スローライフなトモじぃさん

田舎親父の独り言

納め札お焚き上げ

2016年12月28日 | コラム

紫灯大護摩供(さいとうおおごまく)

毎年年末になると成田山新勝寺の元朝札を申し込み元旦に頂きに上がる

その時に古い御札を納めるが納め札の場所が大混雑しているので今年は

お不動様の最後の縁日に行われるお焚き上げの日に御札を納め来年の

御札を申し込んできた

紫灯大護摩供は修験道の作法によって野外で行う大護摩祈願

自宅などでおまつりしたお護摩札やお守りを清浄な炎でお焚き上げして

一年を感謝し来年のさらなるご加護を祈念します

 

本堂脇に作られた道場に着いたのは30分前逆光にならない場所を二列目だが

陣取ったが報道各社にもイイアングルらしく前にはカメラが数台

某国営放送はトモGの前 コレがチョット邪魔

始まりました 納め札お焚き上げ まずはまさかりで道場を清めるのかな

これも弓矢で東西南北と中央を清める作法なんだろうな

松明に火が移されいよいよ点火です

トモGがいた場所が風下 風が変わった時を狙ってシャッターを押す

風も収まってきた頃 燃えさかる炎に修験道 山伏達が納められた御札を

投げ入れるが 報道が邪魔・邪魔

対面側にTVで見た人 よくオリンピックや相撲中継で見かける方だが

ホラ貝の音を合図に紫灯大護摩供養 お焚き上げも無事終わり

修験道の退場 終了してからしめ縄や竹の笹を持ち帰ってもイイようで

幣束を頂く為に縄を手繰っていると供物も配布すると云うので

霊験あらたかなリンゴを一つ頂いて来ました 

今年も何事もなく無事新年を迎えられる様なので感謝・感謝 合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下漬け | トップ | 謹賀新年 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。