キマグレ競馬

競馬の話題、G1予想を中心に考えたことを書いています。
他に気になる話題、趣味などいろいろ。

レッドアローズ、中国で初めて展示飛行

2016年11月02日 | Airplane

競馬とは関係ない話ですが、、。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
レッドアローズ、中国で初めて展示飛行 珠海エアショー2016で
イギリス空軍のアクロバット・チーム「レッドアローズ」が2016年11月1日(火)、
中国で初めて展示飛行を実施しました。およそ40分間に渡る展示飛行です。
レッドアローズは1965年の結成以来、中国での展示飛行を加え、57カ国目での
曲技飛行の披露となりました。
展示飛行は、11月1日(火)に開幕した「珠海エアショー2016(中国国際航空宇宙博覧会)」の
飛行展示で披露されたもので、11月4日(金)から11月6日(日)までの3日間は1日2回、
展示飛行が予定されています。
レッドアローズのデビッド・モンテネグロ・リーダーは、中国での初の展示飛行は大きな名誉だと
コメントし、57カ国目での展示飛行の披露はレッドアローズがイギリスを示す世界で大使としての
役割を担い、そのベストの演技を披露するものだと述べています。
また、航空は世界共通の言語でもあり、中国で非常に暖かく、熱狂的な歓迎を受けたとしています。
レッドアローズは現在、アジア太平洋・中東ツアーを行っており、すでにパキスタン、インド、
バングラデシュ、シンガポール、マレーシア、ベトナムを訪問しており、
珠海エアショーでの展示のあとは、タイ、再びインドを経由し、オマーン、バーレーン、
UAE、クウェートを訪問します。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
イギリス空軍のアクロバットチーム「レッドアローズ」が、初めて中国で展示飛行を
行ったという記事ですが、アジア各国を巡って中国まで来たのに、日本には寄らずに
引き返して中近東へ向かうようです。
日本の航空ファンにとっては、とても寂しいニュースかもしれません。
以前、アメリカのサンダーバーズ来日で、2004年百里基地、2009年浜松基地に行きましたが、
いずれも雨に祟られてしまい、展示飛行を見ることができず残念な想いをしました。
あれから7年。海外の空軍系アクロバット・チームは一度も来日していません。
世界の航空業界においては、日本は全く魅力が無い市場になっているのかも。
この記事を読んで、そんな印象を受けました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルボルンカップー結果 | トップ | JBCクラシック 結果 »
最近の画像もっと見る

Airplane」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。