古都探索日記

奈良や京都の散策日記

我ら苦しみの極みにある時も

2017-03-15 17:43:15 | 音楽
 宗教改革500年を記念するバッハ・コレギウム・ジャパンの一連の公演の一つ。タイトルは演奏されたオルガンコラールBWV641から。

 前半はバッハのオルガン作品を3曲とルカの福音書の第2章からシメオンの頌歌「平安と喜びをもって、私は逝こう」に基づくヴァルター、プレトリウス、シュッツの作品と同名のルター作のコラールをもとにしたバッハの第2年巻コラールカンタータBWV125、後半は同じく第2年巻コラールカンタータのBWV33とBWV1のプログラムになっている。

 画像はチラシとプログラム。

 BWV641(オルガン小曲集より)を聴く。 左をクリックしてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミックスサンド | トップ | 洋朝食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL