JR4GPAの「つぶやき」

JR4GPA の「つぶやき」です。修理依頼は、2013年3月3日のBLOGをご覧ください。

FT-767GXX 再修理

2017-07-30 | Weblog
修理後、返却した FT-767GXX ですが、4日後に
VFOが全く動作しなくなったとのメールが。

このVFOはセンサー基板の微妙な調整が必要で、前回の修理で調整を行って
いるので、4日間動作して、突然UPもDOWNも全く動作しなくなる物でも
ないだろうに。何でだろう....

メールでやり取りして、現在のVFOは諦めて、メーカー製の調整の必要ない
タイプに交換する事にしました。
事前に動作確認をするために、私のFT-767GXXを分解して、手持ちの
エンコーダーで試験をして見ると快適に動作します。このエンコーダーは私のお気に入りの
機種のVFOがNGになった時のために、製造中止になったら困ると
随分前に購入したもので、これを売るわけには行きませんので
型式をお知らせして、調達していただきました。

エンコーダーそのままでは、シャフトの長さが足りず、つまみに届きませんので
小細工をして取り付けました。
見た目には、全く分かりませんし、1回転の変化量も同じですので
交換しているんだよと言わなければ、誰も気付かないでしょう。



左がオリジナル、右が今回採用したエンコーダー

気になるエンコーダーの故障を見てみると、出力が0V-5VでON、OFF
するはずが、A相、B相共に0V-1VでON、OFFしていました。
そして時々0V-5Vに一瞬だけ戻ったりします。
なるほど、これでは、CPUが認識できませんので、周波数は
まともには動きませんね。
分解して色々調べたい所ですが、自分の物ではないので
取り外したエンコーダユニットは、そのまま返却する事にしました。

オーナーさんは、お金ばかりかかるので、あきらめようか
エンコーダーを交換しようか悩まれました。
大きくて重いので、往復の送料がバカになりません。
さらにもう何ヶ月かすると、運送業者さんの運賃値上げが
待っていますし。

もう壊れない事を祈るのみです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IC-371D 修理 | トップ | TS-440S 修理 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事