JR4GPAの「つぶやき」

JR4GPA の「つぶやき」です。修理依頼は、2013年3月3日のBLOGをご覧ください。

R-820 修理

2017-08-27 | Weblog
R-820 の修理です。

購入したのは、5,6年前、いや、もっと前。思い出せないほど前....
で、どう言う故障だと言われて購入したのか全く覚えていません。
そしてどこで買ったかも分かりません。
多分、無線機屋さんの中古コーナーだったような気がします。

いつものようにケースを外し、目視検査と臭い検査。
特別変わった部分も無いので通電。

表示が出ません.....
ノイズは出ています。
アナログダイヤルの表示で、大体の周波数をセットしてSGの信号を探すと
いました、いました。感度は良さそう。

あちこちゴソゴソやっていると、表示が出ました。

コネクタの接触不良です。

表示は出ましたが、VFOを回しても全く表示は変化しません。
実際の受信周波数は変化しますので、表示だけの問題のようです。

しかし表示は欠けているし、全く周波数が違います。
13.000.0 に見えますが、実は 19.000.0 と表示しているのです。

どこから調べるかなあ.....
しばし回路図と「にらめっこ」

で、摘出したのがIF基板

ここから信号が来ていませんでしたので修理。
これで、正しい周波数を示すようになりましたが、残念ながら
表示の欠けは別問題で、さらに調査します。

カウンターユニットを所定の位置に実装したままでは測定できないので
こんな格好で測定をします。






ユニットが揺れてどこかに接触して パチッ はまずいですから、ダンボールで
防御します。
自分の無線機だと、気楽にこんな事をしていますが、預かり物の
無線機だと、こんな格好での作業は気を使います。
この R-820 は自分の物だから、気楽に楽しく修理です!

表示の欠けはカウンターユニットに問題あり。

宙ぶらりんにしているユニットを外して卓上に、そして分解。



直りました。

ここで時間切れ。
ちょっとだけ調べた感じでは、感度を上げすぎているような
兆候がありました。
動作しないとい言う無線機(受信機)は、どこがおかしいんだろうと
基板上のコイル、ボリューム、トリマを適当にぐるぐる回しているのが結構あります。
今回もそんな感じの聞こえ方ですので、後日調整をする予定です。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TS-930S 修理 | トップ | IC-741 修理 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事