キマグレ競馬

競馬の話題、G1予想を中心に考えたことを書いています。
他に気になる話題、趣味などいろいろ。

2017 ジャパンダートダービー結果

2017年07月13日 | Horse Racing

昨日のジャパンダートダービーは、地方馬のヒガシウィルウィンが優勝しました。
--------------------------------------------------------------------------------------------
【大井・JDD】ヒガシ2冠!首差制し地方馬7年ぶりV By スポニチ
 3歳ダート馬の頂点を決める「第19回ジャパンダートダービー」が12日、
東京・大井競馬場で行われ、5番人気ヒガシウィルウィンがゴール前、
サンライズソアを首差競り落としてG1初制覇。東京ダービーに続く2冠を獲得した。
地方馬の優勝は10年マグニフィカ以来7年ぶり5度目。佐藤賢二師(66=船橋)は
01年トーシンブリザード以来、同レース2度目のV。
本田正重(29=船橋)は、うれしいG1初制覇となった。
-------------------------------------------------------------------------------------------
先々週の帝王賞では、JRA勢の強さばかりが目立った交流G1ですが、
昨日の3歳G1では、地方馬のヒガシウィルウィンが互角に渡り合って勝利しました。
交流重賞の地方馬と言えば、スタートからの先陣争いでまず数頭が振り落とされ、
道中でもJRA勢の速いペースについていけない馬が、ズルズルと脱落していって、
最後の直線では、馬群が2つに割れてゴールすることが多いのですが、
このレースのヒガシは、先行するJRA勢の後ろに付いて行って外に持ち出し、
スルスルと馬群を割って伸びてきて、最後はハナ差で差し切りました。
本田騎手の位置取り、追い出しのタイミングも大変良かったし、
この馬がこの距離、コースに慣れているという地の利はあったとしても、
JRA勢を相手に素晴らしいレースを展開したと思います。ちょっと感動しました。
地方馬の同世代では、この馬の能力は抜けている印象です。今回のダービーを制して、
この世代の地方の雄としてこれからも頑張って欲しいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 某テレビの三連単企画を考える | トップ | 武士沢騎手 300勝達成 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。