場合、多くのストックを抱えているため、即日はおろか、半年や1年保管などザラです。
そこで、このキットは比較的早め(6ヶ月くらい)に着手したものの、途中で別の案件を優先した隙にこうなりました。

僕の保管状態を疑う人も居るかもしれません。
ですが、amazonのカスタマーレビュー↓を見れば自明でしょう。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-No-34-Spec-R-%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%A1%97%E8%A3%85%E6%B8%88%E3%81%BF%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/dp/B00F3VSI2S

どの色もこうなる・・・とは言えませんが、少なくとも画像の色は2度同じ結果となりました。
塗料の質がいかほどの物なのか・・・・
それも未知数ですから何ともいえませんね。

ただ、これだけは言えます。
ユーザーは、どこで生産するか、塗料の質がどうだ、とかは知ったことではありません。


できないなら量産すべきではないでしょう。
完成する前に気づくことは希です。

多くの人は、キット、完成して1年ほど経ってから落胆するのだと経験から推測できます。

アオシマ製品は奇をてらって量産しているという他意は無いと信じていますが、
もう少し慎重になっても良いのではないでしょうか。。。。

と、二度同じ目に遭ったせいか、感情的になってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デカール貼り付け

2015-11-07 21:14:22 | ポルシェ956
だいぶ時間がかかりました(7月から4ヶ月近く・・・)。
ようやくデカール貼りにとりかかります。

さて、まず始めにロスマンズカラーの特徴であるストライプからいきます。
ちなみに、ボディカラーの青のマスキング状態がプアに見えますが、これは
このストライプデカールで隠れてしまいますので、塗料がはみ出ていても問題ありません。

うーん、、、やぱりチリのようなもの(画像黄色マルで示した部分)は、とれそうにありませんね。
ヤスリで削り落としたら、デカールごと持って行かれます。

すんなり諦め、スペアのデカールで対応したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよボティカラー塗装

2015-10-24 18:32:26 | ポルシェ956
下地処理にかなり時間をかけてしまいました・・
やっとボディカラーの塗装工程に入ります。

ロスマンズのイメージカラーは白と青。
ツートンのためマスキングをしていきます。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライト周り(続き)

2015-10-17 10:51:46 | ポルシェ956
なんとか削りまくってカウルにはめ込んでみました。

「平面的な」から「立体感のある」に変化したように思えます。
これで塗装したら、実感が沸いてくるかもです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加工(続き)

2015-10-14 23:43:08 | ポルシェ956
リヤカウルの裏に、成形時にできる「押し棒」跡があり、けっこう目立ちます。
おもちゃっぽいのでエポキシパテで埋めることにしました。

あと、ヘッドライトも、さすがに30年以上前のキットではリフレクターも再現するのは億劫だったのですかね。。。
さすがのタミヤもここは割り切り、といったところでしょうか。

射出成形の制約があるとは思えないのでやれば出来た筈。
ということで、リフレクタを自作しようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ加工

2015-08-31 16:36:50 | ポルシェ956
サイドには4箇所リベットのような突起がありました。
ここは0.4mmで穴開けしておき、インセクトピン ないしは 極小リベットを完成時に付けておきましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平面出し

2015-08-30 09:06:51 | ポルシェ956
まずは、簡単に表面を慣らしてみました。
画像のような、わずかなヒケはサフでなんとかなりますが、

凹みとなっているようなヒケはパテで処理するようにします。

カウルのリベット(4つ)は、削り落としました。

別部品でリベットを再現しようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ加工

2015-08-26 00:28:05 | ポルシェ956
型取りが終わったところで、突起物は取り去ってしまおうと思います。
デザインナイフと紙ヤスリで平面出ししておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捨てサフ

2015-08-23 15:21:55 | ポルシェ956
やっと塗装できました。
とはいえ、平面出しのための捨てサフ段階です。

こぶのようなものは、突起物を型取りするための樹脂です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加