輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

HINDER /THE REIGN

2017年07月13日 | Rock (NEW)
<発売日>2017/8/11

<JAN(規格番号)>4050538296587

<内 容>
哀愁を帯びたメロディ・ラインとキャッチーなコーラス・パート、そしてダイナミックで骨太な王道ロック・サウンド…。 ポスト・グランジ・シーンから生まれ、2000年代の王道アメリカン・ロック街道を走り続けるHINDER(ヒンダー)が、前作より約4年振りとなる最新作を完成させた! オクラホマ出身のマルチ・プラチナム・アーティストによる渾身の一撃を心して受け止めよ!

◆2001年にオクラホマで結成し、4年に亘る下積み生活を通して強力なサウンドを手に入れ2005年にアルバム『EXTREME BEHAVIOR』でデビュー、その骨太なロック・サウンドと哀愁溢れるメロディ・ラインとコーラス・パートという最大の武器で世界のロック・ファンを虜にしていったバンドが、このHINDERだ。現在までに5枚のアルバムを発表し、確固たる人気と実力を兼ね備える彼らが、前作『WHEN THE SMOKE CLEARS』から約2年振りとなる最新作『THE REIGN』を完成させた! ◆デビュー作で全米アルバム・チャート6位を記録、「Lips of an Angel」の大ヒットによりアルバムは全米のみで300万枚を超えるセールスを記録、その後発表したセカンド・アルバム『TAKE IT TO THE LIMIT』も全米4位を記録、次世代のアンセミックなロック・バンドの最重要アクトとしてシーンを牽引してきたこのHINDER。MOTLEY CRUEやNICKELBACK、AEROSMITHやPAPA ROACHといったアーティスト達のツアーに帯同したり、自身のツアーで何度も全米をサーキットするなど、サウンドだけでなくその男気溢れるロック・パフォーマンスにも非常に定評のあるアーティストなのだ。 ◆2013年にオリジナル・ヴォーカリストであるAustin Winklerがバンドを脱退、新たにMarshal Duttonをフロントに迎え入れ、新生HINDERとして作品を発表したのが、2015年の事。よりハスキーで哀愁を帯びた彼の声がHINDERというバンドが持つ世界観とぴったりとはまり、ファンの不安を一掃することとなった前作『WHEN THE SMOKE CLEARS』でその音楽性を改めて世界のロック・ファンに知らしめることとなった彼らが、2016年に発表したアコースティックEP『STRIPPED』に続いて発表するのが、この最新作『THE REIGN』だ。 ◆この最新作で、彼らはロックン・ロールという世界に生きることの感情的な葛藤を深く掘り下げ、サウンドでその感情を表現することを試みている。「浮き沈みの激しいミュージック・シーンの中で常に作品を生み出し続けるために、アーティストは自らの感情を恒常的に消費し続けてしまう。こういった事実は、アーティストを何か他の物に頼らざるを得ない状況に追い込んだり、時に自殺という最悪の結末へと追いやってしまう傾向にあると思う。実際、この世界では数多くの音楽的レジェンド達を失ってきてしまっているからね。全体として、この最新作は今までHINDERとして発表してきたどの作品よりもダークでヘヴィな作品になっている。でも古くからのファンのために、典型的なHINDERサウンドっというのももちろん忘れずに入っているんだ」 ◆先行して公開された新曲「Remember Me」を聴けば、彼らの言う「ダーク」さと「ヘヴィ」さを強く感じる事ができるだろう。ウォール・オブ・サウンドともいうべき分厚いサウンドに、Marshalのハスキーな声で歌われる哀愁に満ちたメロディ・ラインという基本スタイルは変わらず、そこにダークさを付け加えたこの楽曲を聴くだけで、この最新作に対する期待感は募っていくばかりだ。王道アメリカン・ロックの最重要アクトが放つこの渾身の一撃を、心して受け止めよ…!

https://www.youtube.com/user/HinderBackstage/videos
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HERB ALPERT/MUSIC VOL. 1  | トップ | MAKE THEM SUFFER /WORLDS AP... »
最近の画像もっと見る

Rock (NEW)」カテゴリの最新記事