キマグレ競馬

競馬の話題、G1予想を中心に考えたことを書いています。
他に気になる話題、趣味などいろいろ。

2017 桜花賞 傾向分析

2017年04月05日 | Horse Racing

今週はクラシックの最初のレース、桜花賞です。
いつものように競馬最強の法則より傾向分析です。
-------------------------------------------------------------------------------------------
●枠順
中ほどの枠が中心、外枠は2着、内の馬たちは厳しい
●前走成績
関西トライアル上位馬がアタマ、それ以外が2着候補
常識的には「関西のトライアル重賞で3着以内」という馬が桜花賞勝ち馬の条件となる。
●騎手
関西の騎手で、乗り替わりのない馬が有力
●実績
重賞実績とマイル実績、ここまでのキャリアにも注意
使い過ぎた馬に勝機はなさそうだ。
●血統
父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系が必勝配合
-------------------------------------------------------------------------------------------
これまでの傾向は以上ですが、今年の牝馬はレベルが高く、
特に下馬評が高いソウルスターリングは、フランケルの初年度産駒ということなので、
血統や枠順はそれほど関係ないかもしれません。
むしろ、2,3着の候補を選ぶのに傾向分析が参考になりそうです。
注目しているのは、同じフランケル産駒のミスエルテ。
昨年末からの休養明けで、どこまで走れるのか不安もありますが、
能力的にはソウルと遜色ないと思いますので、人気が無ければ狙ってみたいです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競馬学校入学式 | トップ | 松田騎手 処分決定 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。