名無し専家君の研究室(仮住まい)

南京住在の記録。exiteアク禁により一時避難中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もう5月

2010年05月03日 | 中国的生活
4月末から夏になりますた。
連日30度前後。一気に衣替えです。

しっかし、4月から始まったfc2のアク禁はほんとに困る。
しかも、ちょいとブロックがきつくって、exciteを見てる串は通らないんですわ。
面倒すぎて放置中。

いろいろうpしたい写真とかあるんですけどね。
やれやれっす。

連休はとりあえず家でゆっくり。
英気を養って、5日から仕事です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筋肉痛

2010年04月11日 | 中国的生活
昨日は同僚とバドミントン。かなり久々に運動した。
二の腕がちょいと痛い。

今日はICレコーダー買いに行く。
同僚の先生の分もまとめて2つ買う。
それでちょっと安くなったけど、ネットで買うより高かった。_| ̄|○

それから本屋めぐり。
漢書補注の小さい版があった。12冊で780元。ネットなら500元くらい。
南京の本屋では割引しないので、ネットのほうが安い。

日本語と中国語のある電子辞書はついにシャープが参入。
これで競争して安くなればいいなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再びここへ

2010年04月05日 | 中国的生活
5年ぶりにここへ戻ってきました。
2010年4月からfc2ブログへのアクセスがブロックされた模様。

exciteに続き、fc2までも…
_| ̄|○

とりあえずここは避難所なので、避難避難。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親知らずを知らず

2005年06月30日 | 中国的生活
中国人の先生方と会食中、歯の話になりました。
一人の先生が親知らずを抜くとのことで、あーでもないこーでもないと。

で、中国語で親知らずは「智歯」とか「智牙」って言うようで、
知性の歯であるようです。

だからそれを抜くと知恵がなくなってしまう、なんて冗談言ってました。

「日本と全然意味が違うんですねぇ」
なんて言ってしまいましたが、実は日本語でも「知歯」って言うみたいです。
_| ̄|○

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

kiroro

2005年06月12日 | 日本語教育
最近kiroro「未来へ」へのPVを入手。

早速学生に見せる。

日本語科…一緒に歌ってる。字幕も読めてる。

他学科…知っているみたいだが、歌うまでは無理。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講演会

2005年05月28日 | 日本語教育
今日は他大の先生を招いての講演会。
日本語ペラペラの中国人の先生です。

タイトルは「日本文化漫談」

文字通り日本の文化について、
てゆうか、テーマは多岐にわたりました。

「和」の意識
集団意識
ウチとソトの感覚
恥の意識
縦社会の人間関係
ホンネとタテマエ
勤勉さと真面目さ

中国人から見た日本人の特質、といった感じでしょうか。

一年生は(゜Д゜)ポカーンって感じでした。
まだちょっとむつかしいかもしれません。

二年生でも、興味のない子は夢の中・・・_| ̄|○


僕はと言うと、中国語のヒアリングの勉強になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

靴のサイズ

2005年05月27日 | 中国的生活
結論から言います。
中国には大きい靴がない。

中国では25センチを「40」として、
0.5センチずつ大きくなると数字も大きくなる表示をしています。
つまり、25.5が41、26が42。

これで計算すると、僕は50の靴が必要になります。

しかし、店に貼ってある一覧表はだいたい44まで。
45を超える靴なんてほとん見たことありません。

中国人男性、けっこう背は高いんですが、
そんな人に聞くと、靴は25センチくらいだとか。
(42で大きいほうだ、と言っておりました)

_| ̄|○

夏に日本に帰って、靴を探さねばならんようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蝴蝶

2005年05月26日 | 中国的生活
最近よく蝴蝶(hudie)を見ます。
日本語で言う「ちょうちょ」です。(正確には「ちょうちょう」らしい)

しかも大量に。

日本だと2・3匹だった記憶があるんですが、
こちらはなんか、3~40匹が花壇に群がってます。

人だけじゃなくて、ちょうちょも多いのか…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚式

2005年05月25日 | 中国的生活
今日は結婚式でした。
知らない人の。

学校の関係者で、どこかの弁公室の秘書らしいのですが、
その情報も知ったのは会場に着いてから。

なんか、盛大なほうがいいということで、外国人教師10人も参加した(させられた)のです。
内訳は
日本人3
韓国人3
インド人1
トルコ人1
スイス人1+その奥さんフランス人1

なかなか国際色豊かです。

とりあえずタダ飯だからいいか、と軽い気持ちで参加したのですが、
やはり世間はそんなに甘くないようで。

挨拶させられました。

外弁「日本語でもいいけど、ちゃんと翻訳してね」
_| ̄|○

言われた直後は呆然。準備何もしてません。

スイス人のジョージさんは外弁の通訳つき。
韓国人の崔さんは中国語のできる李さんが通訳。
私は一人・・・

で、なんとか終わらせました。ノリで
久々に緊張しましたよ。

で、何が問題かって、
新郎新婦はその時分も各テーブルを回って、挨拶しとるんですわ。
聞いちゃいねぇ!

これはわれわれのあいさつだけではなくて、そのあとの歌(オーソレミオ)でもそうでした。

そして中国らしく、三々五々に解散。
われわれ外国人教師たちが外弁に連れられて帰るときも
誰か歌ってました。

かわいそう・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレー

2005年05月24日 | 中国的生活
スーパーで見かけたプリッツですが

和風カレー味

この「和風」というところがミソか。

でも味は、どこが和風なのかようわかりませんでした。

考えてみれば、中国のカレーと呼ばれるのものはまともなものがありません。
だいたいがドライカレー風になっています。

日本で言う「レトルトカレー」もありますが、味がなんか違います。
日本料理屋のカレーは、まだ日本風になってると言えるかもしれません。

カレー、ラーメンなどはときどき日本のものが恋しくなります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加