JR4GPAの「つぶやき」

JR4GPA の「つぶやき」です。修理依頼は、2013年3月3日のBLOGをご覧ください。

TS-940S 修理

2017-08-13 | Weblog
TS-940S の修理です。

私のHPで、同じ無線機が複数台あるものを整備して売りに出しています。
その中の1台と、ご自分の所有されている動作しない無線機1台と
一部分動作しない1台の合計2台と交換して欲しいとのメールが。

複数ある無線機を整理しているのは、居場所確保のために
行っているのですが、交換対象の無線機が
私:FT-900
相手:TS-940S (動作しない) + TS-xxxS (一部動作しない)
これじゃあ、、片付くのではなく逆に狭くなってしまいました。
これは、とんでもない事になってしまいました....

でも壊れていますと言われれば、それはおもしろそうですね。
ぜひ交換しましょうと言ってしまうのは何ででしょうね!



我が家にやって来た TS-940S の不具合は、
・表示がグチャグチャ
・送信不能
・受信不能
と伺っています。
届いて早速通電試験。まずはケースを外して目視検査。
・いつも見る TS-940S と同じような感じか?
・臭いチェック 焦げ臭くないか
・ネジは転がっていないか
など、問題なさそうですので、電源を入れてみます。

パワーON!

ピーーーーーーーーーと言う連続音、あちこちのLEDが点灯
周波数表示は出ない。このまま通電はヤバイ。
急いで電源ON。
なるほど。情報通り。
写真をとっている時間はありません。1秒でも早く電源を切らなくては
何が起こっているのか分かりませんから危険です。

何度か電源を入れて、超短時間でここはと思われるポイントをチェック。
なるほど。


で、こうなりました。


あきらめて部品取り!







ではありません。
ちゃんと対処しました。


表示回復、送受信可能です。
Sメーターの振れがS2ほど低いのと、ノイズ音が小さいですね。
これは調整で直るでしょう。
と、いつも気軽に考えているものに限って、大きな落とし穴があるのですが...

先週の TS-440S がまだ調整中なので、これは調整順番待ちとして、ケースを戻して
しばらく眠っておいて頂きましょう。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TS-440S 修理 | トップ | TS-930S 修理 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事