EEKの紀行 春夏秋冬

紀行&散策を画像を交えた紹介です

東雲女子大学・短期大学 クリスマスツリー 点灯式

2016年11月26日 | 伊予松山歴史散策


11月25日・金曜日、松山市桑原町にある東雲女子短期大学準教授から、恒例の東雲女子大学・東雲女子短期大学 クリスマスツリー点灯式が開催されると今年も連絡を受け撮影に行って来た。
昨年は暖冬であったが、今年は、気温は低く寒さを感じる点灯式でしたが多くの市民が集まり盛大に挙行された。
さて、東雲女子大学の中庭にあるクリスマスツリーは高さ10メートルの大樹に、約7,000球のLEDイルミネーションが電飾され昨年よりも豪華に観えた。
2年前の点灯式には全部の電飾に点灯できず不成功でありましたが、今年は完全点灯出来、昨年以上にツリーの地面にもLEDイルミネーションが電飾され豪華であった。
点灯式典は、午後6時30分から聖歌隊による賛美歌斉唱で始まり、昨年から宗教主事さんが変わられ新しい宗教主事、水島祥子さんの招きの言葉があり、点灯式は始まった。
一昨年までは無かったオカリナ演奏が今年も奏でられ一層優美な雰囲気の中賛美歌を斉唱し、クリスマスツリーに点灯された。
豪華なクリスマスツリーに点灯されると大勢の市民から声援が起こった。その後大学から暖かい飲み物の振る舞いがあり冷えた体が温もった。
クリスマスツリーの点灯は、今日から4週間点灯されるそうです。

画像は、昨晩(11月25日、金曜日)開催された松山東女子大学・女子短期大学東雲学園桑原キャンパスのクリスマスツリーの点灯式で、松山市恒例の風物詩となっている。
今年もクリスマスツリの時期になった一年の経過が凄く早い。


参加者全員に配布されたクリスマス・ツリー点灯式プログラム。






点灯式には大勢の市民が集まり厳かに行われ、宗教主事、水島さんの導きで集まった市民一人一人にローソクが配られその明かりで賛美歌を合唱した。


東雲女子大学・東雲女子短期大学生聖歌隊の賛美歌斉唱で「クリスマスツリー点灯式」は始まった。


予告なしの点灯に暗闇が一瞬にして明るくなり参加者から驚きの声が起こった。


点灯式に集まった市民。
一昨年は、宗教主事から式典中は写真撮影のストロボはたかないように厳重注意があったので今年はISO感度を上げてストロボ無しで撮影をしていた。










大学の中庭にある大きな樹と傍にある小さな三つの木にも電飾が飾られ脇役に
徹した演出。


今年もあと少しで師走、JA全土でいろんな災害が発生、来年はいい年でありますように祈願し家路についた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパームーン:十六夜の月 | トップ | 伊予四山 晩秋の景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伊予松山歴史散策」カテゴリの最新記事