キマグレ競馬

競馬の話題、G1予想を中心に考えたことを書いています。
他に気になる話題、趣味などいろいろ。

テイエムスグレモン&函館記念

2017年07月16日 | Horse Racing

テイエムスグレモンが新馬戦を勝ち上がりました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
6番人気テイエムスグレモン直線抜け出しV/新馬戦(日刊スポーツ)
<中京6R>◇16日=中京◇2歳新馬◇芝1200メートル◇出走10頭
6番人気のテイエムスグレモン(牡、山内、父ディープブリランテ)が好位追走から
直線で抜け出し、デビュー勝ちを果たした。
 騎乗したルーキーの川又騎手は「調教ではかかり気味でしたが、
今日はふわふわ走っていました。でも、肩ムチだけで反応しましたし、
気性が素直でスピードがあります。“優れもん”ですよ」と評価していた。
--------------------------------------------------------------------------------------------
"テイエム"さんの馬は、晩成型の馬が多くて、九州産馬戦以外で、
新馬戦で勝ちあがることは滅多にないのですが、この馬は中京の内側の
荒れた馬場も気にすることなく、しっかり走ってデビュー勝ちしました。
ディープブリランテの産駒は、新馬戦の勝ち上がりが多いので、
この馬も少し期待していましたが、こんなに強いとは思いませんでした。
とは言え、タイムは平凡で負けた人気馬は外側を大きく廻っていたので、
展開が向いた面もあります。
それでも勝ちは勝ち。騎手のコメントにあるように、ふわふわ走って
この結果であれば、今後も期待できそうです。
名前に恥じない走りを見せて欲しいと思います。
因みに馬券のほうはワイドが当たりました。単勝はさすがに買えなかった、、。

函館記念は、荒れるレースという戦前の予想の通り大荒れでした。
ルミナスウォリアー、タマモベストプレイ、ヤマカツライデン、、。
全く予想に入れてない馬での決着でした。
テイエムスグレモンの馬券で運を使い果たしたのかも、、。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武士沢騎手 300勝達成 | トップ | 小牧騎手の話題 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。