輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

ご訪問者様100万人突破御礼!K-POP新譜も追加して益々内容充実!

SLAUGHTER TO PREVAIL /MISERY SERMON

2017年04月20日 | Heavy metal, Hard rock
<発売日>2017/5/5

<JAN(規格番号)>0817424016957

<内 容>
獰猛なる悪夢が、今全てを食らい尽くす… ロシアが生んだ超重量級デスコア・アクト、SLAUGHTER TO PREVAIL(スローター・トゥ・プリヴェイル)が、この超弩級デビュー・アルバム『MISERY SERMON』を持って今全世界のメタル・シーンを蹂躙する! とてつもない獰猛さと驚愕のエクストリーム・ヘヴィネスを吐き出すこの圧巻の音像は、どう抗おうとも聴く者の脳髄を侵食していくのだ…!

◆人のものとは思えないほどの獰猛なグロウル、闇を引き裂く断末魔かのようなスクリーム、そして超高速でありながら超重量級ヘヴィネスで重機の如く全てをなぎ倒していく暴力的なまでの力強さを持つ圧巻のサウンド…。一聴すれば最後、決して忘れることの出来ない陰惨とした印象を脳裏に刻み込むその音像は、全エクストリーム・メタル・ファンを根こそぎ食い尽くしてしまうほどの存在感を放つ。ロシアが生んだ超重量級エクストリーム・デスコア・アクト、SLAUGHTER TO PREVAILが、いよいよデビュー・アルバムをシーンに投下する!

◆この強烈なニュー・アクトは、2014年、UK在住のギタリストJack Simmonsが約5,800km離れたロシアに住むAlex Shikolaiと、同じくロシア出身の超絶ドラマー、Anton Poddyachyとの出会いにより生まれる。以前よりAlexはその圧巻のヴォーカル・スタイルで様々な楽曲をカヴァーし、Alex Terribleという名前でYouTubeに動画を投稿していたのだが、その獰猛な声が、Jack Simmonsのモダン・エクストリーム・ヘヴィネスと融合することで、この圧巻の存在感を放つSLAUGHTER TO PREVAILというバンドが生み落されたのだ。

◆モダン・エクストリームとブラック・メタル、デス・メタルのハイブリッド的サウンドと大地をも揺るがすヘヴィ・グルーヴがぶつかり合い、そこに英語とロシア語を組わせた呪詛的とも言えるヴォーカルが乗る彼らのサウンドは、まさに一筋縄ではいかない、驚異の浸蝕性を持つ音だ。2016年に発表したデビューEP『CHAPTERS OF MISERY』(今デビュー・アルバムと同時にこのEPもリイシューされる)でアンダーグラウンド・シーンに強烈な印象を残した彼らは、その後Sumerian Recordsと契約を交わし、BRING ME THE HORIZONやINGESTEDなどを手掛けるStu McKayをプロデューサーに迎え、この強烈な力強さを持つデビュー・アルバムを完成させた。

◆「このデビュー・アルバムは、EP『CHAPTERS OF MISERY』で表現した俺達の音に、より多面的な要素を付け加えた作品だ。テクニカルなギターやキャッチーな曲展開、そしてAlexのヴォーカルも、今まで以上に殺傷能力を増したものになっている。とにかく全てをネクスト・レヴェルへと押し上げているんだ」 ─ Jack Simmons

◆Alexのヴォーカルの獰猛さはもちろんのこと、その声を支えるサウンドもとてつもない殺傷能力を持つ。人によるプレイとはとても思えない超高速マシンガン・ドラムと絶妙なミドル・ブレイクダウンは超重量のヘヴィ・グルーヴを生み出し、テクニカルなリードとヘヴィ・リフを行きかうギター・ワーク、そしてその総てを底辺でささえるひたすら重くうねるベース…、SLAUGHTER TO PREVAILは、2017年という現代に真のエクストリーム・ヘヴィネスをシーンに叩きつけることになるのだ。

https://www.facebook.com/slaughtertoprevailrus
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CHRISTOPHER PAUL STELLING /... | トップ | JONGHYUN / STORY OP. 2 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む