スポーツ記録箱

スポーツの記録や用語、人物からランキング等を独自視点で分かりやすく解説!スポーツ観戦のための「スポーツ記録箱」登場!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1950年

2012-02-22 09:43:29 | スポーツとその時代

【社会全体】

1950年と言えば、世界的には朝鮮戦争が始まった年である。

第2次世界大戦が終わり、突入した冷戦の代理戦争である。

アメリカが支援する南朝鮮(韓国)に対し、ソ連が支援する北朝鮮が攻め込んできた。
 
朝日新聞など当時の左翼マスコミは韓国が攻め込んだとして大いに批判したが、事実は逆であり北の侵攻を韓国が防いだものだった。


また文化も宗教も全く異なるチベットに中国が侵攻し、周辺諸国への進出、弾圧が始まった。


国内では吉田政権下であったが、池田蔵相の「貧乏人は麦を食え」などの発言が話題を集めた。


また第1回のミス日本が開催され、山本富士子が選ばれた。

                   


【スポーツ界では】

この年、ジャイアンツの藤本英雄が西日本戦で、プロ野球史上初の完全試合を達成。


優勝はセ・リーグが小鶴の活躍でロビンスが優勝、パ・リーグは2リーグ分裂でタイガースから移籍した別当らの活躍でオリオンズが優勝。

日本シリーズではオリオンズが4勝2敗で日本一に輝いた。


当時年3場所だった大相撲では、千代の山、東富士、照国が優勝。

覇権が混とんとしていた時代だった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1949年

2011-12-30 08:39:15 | スポーツとその時代

●社会全体

この年の最大の話題は、湯川秀樹博士が「中間子論」で日本人初のボーベル賞を受賞したことである。

敗戦後にスポーツで湧き上がりつつある日本が学問の世界でも世界に認められたことで、自信を取り戻すきっかけになった。

 

共産党の仕業と噂された松川事件、三鷹事件が起こった。

共に不可解な電車転覆事故で、共産党に汚名を着せるために右翼が起こしたと言う逆の噂も流れる。


ライブドア事件の昭和版ともいえる光クラブ事件もこの年発生。


政界では民主自由党が総選挙で圧勝。逆に社会党は片山代表が落選する等惨敗。55年体制への移行のきっかけになる。


第3次吉田内閣が発足する。



●スポーツ界では

水泳の古橋が前年に続いて大活躍。世界記録を連発する。


プロ野球ではジャイアンツが独走で優勝。

この年、パ・リーグが発足して2リーグ制に移行する。

パ・リーグの設立は、前年にホークスの別所をジャイアンツが引き抜いたことに端を発したが、詳細は別述とする。


大相撲では「シールズ事件」で、横綱前田山が引退に追い込まれる。

休場中の前田山が、来日したサンフランシスコ・シールズの試合見物に行き、批判を浴び引退した。


現在では考えられない日本人の責任感、道義感があった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺康幸は何故マラソンで成功しなかったのか

2011-12-23 20:58:02 | 事件の真相

【箱根駅伝】

今や正月の風物詩ともいえる箱根駅伝。

瀬古や谷口など日本が世界に誇るトップランナーを輩出した学生陸上界最大の行事ともいえるこの大会で、史上最も活躍した選手と言えるのが、早稲田大学の渡辺康幸である。

ちょうど箱根駅伝が国民的行事になり始めた1990年初めに早稲田大学に入学。

2年先輩の三羽烏をあっと言う間に抜き去り学生陸上界のスターに上り詰める。

1年は花の2区で区間2位ながら早稲田の8年ぶりの総合優勝に貢献。

2年は1区で区間新。

3年は2区で区間新。

4年も2区で区間賞。


1年の時に同じ2区で20秒ほど及ばなかった山梨学院のマヤカとの対決は名勝負で、3,4年時は同じ2区を走り、マヤカを抑えて区間賞を記録した。

 

スポーツ観戦の達人-最強の学生ランナー渡辺康幸

【マラソンへのチャレンジ】

今にして思うと絶頂期とも言えた大学3年(1995年)3月のびわ湖毎日マラソンにエントリー予定であったが、花粉症を起因とする気管支炎により断念。

この時に挑戦していればと思うと残念でならない。


そして翌96年2月の東京国際マラソンに出場予定であったが、肉離れで断念。

この年行われたアトランタ五輪への挑戦権をかけたラストレースである3月のびわ湖毎日マラソンにマラソン初挑戦するが、肉離れの影響からか35キロ過ぎから遅れ7位に終わった。


卒業後はエスビー食品に入社するが、学生時代の輝きを取り戻すことはできなかった。


【真相】

渡辺がマラソン選手として大成しなかった原因は何なのか。


1つには瀬古氏は実名は避けて述べているが明らかに彼を指して語っている通り、自身のように生活の全てをマラソンに費やすことなく、遊びもしながらある程度の実績を残せればよい。そんな精神力の問題である。


これは渡辺に限らず今どきの選手の特徴であろう。


2つ目には、それほど大騒ぎするほどの選手ではなかった。

以降、三代、藤田、徳本、今井など多くの箱根のスターはマラソンで実績を収めることはできず、箱根での実績が過大に評価された。


そして3つ目。

箱根駅伝こそ悪の元凶であると言う説。

あまりに注目の高い大会であるがゆえに、学生生活の全てを箱根に捧げるがために、膝など体に大きな負担がかかり、その後のランナーとしての生活に支障をきたす。


また精神的にも燃え尽きてしまい、他の目標が見いだせなくなってしまう。


渡辺の場合、初出場のびわ湖で優勝またはそれに準ずる成績であれば、また違ったのだろうが、この失速によりモチベーションが下がってしまったのではないだろうか。


またこの時の肉離れも、4年間の箱根の疲労がたまって起こったものではないだろうか。


いずれにしろ学生史上最強ランナーは世界に名を轟かすことはできなかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成功した野球人ベスト10

2011-11-23 18:23:39 | スポーツベスト10

選手でのランキングや監督としてのランキングは良くみるが、それを総合的にランクしたものは皆目見たことがない。

名将落合監督の退任にちなみ、選手と監督の両方の実績を加味してランキング。

1.野村克也(ホークス、スワローズ、イーグルスなど)

2.落合博満(オリオンズ、ドラゴンズなど)

3.王貞治(ジャイアンツ、ホークス)

4.秋山幸二(ライオンズ、ホークス)

5.星野仙一(ドラゴンズ、タイガース、イーグルス)

6.原辰徳(ジャイアンツ)

7.岡田彰布(タイガース、ブレーブス)

8.若松勉(スワローズ)

9.渡辺久信(ライオンズなど)

10.梨田昌孝(バファローズ、ファイターズ)

次.山本浩二(カープ)

※筆者が記憶のある1976年以降にプレーした選手のみ

 

選手、監督の両方で最も成功した人物は何と言っても野村克也である。

現役選手として三冠王1回と含む多くのタイトルを獲得し、本塁打など多くの打撃部門で歴代3位以内に入っている。

のみならず、捕手としても歴代屈指の選手でもある。

監督としてはプレーイングマネジャーであったホークスでリーグ優勝、スワローズでは4度のリーグ優勝と3度の日本一。更には最弱球団ゴールデンイーグルスを短期間で優勝争いに参加させた手腕は並ではない。監督通算でも歴代5位の勝利数を記録。落合登場までは他の追随を許さない最高実績の野球人と言えた。

その野村を脅かす存在が落合である。

選手時代実績も3回の三冠王を獲得するなど野村に決して劣らない大選手。

監督としては8年間で4回のリーグ制覇を成し遂げ、ドラゴンズを黄金期に導いた。

もう1チームで実績を残せば野村に匹敵する成功者となる。

3位以下は大きく離れる。

王を入れたのは現役の他の追随を許さない実績に加え、福岡に渡りホークスを黄金期に導く準備をした点にある。

もちろん豊富な資金力から3度の優勝を果たした点も評価できるが、2球団とも戦力が整いすぎていた点で上位2人には及ばない。

秋山の4位は先物買いな気もするが、日本シリーズで見せた選手への信頼感、我慢強い起用は決してフロックではない。

星野は北京五輪がなければもっと上位であったかもしれない。短期決戦での柔軟性のない起用方法、選手を責める発言は「男星野」が泣く。また他の選手に比べ現役での実績で劣る面も否めない。

原はWBCでの実績を買った。ジャイアンツでの采配ははっきり言ってお粗末。カープやマリーンズ程度の戦力であれば、最下位を独走するだろう。

岡田は独裁的、若松は選手を持ち上げ、渡辺は同僚感覚とそれぞれ、異なった個性で優勝を勝ち得た。若松はもう一度どこかで監督をして欲しい。

梨田と山本浩二は非常に迷った。梨田は現役での実績が大選手とは言い難く、逆に山本浩二はこのランキング中、原と並ぶ凡庸監督であり、監督としての名声がない。

迷った結果、2チームで結果を出した梨田を上位に持ってきた。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒い霧事件

2011-10-30 17:39:15 | 事件の真相

【概略】

1969年から71年にかけて起こったプロ野球史上最大の汚点とも言われる八百長事件。ライオンズのエース池永投手をはじめ6名が永久追放になった。

【発端】

報知新聞の記者が、ライオンズのボレス内野手からチーム内にわざと失策をする選手がいるという噂を耳にし、報知新聞と読売新聞が調査を開始。

ライオンズの永居が暴力団からわざと負けることを持ちかけられ実行したことが判明。球団は永居を解雇。コミッショナーは永久出場停止処分を発表した。
スポーツ観戦の達人-八百長を告白する永居

【波紋】

週刊ポストのインタビューで、他にも八百長を行ったと思われる選手がいると実名を挙げて証言。池永、与田、村上、基、船田の6名はコミッショナーより聴取を受ける。

更にオートレースでの八百長に関与したとされドラゴンズの小川健太郎らが逮捕。

敗退行為としてはフライヤーズの田中、森安両選手の名前もあがり、泥沼の様相を呈する。


 

【処分】

八百長を認めた永居、与田、益田とオートレース八百長で逮捕された小川は永久追放。更に八百長は否定しながらも受け取った現金の返還を怠ったとした池永、森安の2名も永久追放となった。

この時に、野球賭博や暴力団との関係、オートレース八百長など多くの選手が処分を受けた。中には大投手江夏や400本塁打の土井正博などのスター選手も含まれた。

【余波】

この事件により、300勝確実と言われた大エース池永が永久追放となった。
スポーツ観戦の達人-大エースへの道が絶たれた池永
池永がいれば球史は変わっていたといっても過言ではない。

更にこの事件で人気が低迷し、球史の一時代を築いた西鉄が球団を手放した。

またオートレース界のスーパースター広瀬登喜夫選手はこの事件の余波を受けてオート界を永久追放となり、その後裁判で冤罪が確定。5年後に復帰を果たした。

【真相】

池永投手に関しては、稲尾や豊田らライオンズの同僚、OBが復権運動を展開。

35年後の2005年に処分解除がなされた。

池永は球界の大エースであり、現金を受け取り返却を怠った点は軽率のそしりを免れないが、セ・リーグ、特にジャイアンツにまで影響が及ぶことを危惧したコミッショナーサイドが、パ・リーグの大投手を生贄にすることで決着を図ったと観る向きがある。

池永は敗退行為にかかわっておらず、村上や船田らと同様1年間の出場停止が妥当だったのではないか。

現に10年経過後に、青田昇氏の野球賭博関与も報道された(事実は不明)。

大相撲の野球賭博や八百長問題もいずれ取り上げるが、著名な選手をスケープゴードにして、体制側を守るという体質はどの世界も変わりがないようだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴乃花光司

2011-09-21 08:57:15 | 名選手列伝

貴乃花光司(大相撲)

1972年東京都中野区生れ

昭和の名大関初代貴ノ花の次男で、土俵の鬼と呼ばれた若乃花の甥、そして第66代横綱若乃花の弟というスーパー相撲一家の一員である。

稀代の人気力士貴ノ花の息子ということもあり、少年時代から注目されわんぱく相撲などで活躍。

中学を卒業すると父親が親方を務める藤島部屋に入門した。

入門後は次々にスピード出世記録を塗り替え、平成初期の空前の相撲ブームの主役に躍り出た。

平成4年1月に平幕せ初優勝するとその人気は爆発する。

人気芸能人並みの注目度という重圧にもかかわらず、猛稽古で大関昇進。

大関でも5回優勝(計7回)し横綱に昇進した。

横綱に昇進すると同期でライバルの曙を一気に抜き去り角界の頂点に立つ。

 

正攻法の四つ身からの寄りは万全であり通算22回の優勝を成し遂げた。

最後の優勝では、靭帯損傷という大けがの中、強行出場し優勝決定戦で武蔵丸を破ると言う伝説的な感動の一番を取った。

私的には宮沢りえとの婚約、破談、兄弟の絶縁騒動や遺産相続を巡る騒動など常に大きな話題を提供。

昨今では相撲協会の改革を訴え、守旧派との対決に踏み出している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1948年

2011-09-14 16:59:54 | スポーツとその時代

●社会全体

終戦から3年。

復興へ着実に歩みだしたこの時代。

政界では大きな疑獄事件が起こった。

 10月に昭和電工事件の混乱により首相を辞任した芦田均が12月に逮捕された。

時の吉田内閣は、与野党話し合い結果、内閣不信任案を可決、解散が行われた。俗にいう「なれあい解散」である。


 

また東京裁判が結審。

東条英機元首相ら7名が絞首刑に処された。

占領下の勝者による裁判であり、未だにこれを引きずっている左翼の存在を考えると大きな出来事であった。


 

社会では帝銀事件が発生。

指揮を執った平塚八兵衛の名前がクローズアップされだす。

しかしテンペラ画家の平沢は再審請求する等、冤罪を訴えるこえは後年まで続いた。


 


 

●スポーツ界では

敗戦から立ち上がる過程で、スポーツの存在は大きかったが、中でも水泳の古橋広之進の活躍は日本人を勇気付けた。

6月に800mで、8月には400mと1200mで世界新記録をマーク。

フジヤマのトビウオと言われ世界中に名が知れ渡った。


学制改革により中学校が高等学校に改められたこともあり、中等野球大会の呼称も高等学校野球選手権と現在のものに変更。

センバツでは京都一商が、夏の選手権では福岡の小倉が優勝した。

プロ野球では、山本一人(のちの鶴岡一人)の活躍で南海が優勝。

首位打者の本塁打王の二冠に輝いた青田昇の活躍も光った。

 またこの年、初のナイターが開催された。

大相撲では東富士と増位山が優勝を飾った。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴乃花奇跡の優勝:貴乃花VS武蔵丸

2011-08-17 10:45:33 | 名勝負物語

名勝負物語
2001年5月27日
両国国技館
大相撲5月場所千秋楽:優勝決定戦                                                    
貴乃花VS武蔵丸

昭和の名横綱若乃花の甥で、名大関貴ノ花の二男というサラブレットとして角界デビューをした貴花田は、期待通りの快進撃で出世の階段を駆け上がる。

千代の富士を言う大横綱を失った後の空虚な角界を空前の相撲ブームへを導くのに時間はかからなかった。          兄である若花田とともに曙、武蔵丸といったハワイ勢をやっつける様が熱狂を呼んだのは、戦後の力道山に通じるものもあったのかもしれながい。更には当代一の人気女優宮沢りえとの婚約、破局、兄弟絶縁騒動とワイドショー的話題も次々に提供。

そんな中でも貴花田は貴乃花としこ名をかえ、スピード記録を塗り替え大関、そして横綱に昇進。優勝も順調に20回まで伸ばした。

しかし、その頃から体重過多により怪我が多くなり低迷する。                                      2001年に入り、初場所で復活優勝を果たした貴乃花は運命の夏場所をむかえることになる。

初日から安定した、そして圧倒的な強さで連勝を重ね13連勝。このまま全勝を飾るかと思われた14日目。がっぷりよつから武双山を寄って出ると、ゆるふんの武双山の突き落としにゆるい廻しごと土俵際に落ち初黒星。

そしてその際に、右ひざ半月板損傷をし、立ち上がるのもやっとという大けがを負った。                     誰もが出場不可能と思われた翌千秋楽に強行出場する貴乃花だが、仕切りの最中にも足を引きずるなどとても相撲を取れる状態ではなく、あっさり武蔵丸に敗れ、13勝2敗で並び優勝決定戦に持ち込まれる。

出場辞退を勧める周囲の声を振り切り決定戦に強行出場する。

決定戦でも仕切りで足を引きずるなど全く勝負にならないかと思われたが、軽い突っ張りあいから上手をつかむと、渾身の上手投げを放つ。すると信じられないことに武蔵丸は土俵に転がった。

描いている今でも思い出して鳥肌が立った瞬間だ。

仁王立ちした貴乃花の姿、表情は忘れようもない。まさに神が乗り移ったとしか思えなかった。

表彰式で総理に就任したばかりの小泉首相の「痛み耐えてよく頑張った。感動した!」というセリフの素晴らしい「演出」だった。

この一番で貴乃花は伝説となり、小泉首相は人気を不動のものにした。

貴乃花はこの一番の代償で7場所休場。復帰場所で千秋楽まで優勝を争ったが、同じ武蔵丸に敗れれ、翌場所引退した。

貴乃花の引退後、日本人が横綱として番付に登場していない。

           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピューマ渡久地謎の失踪

2011-08-16 16:49:45 | 事件の真相

【当時】

80年代の日本ボクシング界は低迷期で世界戦での連敗が続いていた。

そんな時代に才能溢れる高校生スターが3人デビューした。

後に世界チャンピオンになった鬼塚勝也、川島郭志、そして渡久地隆人である。
 

中でも最も才能溢れる天才と言われたのが渡久地隆人、ピューマ渡久地である。
 

3人は昭和30年代に三羽烏と言われたファイティング原田、青木勝利、海老原博幸と良く比較された。
 

しかし破天荒な言動は青木に重ね合わせる向きがあり、最も才能がありながら唯一世界に手が届かなかった青木に似た危うさを感じる関係者は多かったという。


 

【デビュー】

デビュー直後から渡久地のボクシングは注目を集めた。

パンチ力と目の良さは抜群で、前年のインターハイで敗れた川島にも東日本新人王決勝で6RKOで破り、その後も9連続KOと快進撃を続ける。
 

10戦目の日本タイトル戦もKOで勝利する。

そして12戦全勝でむかえたのはチャコフ・ユーリー(のちの勇利アルバチャコフ)。

世界チャンピオン確実の声が高いユーリーと稀有の日本人ホープの対決とあって、対戦決定から注目され、多くの予想がなされた空前の日本タイトルマッチとなるはずであった。

しかし試合直前、渡久地は失踪した。


【真相】

試合はキャンセルされ、渡久地のタイトルは剥奪。

無期限のライセンス停止となる。

復帰後、初黒星を喫しながらもなんとか日本タイトルを獲得するが、往時の輝きを取り戻すことはなく、世界チャンピオンになった勇利に挑戦するが、なすすべなく敗れた。


この「直前逃亡」に関しては諸説ある。

・調整がうまくいかず自身に腹を立てた。

・勇利の実力を恐れて逃げた。

・練習方法やファイトマネーなどを巡ってジムと対立。


諸説がありどれも実しやかに囁かれたが、実際は飲酒の上、ケンカをし拳を骨折したのだ。

プロボクサーのケンカは当然ライセンス停止につながるし、ジムの叱責にふてくされ姿をくらました。

天才ゆえの自我、そしてわがままさが生んだ悲劇。

このピューマVSユーリーが実現していたら、どうだっただろう。

諸説意見はあろうが、渡久地がKO勝ちした可能性も50%以上あったと思う。

それほどの天才であった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1947年

2011-08-13 10:23:15 | スポーツとその時代

●社会全体

終戦から2年目に入り、復興に向けて立ち上がりつつあったこの時代。

日本国憲法の施行、皇室典範の公布といった戦後日本の形が作られた年となった。

 この年は吉田茂が首相としてスタートしたが、初の参議院選挙、そして衆議院選挙を経て、社会党の片山均内閣が成立した。

社会党のお家芸ともいえるイデオロギー抗争による党内混乱で1年持たず退陣する。この後、社会党内閣が出来るのは、社会党を消滅に追い込んだ村山内閣まで、約50年待つことになる。

それにしても戦後の混乱期とは言え、社会党が政権を取ったとは、日本がソ連や中国のような陰湿な国家にならなくて本当に良かった。

この片山内閣成立の年に、今の日本を二流国家に成り下げる最大の功労者ともいえる日教組が設立したのも因縁だろうか。

昭和天皇の関西巡礼、イギリスのエリザベス女王が結婚したのもこの年である。

 

●スポーツ界では

復興の象徴ともいえるプロ野球では、若林の活躍により大阪タイガースが独走で優勝を果たす。個人的には東急フライヤーズの大下弘が活躍。

ヒット曲「赤いリンゴ」の歌詞「青い空」からとった青バットは国民的人気を博した。

年2場所だった大相撲は、羽黒山が2場所とも制するなど全盛期を迎える。のちに日本プロレスの始祖となる力道山や増位山、出羽錦といった個性派が活躍した時代だった。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加