EEKの紀行 春夏秋冬

紀行&散策を画像を交えた紹介です

第55回愛媛マラソン 川内優輝選手が愛媛記録を52年ぶりに更新し優勝

2017年02月13日 | 伊予松山歴史散策

午前10時、ジャストに愛媛県庁前をスタートする10201人のランナー。これから42,195kmの競争です。

第55回愛媛マラソン、節目の大会に最強の市民ランナー、川内優輝選手(埼玉県職員)を招待した。結果は52年ぶりの大会記録を更新、時間は2時間9分54秒の凄い記録を達成、暫く愛媛マラソンの記録更新は無いでしょう。

第55回愛媛マラソン節目の大会を、2時間9分54秒の52年ぶりの大会新記録を樹立した川内優輝選手(埼玉県職員)のお母さん、川内美加さん、僕も愛媛で走るからお母さんも走りましょうと優輝選手が申し込みをされたそうです。お母さんの自己記録の3時間50分台で完走。・・お母さんも凄い。

走っているときに沿道の応援者から、優輝選手は2時間9分54分ゴールしたことを知らせてくれたそうです。愛媛に招待され期待に応じられてよかったですと話された。

愛媛マラソン9km地点を参加者10,201人が日頃の練習成果を描きながら走る序盤戦。

35km地点、午前11時41分、そろそろ折り返して川内優輝選手が帰ってくる頃。私は昨日35km地点で待機した。

第55回愛媛マラソン(日本陸連公認コース、愛媛陸上競技協会、南海放送、愛媛新聞社、松山市主催)日本最高峰の市民マラソン大会として知名度の高い愛媛マラソンが、平成29年年2月7日(日)午前10時に愛媛県庁前をスタートし開催された。抽選倍率2.80倍という、大会史上最高を突破した10201人(男子、8195人・女子、2006人)が健脚を競い合った。節目を飾る第55回大会で、果たしてどんなドラマが待っているのでしょうか。天候はマラソンランナーには最高の天気であった。

今年は、日本最高の市民ランナーとして知名度の高い、埼玉県県庁職員の川内優輝さんが招待された。そして、結果は愛媛マラソン52年ぶりの大会新記録(2時間9分54秒)で優勝、当分この記録は破られない凄い記録が出た。

また招待された選手のうち、愛媛県出身の今年箱根駅伝4区を第3位で快走した早稲田大学4年鈴木洋平選手(新居浜西高校出身)、記録は、2時間14分56秒で愛媛県大会記録を更新、同じく愛媛県出身で昨年箱根駅伝10区アンカーとして総合第3位でゴールした駒澤大学4年生中村佳樹選手(松山北高校出身)が走り、女子は、全国大学女子駅伝で初優勝した、松山大学のメンバーの一人松田杏奈さんが2位で足り、知名度の高い選手が出場するとあって42,195kmの沿線には多くの愛媛の駅伝愛好者が声援に駆け付けた。

昨年までの愛媛マラソン記録は、2時間16分49秒で、昭和40年に記録された宍戸英顕(群馬陸協)であったが、52年ぶりに川内優輝選手が2時間9分49秒の大会新記録でぶっちぎりの優勝、暫く愛媛マラソンでは、記録更新はない凄い記録となった。

9km地点をトップで真剣な面持ちで駆け抜ける川内優輝選手(埼玉県職員)。

折り返しダントツの記録で35km地点を駆け抜けた。

時間は1時間41分で35km通過、大会記録は、1時間52分57秒で、川内優輝選手は、1時間47分41秒で5分も早い記録である。

ダントツの記録で35km地点を1時間47分41秒で駆け抜けた川内優輝選手。

川内優輝選手から2分後に第2位で35kmを通過する、早稲田大学4年鈴木洋平選手(新居浜西高校出身)卒業後も実業団選手として活動を続けるそうです。

今年、箱根駅伝4区を第3位の記録で走破した早稲田大学4年鈴木洋平選手(新居浜西高校出身)。

川内優輝選手から7分後に第3位で35kmを通過する、駒澤大学4年生中村佳樹選手(松山北高校出身)。卒業後は地元の愛媛銀行に入社し陸上競技を続けるそうです。

女子第1位で35地点を通過する、全国大学女子駅伝で初優勝した、松山大学のメンバーの一人松田杏奈さん、しかしその後40km付近で、三井住友海上の、折野加奈選手に抜かれ2位となった。卒業後は、京セラに入社し陸上競技を続けるそうです。

42,195kmの沿線には地元高校生達が吸水支援活動をした。

35、5km地点では、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんが今年も愛媛マラソンに帰ってきて走る選手にハイタッチで応援をしていた。

高橋尚子さんは、今までで一番多くの沿道での応援を送る皆さんが多く、私の大好きな愛媛マラソン、来年も必ず帰ってきますと語られた。

42,195km、ゴール直前激走される中村時広愛媛県知事、目標の時間には及ばなかったが、4時間05分15秒で完走された。現在の人気の愛媛マラソンに変身させたのが中村知事さんが松山市長時代です。

多くの声援を受けてゴール直前の中村愛媛県知事。目標の時間には及ばなかったがそれでも4時間05分15秒で完走された。現在の人気の愛媛マラソンに変身させたのが中村知事さんです。中村愛媛県知事は57歳、元気ですね。多くの県民が声援を送った。

ゴール地点では救護班も待機しています。

ゴール地点に掲示された速報版。

ゴール地点に掲示された速報版。

愛媛マラソン歴代の記録と選手名。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回 個性の映える絵画展... | トップ | 第55回愛媛マラソン、和泉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL