輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

ED SHEERAN /÷ (DIVIDE) [STANDARD]

2017年01月25日 | 今月の推薦盤
<発売日>2017/3/3

<JAN(規格番号)>0190295859039

<内 容>
あなたの心+歌x歌÷歌=答えはきっとエド・シーランのアルバムにある。 世界で最も多くのセールスを記録した男性ソロ・アーティスト”の称号を獲得し、今やグローバル・スーパースターとして、満員のアリーナをたった一人で熱狂させているシンガー・ソングライターの最新作、それが2017年最重要作品の最有力候補『÷(ディヴァイド)』! 全米・全英No.1シングル「Shape Of You」、全米・全英TOP10シングル「Castle On The Hill」収録!!

■ 2014年にリリースした2ndアルバム『x(マルティプライ)』で、世界で最も多くのセールスを記録した男性ソロ・アーティスト”の称号を獲得。念願のグラミー賞主要部門を受賞し、自身のオフィシャルYouTubeのトータル閲覧数は36億回を超え、アルバム売上は全世界で2300万枚。全作品のストリーミング回数は現在までに94億再生数超え…今やグローバル・スーパースターとして、満員のアリーナをたった一人で熱狂させているエド・シーラン。その彼がニュー・アルバムを引っ提げ、シーンに戻ってきた!

■ 3月3日に世界同時発売となる、エドの3作目となるスタジオ・アルバム『÷(ディヴァイド)』。2017年年明け早々、アルバムからの先行シングルとして「Shape Of You」と「Castle On The Hill」の2曲がリリースされたが、早くも全英シングル・チャートで初登場1位(Shape Of You)と2位(Caslte On The Hill)というワンツー・フィニッシュを飾り、2曲合わせてUKのみで421,000枚以上の売上と、世界中で2億回以上のストリーミング再生数を発売週に記録している。ちなみに新曲シングルで初登場1位と2位を同時に獲得したアーティストは、全英シングル・チャート史上エドが初めてとなるそう。またこの2曲は、全英シングル・チャートだけでなく、Apple Music UK、SpotifyでもUK、USA、そしてグローバル・チャートを含む28マーケットでワンツー・フィニッシュを飾っている。

■ またアメリカでもビルボード HOT 100チャートにて、アルバムに先駆け発表された新曲「シェイプ・オブ・ユー」が1位を、そしてもう1つの新曲「キャッスル・オン・ザ・ヒル」が6位を獲得し、2曲同時にTOP 10入り!同一アーティストによる初登場楽曲がTOP 10に2曲ランクインするのはなんとこれが初めて!

■ 特に「Shape Of You」は空前の大ヒットとなっており、Adele の“Hello” を抜いてSpotify 史上最高の‘1日’のストリーミング数、790万回の新記録を達成!幸先の良いスタートについて、エド本人もこう語っている:「いきなり、すごい1週間だね! 新しいシングルへの反応には本当にビックリしている。感謝しきれないよ。ニューアルバム「÷」 は僕の気持ちの中でもとても特別な存在で、現時点で自分の最高作だと本気で信じてる。早く戻ってきたいと思っていたんだ。3月3日が楽しみでしかたがない」

■ 約3年振りとなる待望の新作『÷(ディヴァイド)』。ここには、常に新しい方向性を見出し、あらゆるジャンルを取り込んだユニークな音楽性をどこまでも広げようとしている現在25歳のアーティストの最新形がある。パーソナルな事柄は身近な出来事からインスピレーションを受け、無限大にも思える音楽的ボキャブラリーを駆使して作り上げた楽曲は、エドのパーソナルな旅路へと誘ってくれる。アルバムの中には、時代を超えた魅力を持つアコースティック・ギターのナンバーから、ストリングスをバックにしたエモーショナルなバラード、ヒップホップのビートに乗ったラップなど、様々な形の革新的でユニークなポップ・ソングが収録されている。例えば、シングル曲の「Shape Of You」は、ループ・ペダルを使ってモダン・ポップを解体して再構築したものであるのに対し、もう一方の「Castle On The Hill」(ちなみにこれは、エドの故郷、英国サフォークのフラムリンガムをテーマにしている)は、U2を彷彿されるようなスタジアム・ロック・サウンドの曲である。

■ プロデュースを手掛けるのは、エドとベニー・ブランコ(リアーナ、ウィークエンド)。またジョニー・マクデイド、マイク・エリゾンド、そしてスティーヴ・マックもプロデュースに参加している。レコーディングは、ロサンゼルス、ロンドン、サフォーク、そしてクイーン・メリー2号で行われた。さらにアルバム・アートワークのコンセプトもエドによるものであり、彼自身、ジャケットを手掛けている。

■ 2015年7月10日~12日の3日間、世界最大級の英ウェンブリー・スタジアムで初の公演を行い(しかもたった一人で)、チケットは全日完売、計24万人を動員したほか、2016年には、ジャスティン・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」、そしてメイジャー・レイザーの「コールド・ウォーター」を共作。今や、グローバルなスーパースターとして誰もが認めるエド・シーランの最新作『÷(ディヴァイド)』は、音楽的にも題材的にも今の時代を表したものであり、彼が今日最も先鋭的で多才な吟遊詩人であることを証明したアルバムである。

https://www.youtube.com/user/EdSheeran


同時発売情報
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売(0190295859022)

『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« O.S.T./T2 Trainspotting  | トップ | 2CELLOS/Score »
最近の画像もっと見る

今月の推薦盤」カテゴリの最新記事