輸入盤 新譜情報  【BUYER'S EYES】

●輸入盤最新新譜情報。
(※発売日/規格番号/JAN/仕様等はメーカーの都合により変更になる場合がございます)

Bob Dylan/The 1966 LiveRecordings

2016年10月17日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/11/11

<JAN(規格番号)>0889853581924

<内 容>
ボブ・ディラン伝説の1966年ツアー50周年記念、豪華36枚組ボックスセット“Play it fuckin’ loud !”  遅れて来た君たちに、ロックがロックだった頃の証を聴かせよう。

★論争を呼んだ1966年のツアー、存在が確認されている音源をまとめ36枚のCD BOXに!
★収録曲のほとんどは、今まで世間に出回ることはなかった初登場音源!!
★綿密で丁寧な復元により活き活きと蘇った1966年の記念すべき記録が特製BOXに。
★後にザ・バンドに発展するバックメンバーを従え、熱くほとばしる演奏の数々!

伝説的な論争の的となったボブ・ディランの1966年ツアー。アメリカ、イギリス、ヨーロッパ、オーストラリアを回ったツアーのうち、存在が確認されているライヴ・レコーディングのすべてを収録する36枚組の歴史的なボックスセット『ライヴ 1966』。綿密で詳細な調査、管理、復元にもとづいて制作されたこの特別なコレクション『ライヴ 1966』は、 (1)サウンドボード・レコーディング、(2)正式ライヴ・アルバムを制作するためにCBSが録音したモービル・レコーディング、(3)観客が密かに録音したオーディエンス・テープといった3種類の音源から成り立っている。1998年に『ロイヤル・アルバート・ホール:ザ・ブートレッグ・シリーズ第4集』として発売されたマンチェスターのコンサート(1966年5月17日)と1985年の『バイオグラフ』に収録された2曲を除くと、『ライヴ 1966』に収録された演奏のほとんどは、海賊盤でも出回らなかったもので、今回初めて正式に発表されることになる。収録曲のすべてはボブ・ディラン(ヴォーカル、ギター、ピアノ、ハーモニカ)の自作曲。ただし1曲だけ、「連れてってよ(Baby, LetMe Follow You Down)」はボブ・ディランがコンサートのためにアレンジしたトラディショナル曲だ。ディランのバックをつとめるのはロビー・ロバートソン(ギター)、リック・ダンコ(ベース、バックヴォーカル)、リチャード・マニュエル(ピアノ)、ガース・ハドソン(オルガン)、ミッキー・ジョーンズ(ドラムズ、但しホワイトプレーンズとピッツバーグのコンサートでのドラムズはサンディ・コニコフ)。この時期のディランは、18カ月の間に3部作の傑作アルバム『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』『追憶のハイウェイ61』『ブロンド・オン・ブロンド』を発表し、この3枚のアルバムによって、ディランは前例をみない深みとパワーと創造性を持ち合わせるソングライター&パフォーマーとしての名声を確立し、ポピュラー音楽と文化が歩むべき道筋に、計り知れないほどの影響を与えた。このコレクションに収録された同時期のライヴ・レコーディングは、ディランのステージでの進化の過程を見事に伝えてくれる。ディランの変化への思いは際限なく広がっているのがわかる。36枚のCDは、D・A・ペネベイカーが撮影したカラーフィルムから切り取ったカラー写真をデザインした特製ジャケットにそれぞれ収められている。ペネベイカーが撮影した1965年と1966年のツアー映像、『ドント・ルック・バック』(1965年)と『イート・ザ・ドキュメント』(1966年)は、ハンドカメラで現実をありのままに記録したシネマ・ヴェリテの傑作とされている。ライナーノートはクリントン・ヘイリンが執筆している。彼はこの企画の相談役であり、ディランの歴史的かつ画期的な1965-66年ワールド・ツアーの詳細を記した『JUDAS!: From Forest Hills to the Free TradeHall: A Historical View of Dylan's Big Boo』の著者でもある。
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MIC RIGHTEOUS /DREAMLAND  | トップ | Bob Dylan/The Real Royal Al... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む