秘密基地だよ

JQ1VXSの移動記録

越谷秋祭り 久伊豆神社例大祭 2016 (山車祭)

2016年10月11日 | Weblog
 事後になってしまいましたが、10月8,9日にかけて、「久伊豆神社例大祭 越谷秋祭り」が行われました。

 町内8台の山車が出て、越谷の町の中を曳いていました。

 まぁ~~ いつもお祭りの記事では、お馴染みの簡単にお祭りの紹介をしたいと思います。

 「久伊豆神社例大祭とは」
久伊豆神社例大祭は旧越ヶ谷町の山車祭りで、江戸時代中期の元禄時代から伝わる、五穀豊穰(ごこくほうじょう)を祝う祭りです。

久伊豆神社は社格こそ「郷社」ですが、武蔵野国越ヶ谷郷総鎮守として鎮座1,200余年の歴史ある神社であり、徳川将軍家が鷹狩りで越ヶ谷御殿にお成りの際に参詣をされていたとのことで、かつては、徳川秀忠公所用の三つ葉葵の定紋入りの御膳を所蔵していたと云われます(惜しくも戦災で消失)。

当社は徳川将軍家が信奉していたため、当時としては通常使用を許されない立ち葵紋が神社の定紋になっています。

神社の正式な年中行事・神事としての例祭は、毎年9月28日を期日と定め、神職により社殿において厳かに執り行われております。

実は、一般に言われている山車祭りとして久伊豆神社の例大祭は、神社の正式な年中行事ではなく、氏子主催・主導による氏子の行事。つまりは氏子が主役のイベントです。氏子は、神社の正式な年中行事・神事ごとの例祭を「陰祭り」と呼び、氏子主催・主導の山車祭りを「本祭り」と呼びます。

神社の正式行事ではないとはいえ、神社と不可分でなければ「本祭り」は成立し得ません。

山車の曳廻し行事は、鳳輦(ほうれん)によって旧越ヶ谷の街中へお渡り(渡御)いただいた御祭神の御霊を年番町内に設けられた御仮舎(おかりや)にお迎えし、氏子一同総出でお慰めするために行うものとなっています。


 お祭りに参加された方、お疲れ様でした。
また、見物に来ていただいた方も有難うございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発電機のメンテナンス 2016 | トップ | 同年代が・・・・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL