い~すと の 愚痴

ある鉄道会社で車掌をしている"い~すと"が語る愚痴

脱線事故から12年

2017年04月25日 22時46分35秒 | 鉄道員の愚痴

鉄道事業者に所属するものとして今日ブログを書かないわけにはいきません。

4月25日 9時18分

きょうもこの瞬間がやってきました。
107名の尊い命が失われた福知山線脱線事故から12年です。

制限速度を大幅に超過してカーブに進入し脱線転覆し沿線のマンションに衝突しました。
なぜ運転士はブレーキを操作しなったのか。余裕のないダイヤ、企業風土や日勤教育などさまざまな背景がありました。
どんな原因や背後要因があったにせよ、事故を起こしてはならないですしお客さまの命を奪っていい理由にはなりません。絶対にあってはならないことです。
また事故後の対応にも問題がありました。列車防護や負傷したお客さまの救護が適切に行われていませんでした。

あまり知られていませんが、事故直後、現場に接近する対向列車を止めたのは通行人の方でした。現場近くの踏切で事故を目撃した方が昨日ご紹介した非常停止ボタンを押したことで、対向列車は現場よりも手前で停止することができました。
本来列車防護は事故発生後、乗務員が真っ先に行うものですが、運転士は運転席に閉じ込められたままのため行うことができない状況でした。車掌は防護無線を操作したものの動作せず、そのほか発煙筒などによる列車防護を行っていません。
列車防護が行えないなんてあってはならいことですが、それが当時の状況です。あのときもし踏切の非常ボタンが押されていなければもっと悲惨なことになっていたかもしれません。

私は、いままでに事故現場を3回訪れいます。
とても辛く重たい空気を感じます。マンションに残るキズが凄惨な現場を伝えています。

鉄道で働く方は必ず一度は訪れてください。
鉄道で働くということは何なのか。我々の職務・職責とはなにか。
もし事故を起こすとどうなるのか。もし事故が起きたらなにをしなければならないのか。
安全に絶対や100点満点はありません。でもそれを目指していないなといけません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非常停止ボタンは躊躇なく押... | トップ | 連休明けの体調不良と人身事故 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道員の愚痴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。