きままな無線日記 JS1XQX・サイタマMS118

アマチュア無線・市民無線・特定小電力に関することを書き綴っています。

SV2017 参加しました

2017年08月05日 | 日記

本当は長野県方面へ行く予定でしたが、どうも北関東や甲信越方面の天候が思わしくありません。

なるべく影響の少なそうな場所として、今年は筑波山で妥協することにしました。

知る人ぞ知るケーブルカー・ロープウェイを使わず、一番簡単に登れる旧ユースホステル跡地からのコースで登ることにします。

筑波山の北側斜面の裏手にぐるっと回ります。

駐車場は20台くらい停められるスペースがあり、そこから整備された道を行きますが、降雨後ということもあって結構ぬかるんでいてドロドロです。

途中、イノシシの歓迎を受けて、それでも1時間かからずに男体山側に到着。

   

早速運用開始しますが、散発的にEスポによる入感もあり、おとなしく運用。

その後、もう1つのピークである女体山にも足を運んで両方のピークより運用を行いました。

   

 

<移動地短観>

ケーブルカー(男体山側)やロープウェイ(女体山側)を使用すれば楽々登れますが、運航時間の関係で早くても9時くらいからの運用開始となります。

早朝から運用したい場合には自らの足で登ることになりますが、筑波山北側の旧ユースホステル跡地からのコースが最短で登ることが出来ます。

筑波山は男体山と女体山の2つのピークがあり、どちらも山頂には神社があって運用場所が限られます。

男体山は神社が店開きする9時前でしたら社務所脇でも可能ですが、それを過ぎると運用はまず出来ないと思った方がよいでしょう。

神社から50mほど手前に展望が良い場所がありますが、関東平野と逆方向(北~東方面)になります。

女体山(三角点あり:最高地点)の方にも神社・社務所がありますが、こちらはそのちょっと先が岩場になっており関東平野が全開です。

ただし観光客がひっきりなしに来ますので、邪魔にならないように隅の方で細々と運用する羽目になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Summer Vacation 2017 開催要項 | トップ | SV2017 ログブック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。