輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

BETRAYING THE MARTYRS /THE RESILIENT

2017年01月25日 | Heavy metal, Hard rock
<発売日>2017/2/3

<JAN(規格番号)>0817424016391

<内 容>
獰猛かつ荘厳な怒涛のヘヴィネスと共に、今不屈の魂が大きなうねりとなって襲いかかる… 芸術の都、パリが生んだブルータル・メタル・アクト:BETRAYING THE MARTYRS(ビトレイング・ザ・マーターズ)が、より強靭な精神と共に放つ圧巻なる最新作、堂々完成! 

◆芸術の都、パリが生んだ、獰猛かつ荘厳なブルータリティが脈打つ怒涛のヘヴィネスを打ち鳴らすメタル・アクト、BETRAYING THE MARTYRS。2011年デビュー以降、その圧倒的音圧に裏打ちされた存在感と共に活動を続け、フランス産ながらヨーロッパのみならず米国でもその頭角を現している彼らが、前作『PHANTOM』より実に約3年振りとなる最新作を完成させた。

◆ハードコアの獰猛さと超重量級のブレイクダウン、ブラック・メタルのあの背徳のブラスト・ビート、地を這うかのような咆哮とクリーン・ヴォーカルを自由自在に織り交ぜながら疾走するヴォーカル・ワーク、そして不穏なサウンドを生み出しアルバム全編を覆うエレクトロ/シンセの音色…、ゴシック的な荘厳さをも兼ね備えた獰猛なるヘヴィネスが渦巻くサウンドを展開する彼らだが、そこで歌われる歌詞は不屈の精神によって困難に立ち向かっていく、力強さに満ちたポジティヴ感に満ちあふれている。

◆パリを襲ったあの忌まわしきテロ事件から1年後、彼らはその想いを忘れないために楽曲を公開する。それが今作にも収録されている「Won't Back Down」。この曲でも外圧に屈することなく、一つになって全てに立ち向かっていく、という不屈の精神を高らかに歌っているのだが、他にも自らの弱さから目をそむけずにしっかりと立ち向かい、その弱さを乗り越える強さを手にしていく、といった、その力強さをひしひしと感じさせる歌詞も、彼らの魅力の一つだ。

◆BETRAYING THE MARTYRSは今作に関し、下記のようなコメントを残している: 「ようやくここに俺達の新作を届けることが出来て、とんでもなく嬉しく思っている。自分達の強さや弱さとじっくり向き合い、今まで成し遂げてきた成功や失敗、その総てを振り返りながら、約1年半をかけて奮闘してきた結果が、この作品なんだ。自信を持って、今までの俺達にとっても最高の出来栄えを誇る作品だと言える。そう、新たなレベルに到達したアルバムなんだ。バンドとして活動し始めた時から共に生きてきた全てを注ぎ込んだこのアルバムをようやくみんなに聴いてもらえることにすごく興奮しているんだ」

◆その圧巻の獰猛さを持つスタイルでありながら、ジャンルを問わずポジティヴな内容の曲をカヴァーしてきたことでも知られる彼ら。時にシーンから反感を買ってしまいそうな曲をカヴァーしたりするのだが、その姿勢は彼らの本質と変わらず、真っすぐだ。自分達の事を知ってもらうため、自分達の姿勢に沿う内容を歌うヒットチャートの曲をカヴァーする…、それも全て、自らのサウンドをより世界に轟かせたい、という彼らの貪欲な思いからくるものだ。その彼らのカヴァーを聴けば、ただのお遊びでやっているものではないことは、しっかりと感じ取ってもらえるだろう。

(参考) 「Let It Go」カヴァー: https://www.youtube.com/watch?v=HtkGluLhnGU

https://www.facebook.com/WeAreBetrayingTheMartyrs
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SOEN /LYKAIA  | トップ | ZEAL & ARDOR /DEVIL IS FINE  »
最近の画像もっと見る

Heavy metal, Hard rock」カテゴリの最新記事