古都探索日記

奈良や京都の散策日記

5弦のダ・スパッラ

2017-06-10 14:47:53 | 音楽
 6番(ニ長調)ではより高い音域が求められ5弦のダ・スパッラが使われた。

 映像を見ていると弾くのが難しいようにみえるが高度な演奏技術を必要なバッハ作品には有利といわれている。チェロには触れたこともない全くの素人の私でも同時に複数の弦を振動させる重音奏法には弦の間隔の狭いダ・スパッラのほうが適していると思いつくことができる。

 クイケンの演奏を視聴する。左をクリックしてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ | トップ | シモン・フェアウェルパーティー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL