JR4GPAの「つぶやき」

JR4GPA の「つぶやき」です。修理依頼は、2013年3月3日のBLOGをご覧ください。

IC-741 修理

2017-09-03 | Weblog
IC-741 の修理です。

あれも、これもやるので、机の上は大パニック。
とりあえずR-820はいったん片付けて、今日はIC-741の修理です。

・1.6MHz以下が受信出来ない
・1.6MHz以上は受信出来るが、感度は不明 調整をして欲しい
・バックアップ電池の交換
・28MHzが50Wのままなので、100Wにして欲しい

と言うご要望。

まずは電源を外します。
電源はケース底面に取り付けられていて、そこから出ている電線は
本体のリアパネルの穴を通して外部に出ます。
底面のケースを外しても、電線で引っ張られてしまいますので
電線の長さ分しか移動出来ませんので、作業効率が非常に悪いのです。



ACコンセントのソケット部分のパネルを外して、電線保護のブッシュを外して
穴から電線をくぐらせてやっと外せるという仕組みです。

やっと外せました。


少しの作業なら、こんな事をせずに済むのですが、修理をして
さらに各部調整をしなければならないので、今回は電源を外しました。

1.6MHz以下が受信出来ないのはRFユニットの不具合。
これは写真を撮り忘れました....

この機種のバックアップ電池は、交換方法を誤るとデータが
消えてしまい、無線機がただの箱になりますので注意が必要です。
何度もやっていますが、毎回緊張します。
今回のバックアップ電池はボタン電池に比べて容量のかなり大きい
電池に交換しましたので、今一生懸命無線をやっている世代の
寿命以上だと思います....



1.6MHz以上の感度はそんなに悪くありませんが、
若干落ちていましたので、サービスマニュアルに従い、各部コイル、ボリュームを調整
しました。
PLL、BFOも年代なりにズレていましたので、調整しました。
その途中に、周波数がジャンプする現象が出ていましたので、
部品交換をして、再調整。


28MHzの100W化も終わり、ご依頼の内容はカバー出来ました。

連続通電試験で、もう不具合が無いか確認して、問題が無ければ
返却です。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-820 修理 | トップ | R-820 修理 その2 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事