キマグレ競馬

競馬の話題、G1予想を中心に考えたことを書いています。
他に気になる話題、趣味などいろいろ。

JRA降級制度廃止を検討

2017年01月25日 | Horse Racing

来年から降級制度の廃止が検討されているようです。
-------------------------------------------------------------------------------------------
JRA 4歳馬に適用の降級廃止を検討、来年度からの意向
JRAは4歳馬に適用される降級制度の廃止を検討していることが分かった。
日本調教師会、日本馬主協会連合会など関係団体と協議を進め、
来年から廃止したい考え。降級制度とは4歳馬の収得賞金を6月の夏番組
(ダービーの翌週)から半額扱いにする仕組みで、頭打ちになった4歳馬が
降級によって再度活躍できるメリットがある。
その半面、4歳馬の降級で高額条件に格付けされる頭数が減り、高条件レースを
組みにくいデメリットも指摘されている。
-------------------------------------------------------------------------------------------
競馬を始めた頃、最も判りにくい制度がこの降級制度でした。
自分が応援していた馬が、春のレースでやっと勝って上に行けると喜んでいたら、
降級制度のせいで、また同じクラスを走ることになるのは理不尽な感じがしてました。
まあ上位クラスに行っても、後方を追走するだけというギリギリの実力だったら、
下位クラスに降級するメリットは確かにあると思います。
逆に降級馬が多いと上のクラスの層が薄くなって、レースレベルが維持できないと
いう主催者側のデメリットも判るような気がします。
競馬ファンの立場では、降級馬を狙って賭けるメリットがあったのですが、
制度を知らない初心者には、その辺りが判りにくい感じがあります。
やはり制度としてはシンプルに、レベルはピラミッド型にして、レースの構成が
判りやすくしておくほうが、今後の競馬発展のためには良いように思います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年のクラシック注目馬 | トップ | ホープフルS、G1に昇格 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。