古都探索日記

奈良や京都の散策日記

なるほど! ザ・アコーディオン

2016-10-13 11:46:52 | 音楽
 10月12日、熱田文化小劇場へイタリア人のアコーディオン奏者アンジェロ・アクイリーニさんのコンサートを聴きに行く。

 画像をクリックしてください。チラシ(左)とプログラムが拡大します。

 前半はヨーロッパお国巡りと称してイタリア他の曲をアンジェロさんがアコーディオンを独奏。

 後半は彼の作曲による「孤独」に続いてアルゼンチンタンゴを3曲。やはりアコーディオンとタンゴは相性がいい。

 その後、彼の念願だったアコーディオンだけのアンサンブルによる演奏が初公開される。8人は全員女性で彼の生徒さん達である。

 1曲目のバッハ作曲カンタータ147番のコラール「人の望みの喜びよ」ではアンサンブルが弦楽合奏部分を、アンジェロさんがコラール旋律を担う。特筆するのは一台の大きめのアーコディオンには風量を送り込む装置(?)が取り付けられ通奏低音がパイプオルガンのペダル音の様に鳴り響き効果的だった。風琴(パイプオルガン)の曲を分解して数台の手風琴がそれぞれを演じる。面白いユニークな試みと思った。

 最後にイタリア民謡が演奏された。アクィリーニさんの多岐に渡る才能が発揮され大変楽しいコンサートだった。

 下をクリックしてBWV147のコラールのオルガン編曲をお聴きください。そして両手両足の各パートを9台のアコーディオンが分担して演奏する様を想像してみてください。

 「主よ、人の望みの喜びよ」を聴く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創世記の音楽 | トップ | 麻梨邑ケイ at Swing »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL