自作アプリをちょこっと宣伝

※この記事はしばらくトップに持ってきます。


このたび、Android用のゲームアプリを製作しました。

タイトルは『RGB』、光の三原色をお題にした落ち物パズルゲームです。
内容はややレトロではありますが、やり応えは十分!

詳細についてはHPを用意しましたのでそちらをご参考に。
RGB公式ホームページ

暇つぶしのお供にでも、是非プレイしてみてください!

【参考動画】
パズルゲーム RGB ルール解説動画


【画面サンプル】
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ワンダーフェスティバル報告・ダイアクロン編


今回は、WFで展示されていたダイアクロン関連の情報を
ご紹介します。

少々写真に映り込みなどありますが、ご容赦のほどを…。


まずは発売が近づいたバトルスV2宇宙機動タイプ。

通常のバトルスV2とは異なる、ホワイトを基調とした
カラーリングと、シルエットが大きく異なるバトルス02
『コスモバトルス02』が特徴です。

このコスモバトルス02の換装によって、ブースターと
大型のキャノン砲が追加される形となりました。


続いてパワードスーツタイプC。
大型の透明キャノピーが特徴的です。


当然のことながら各種モードに変形可能。

メックモードの裏側にあるのは、裏技的な隠しモードに
なるのでしょうか?


パワードスーツタイプD。
汎用型ということで、少々そっけない造り。


数を揃えるとこんな感じ。
胸部のナンバデカールは製品版にもつくのでしょうか?


宇宙海兵隊仕様タイプA。
ライティングのせいか、少し白っぽい気が…。


宇宙海兵隊仕様タイプB。
注文した方は、ちょうど入手したタイミングだと思います。


パワードスーツ地上用装備。

パワードスーツへの装着はもちろんのこと、単体でも隊員を
乗せて遊ぶことができる様子。


パワードスーツ空中用装備。

これらの装備をレイドチェンバーに収めることができるような
設計図が見られますが、果たして…!?


新規隊員の皆様。
今度はシルバーのようですね。


そしてビッグパワードGV!
かなりのサイズと密度感!


横から-1。
様々な変形機構を想像させるモールドがいっぱい。


横から-2。
可能性を感じさせる軸穴も存在していますw


斜めから。
元々のビッグパワードは3機構成でしたが、このGVは
どのような変形を見せてくれるのでしょうか。

期待が高まります!


最後は色々と取り揃えて。
こういった基地遊びこそ、ダイアクロンの醍醐味でしょう。


今回は少々毛色を変えて、こんな感じでのレポートをして
みました。

リブート版ダイアクロンについては、幸いなことに開幕
当初から追いかけることができていますので、今後とも
何か情報が得られ次第、レポートしていきたいと思います。

さて、今回のWFでは現在最もアツい、パワードスーツを
中心に展開する商品が色々と発表されていました。

特に強化ユニットについてはダイアクロン隊員を乗せて
遊ぶことが可能というコンセプトに『してやられた』感が
MAXな状態です。

そしてビッグパワードGVはモックとは言えど存在感は
十分で、各種ギミックなどこれから明かされていく情報に
いやでも注目せざるを得ない状態になりました。

なお、これは別の方からの又聞きとなってしまうのですが
開発の方々は、現在PSに変なプレミアがついて多くの人に
いきわたっていないことに、苦慮しているとのことです。

そのため、今後は再販などが十分考えられる状態ですので
購入を検討されている方は、落ち着いて情報を収集の上
待たれるべきだと考えます。


それでは皆様、良い玩具ライフを!


気に入って頂けたら、クリックお願いします!


通販は以下のリンクから。

Amazonでのお買い物はこちら。
ダイアクロン DA-02 パワードシステムセット Aタイプ
クリエーター情報なし
タカラトミー

ダイアクロン DA-03 パワードシステムセット Bタイプ
クリエーター情報なし
タカラトミー

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ワンダーフェスティバル報告・個人ディーラー編


WFアッセンブルボーグ関連アイテムのご紹介。
今回は個人ディーラー編です。

今回のWFでは、5件のディーラー様がアッセンブルボーグ関係の
アイテムを用意しての参加となりました。

今回は、全てのディーラー様をお訪ねすることができましたので
発表されていた作品を、簡単ですがご紹介したいと思います
(50音順)。



あばれん坊番長様。

武器パーツセット2種を販売しておりました。

左の武器セットは、やや細身のアーモロイドをがっしりさせようと
いうコンセプトから作成されたとのこと。

腕に使用されているリボルバー風のパーツには、色々な想像が
かきたてられます。




FGeW様。

前回、原型展示だったイーグ開口ヘッドを準備して参加されて
いました。

イーグの開口については、結構大きく口を開くことが可能で
表情をつけるのにはうってつけのギミックです。

また、一緒にミスター頭部も一緒に販売を行なっておられました。







玩楽屋様。

繰-110(クリート)を再販されての参加でした。

繰-110はジャークノイド用の強化パーツで、ハデスポッドや
ジャーク本体に使用もできるというパーツ群。

彩色参考という形で、様々なバリエーションで彩色されたパケ絵が
展示されていたのが目を惹きました。

この他、繋げることで色々な楽しみのある『チェインアームズ』や
完全新作の強化パーツ群が展示されておりました。






工房Beowulf様。

ジャークノイド、ジャークロイド用の各種オプションパーツや
フェイスパーツ、また一般用武器パーツを販売されていました。

なお、最後の写真にある大型手のパーツについては、かなりの
売れ行きで、早い段階に完売してしまったとのこと。

なんでも2つセットで買う人が、かなりいたとかいないとか…。




SCISSORS REBIRTH様。

今回はVSセットということで、悪役、ヒーロー役の頭部と
胸部のパーツセットが販売されておりました。

ヒーロー役のパーツ造形がしびれるほどカッコイイです…。


今回のWFでは、参加されたどのディーラーさまも一癖、二癖と
いった具合の『何か』を用意して参加されておりました。

今存在するパーツをより使いやすくリデザインした物や、既に
入手が困難なパーツの代替品となりえるパーツなどを用意した
方もおられましたし、全くの新規でアッセンブルを楽しむための
パーツを製作していた方もおられました。

どのパーツも様々な遊び甲斐を提示してくれるパーツばかりで
正直な話、サイフと時間を絞ってしまったのは大失敗だったと
後になって悔やんでいるところです…。

やはりWFはお祭りなのですから、少したがを外すぐらいが
ちょうど良いのかもしれませんねw


それでは皆様、良い玩具ライフを!

気に入って頂けたら、クリックお願いします!


通販は以下のリンクから。

Amazonでのお買い物はこちら。
アッセンブルボーグ∞NEXUS ジャークロイド 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア AB023
クリエーター情報なし
海洋堂

アッセンブルボーグ∞NEXUS バレルズスピーダー 3in1 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB002
クリエーター情報なし
海洋堂

アッセンブルボーグ∞NEXUS ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB020
クリエーター情報なし
海洋堂

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ワンダーフェスティバル報告・企業ブース編


去る7月24日、千葉幕張にてワンダーフェスティバルが
開催されました。

知らない方にざっくりご説明すると、模型・玩具の一大
展示会と言ったものです。

今回は、そのワンダーフェスティバルのアッセンブルボーグ
公式ブースにて公開された情報をお伝えしたいと思います。



今回はアーモロイド中心での展示となっており、カラバリの
人気投票が行なわれました。

候補は次の6色。



左から順に、アストロ・ホワイト、デザート・イエロー
コマンド・ブルー。


同じく左から、レンジャー・グリーン、アサルト・レッド
リープ・ブラック。

これら6種のうち好きな物に投票する形になっていました。
複数投票も可能でした。

個人的には、今までのアイテムとの親和性が高そうだった
リープ・ブラックが好みでした。


アーモロイド用の各種オプションパーツの展示。

カラバリのほうに付属するんでしょうか?

ヘッドパーツやブレストパーツの他、各種武器パーツも存在
しており、かなり期待が持てます。


続いてI.O姉妹。


本格的な彩色でいよいよ完成間近な状態。


各種オプションパーツ。
よくわかんない動物のぬいぐるみがあったりw

さて、I.O姉妹の方は発売が2017年とありましたが
実際のところは工場の順番待ちということらしく、比較的
早くに準備できそうな雰囲気がありました。

少なくとも今年中には販売が行なわれそうですw


そして今回、緊急に準備された『薄い本』!

内容は公開できませんが、I.Oのデザインワークス集とでも
言うべき内容で、資料的価値は非常に高いです。

しかし…#00とナンバリングされているということは
今後も定期的に発表されていくということなのでしょうか?


今回はアーモロイドのカラバリ企画が中心となっておりました。

実際はどんなカラーリングが起用されるのかはわかりませんが
こういったユーザ参加型の企画をドンドン実施してもらえると
ユーザもより深く楽しむことができるのではないかと考えます。

続いてI.Oですが、今回『薄い本』という形でパブリシティを
打ってきたのは、大変面白い傾向だと思いました。

こういったインディーズらしさというのはアッセンブルボーグ
特有の雰囲気であり、大きな特徴でしょう。

この感覚は、メーカ、ユーザ共に、今後とも大事にしていきたい
ところですね。

なお前述しましたが、今回の本には『#00』とナンバリングが
されております。

今後何らかのイベントごとに新しい『薄い本』が準備されることと
思われますので、コレクターの方はお気をつけください。


最後にアッセンブルボーグ開発者トイトライブ代表の一人である
神宮司氏からのお言葉をまとめたTwitterのモーメントが公開
されております。

アッセンブルボーグに興味のある方は是非ご一読を。
https://twitter.com/i/moments/833998510445826048


次回は個人ディーラー様が作成されたアッセンブルボーグ関係の
作品をご紹介いたします。


それでは皆様、良い玩具ライフを!


気に入って頂けたら、クリックお願いします!


通販は以下のリンクから。

Amazonでのお買い物はこちら。
アッセンブルボーグ∞NEXUS ジャークロイド 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア AB023
クリエーター情報なし
海洋堂

アッセンブルボーグ∞NEXUS バレルズスピーダー 3in1 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB002
クリエーター情報なし
海洋堂

アッセンブルボーグ∞NEXUS ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア AB020
クリエーター情報なし
海洋堂

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ワンダーフェスティバルにいきます

今回もやって参りました、冬のワンフェス。

当然当方も参加いたします!

アッセンブルボーグの新情報もあるという話も
ちらほら聞いていますので、大変楽しみな
内容になるかと!

これらの各種情報については、いつものように
次回・次々回の更新でお伝えしますので
どうぞお楽しみに!


それでは、よい玩具ライフを!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ