Weblog by JS1CYI

アマチュア無線に関する話題,日々の出来事などをボチボチ書き綴っています.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月刊CQ誌掲載 1ボタンPTT回路 PICプログラム

2010-07-25 23:24:29 | おしらせ

CQ Ham Radio誌 2010年8月号掲載の
1ボタンPTT回路 をキットを購入せずくみ上げる場合はPICライターでPICにプログラムを書き込む必要があります。

そのプログラムをダウンロードできるようにしました。以下のアドレスからダウンロードしてください。
http://jq1yda.org/download/ptt107c.lzh

(拡張子をhexのままuploadしたところ、ブラウザによってはテキストファイルと認識してしまうようですので、lhaで圧縮し、uploadしなおしました)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« APRSのAFRS機能を使う | トップ | ハムフェア2010 講演の時間が... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
PIC12F509 (7M1RUL 利根川)
2010-08-06 02:29:51
記事ではPIC12C509でしたが、フラッシュタイプのPIC12F509でも使用可能です。
最近のプログラマ(書き込み機)でPIC12F509に対応している場合は、こちらの方が良いと思います。

補足:32kHz水晶の両脇のコンデンサは、記事は100pFですが水晶の特性により調整してください。通常15pF~程度でOKです。
PICへの書きこみについて (JR2EKD)
2011-08-05 08:58:55
CQ誌を見て自作にトライさせていただいております。PIC12F509へ書き込みする際に、Warning:Hex File Loaded is Larger than device.という警告がでます。書き込みを強行して、書き込んだデータを確認すると、040の行が書き込まれていません。(FFFのまま) 誠に申し訳ありませんが、何かご存知のことがあれば教えてください。以下メールアドレスへご返信いただけたら助かります。katoyasu3@nifty.com
解決しました! (JR2EKD)
2011-09-02 22:55:36
先日書き込み不具合で質問させていただきましたが、無事解決しました。エラーメッセージは消えませんでしたが、そのまま組み込み、正常に作動しました。お騒がせしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。