EEKの紀行 春夏秋冬

紀行&散策を画像を交えた紹介です

秋山兄弟生誕地合気道 道場設立10周年記念式典 その1

2016年10月24日 | 伊予松山歴史散策

秋山兄弟生誕地で、左の寺院風の建物が武道場。


10月23日(日)9時30分から松山市歩行町二丁目にある秋山兄弟生誕地武道場で、秋山兄弟合気道、道場設立10周年記念式典が、公益財団法人 合気会 合気道本部道場( 東京都新宿区若松町17-18)、植芝充央、本部道場長ご臨席の下最大に開催されました。
また、神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮研修道場の皆さん、カナダで道場を開設している道場長(カナダ人)の方々、愛媛県合気道連盟、愛媛大学合気道部員の合気道家の87名が参加しました。
記念式典後に、合気道本部道場、植芝充央本部道場長の指導の演技がおこなわれました。

この武道場は、明治20年8月秋山眞之(後の海軍中将)が海軍兵学校在学中、夏期休暇を利用して鹿児島に行き、旧薩摩藩の教育「郷中教育」を見聞して帰り友人勝田主計・山路一膳・小川尚義・烏谷章などに諮り古町大林寺に書生40人を集めて青少年教育の必要性を説き、出渕町に松山同郷会を創立、剣術・柔道・相撲を心身鍛錬の手段とした事が始まりであります。

旧藩主久松定謨の援助を受け松山市二番町、(現、愛媛県銀行協会所在地)へ柔道場を備えた。2階建ての会館を建設、初代会長に鈴木重遠(旧久松家家老)が就任した。
会員は松山市在住の青少年で、市内の中学生が主流を占めた。
 大正12年、秋山好古が会長になり、その逝去後、烏谷中将が就任した。
 昭和13年、会館を松山市歩行町の秋山兄弟旧邸跡隣地に移転、青少年の育成の場とした。
戦後松山市歩行町秋山兄弟生誕地跡に県から委譲を受けた寺院作りの堂々たる道場を持ち財団法人常盤同郷会(当時の理事長久松定武)として復興再出発した。

 現在の建物は、昭和20年4月、愛媛県が青少年修練場として松山市御幸町の護国神社の側に建てたのを、昭和24年に生誕地へ移築されたもので、当時は愛媛県の児童福祉や県の福祉関係の行事に使用されていた。
愛媛県立保育専門学校第1期生はこの建物で勉学に励み卒業した。
昭和28年財団法人常盤同郷会が発足時に県から払い下げを受けそれ以来武道場として使用されて現在に至っている。

合気道は、平成18年10月、秋山眞之の孫「大石尚子氏」神奈川県合気道連盟顧問で参議院議員の指導のもと開設した。その後10年が経過、年毎に門下生が増えている。


秋山兄弟合気道、道場設立10周年記念式典準備が整った舞台。


演壇には、秋山眞之の胸像の前に開設5周年記念の写真と、合気会 合気道本部道場( 東京都新宿区若松町)の皆さん、鶴岡八幡宮研修道場の皆さん、カナダで道場を開設している皆さんへの歓迎の言葉が表示されました。


秋山兄弟合気道、道場設立10周年記念式典でお礼の言葉を述べる公益社団法人常盤同郷会、平松 昇理事長。(秋山兄弟合気道道場長)

記念式典で祝辞を述べられる、中村時広愛媛県知事。
祝辞の中で、知事さんは、学生時代に司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読み、郷里松山から秋山兄弟(好古・眞之)の凄い人がいた事に気づいた。松山市長になった時に正岡子規と秋山兄弟の事を基盤として取り組んだのが、坂の上の街づくりでした。その原点が秋山兄弟生誕地で、本日秋山兄弟合気道道場開設10周年、関係者の日頃のご努力に敬意を表します。
これからも青少年の教育の一つとして益々のご発展を祈念いたしますと挨拶された。
最後になりましたが、来年、平成29年9月30日~10月10日迄、第72回国民体育大会愛媛国体が開催されます。競技種目ではございませんが「合気道」が公開演技として愛媛県武道館で披露されます。みなさん全国の皆さん方に立派な演技を披露して下さいと挨拶を締めくくられた。


公益財団法人 合気会 合気道本部道場(東京都新宿区若松町17-18)植芝充央・本部道場長さんから祝辞が述べられた。お若い本部道場長さんでした。


5年前の回想
生前、5年前の平成23年10月23日に道場設立5周記念式典で祝辞を述べられる、大石尚子神奈川合気道連盟特別顧問・参議院議員。
10周年記念式典にお姿が見えないのは寂しい限りである。
残念に平成24年1月4日急死された。
秋山兄弟合気道の設立は、大石尚子(秋山眞之のお孫さん)さんの指導で設立された道場です。
元気でおられたらさぞかしお慶びになったと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。


記念式典後、参加者全員での記念写真を武道場で撮影。


いよいよ公開演技指導、合気道は礼に始まり、礼で終わる厳しい教えがある。
演技の前に正面に一礼する参加者。(日本の武道は、県道・柔道・空手もあるが、特に合気道は礼節が厳しい。)


合気会 合気道本部道場(東京都新宿区若松町)植芝充央・本部道場長さん直々の技術指導の開始。詳細は、ブログ第2部で行います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回 松山能面の会 新... | トップ | 秋山兄弟生誕地合気道 道場... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伊予松山歴史散策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL