シャンテ サラ

独断と偏見で世相・経済からマンガまで 楽しい内容を目指します。 音楽とオーディオ関係の「シャンテサラ2」も統合しました。

1オクターブ落として逃げる

2017年07月16日 | Vn ビギナー事始め
写真はネットから拾った画像。 7〜8歳位の子供でしょう、D線を弾く右手の指はしつかり弓を握り、左手指は低音域を押さえてますね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヴァイオリンの練習をしていて、コーダなどが超高い音だと私には弾きにくくて (=正確な音程が取れない)、音を楽譜通りになかなか弾けないことがしょっちゅうあります。

そんな時は これまでは自分の技量の低さを嘆くしかなかったのですが、嘆きを回避する方法を見つけました。 それは “1オクターブ落として逃げること” です。 歌などではよくそうするのですが、ヴァイオリンでも試してみました。

実践したのが「Shindler’s List シンドラーのリスト」のコーダです。 実際 E線のかなり上のG♯〜Aが本来の楽譜なのですが、これを1オクターブ低い音で弾いてみると、結構 “行けます”。 恐らく 楽器をやってない人には分からないでしょうね。
………………………………………………
逆にコーダを楽譜より高くして、効果を高めることもできます。 例が「Wien, du Stadt meiner Traeume ウィーン 我が夢の街」です。 たったの5度上げるだけで 効果抜群ですから 超簡単です。

こうやって 実際の演奏会では歌手が、楽器奏者が “受けを狙って小細工を” やっていますね。 多用しなければ、いいと思います。 多用すると鼻に付いてくるのでいやらしさが出てきます。 隠し味にちょっぴり使う、この感覚でいいのではないでしょうか。

以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 27インチ iMac を買う時期か... | トップ | 7年前の iMac を修理に出そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Vn ビギナー事始め」カテゴリの最新記事