輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

Pumarosa/The Witch

2017年03月15日 | Rock (NEW)
<発売日>2017/5/19

<JAN(規格番号)>0602557459128

<内 容>
★南ロンドンを拠点にする5ピース・サイケデリック・インディ・バンド、ピューマローザが満を持してデビューアルバムをリリース!!
★NME誌が絶賛!テーム・インパラ、カイザー・チーフス、クリスタル・キャッスルズ等が所属する英名門レーベル、Fictionと契約した本年度要注目の新人バンド!
★フランツ・フェルディナンド、シーア、ブロック・パーティー、バット・フォー・ラッシーズ等を手掛けるダン・キャレイがプロデュース!
★2月に開催されたHostess Club Weekenderにて初来日を果たし、TV、ラジオ、音楽専門誌、ファッション媒体など多くの取材を行ったばかり!

「ロンドンの5人組みバンドがグル―ヴィーでゴスなトラックにハイピッチでオペラ調のボーカルを乗っけている」 ‒ シカゴ・トリビューン誌
「間違いなく必殺の曲だ!」 ‒ NME
「SXSWで見た中で 最高のバンド!」‒ エンターテインメント・ウィークリー誌

ロンドンを拠点にする5ピース・サイケデリック・インディ・バンド、ピューマ ローザが今年2月3日にリリースした日本独自盤デビューEPに続き待望のデビューアルバム『ザ・ウィッチ』を5月にリリースする。NME誌が「間違いなく必殺の曲だ!」と絶賛するヒットシングル「Priestess」を含む全10曲収録でフランツ・フェルディナンド、シーア、ブロック・パーティー、バット・フォー・ ラッシーズ等を手掛けるダン・キャレイがプロデュースを手掛けている。テキサス州オースティンで行われた作年のSXSWでのライブが業界関係者やメディアから好評を受け、エンターテインメント・ウィークリー誌は「SXSWで見た中で 最高のバンド!」と称賛を贈っている。更にシカゴ・トリビューン誌は「ロンドンの5人組みバンドがグル—ヴィーでゴスなトラックにハイピッチでオペラ調のボーカルを乗っけている」と批評している。

アルバムのアートワークはEPやシングルと同じくボーカルのイザベルが描いたもので、アルバム収録曲「Priestess」のミュージック・ビデオの振付はイザベルの妹が行っています。 音楽だけではなく彼等の活動に関わる全てを自らクリエイトするインディー・ス ピリットを持ったDYIバンド、ピューマローザが堂々のアルバム・デビューを飾る!

■バイオグラフィー:
ボーカルのイザベルとドラムのニコラスがあるバンドのリハーサルで出会い、2人組みのパンク・デュオとして曲を書き始める。その後、ヘンリー、トモヤ、 ジェームスと意気投合しバンドを結成する。2015年にダン・キャレイがプロデュースを務めたデビュー・シングル「Priestess」をマムフォード&サンズ、 ウルフ・アリス、MØなどをリリースした気鋭のインディ・レーベル、Chess Club から発売。セカンド・シングル「Cecile」はHype Machinesで最もブログに書かれたアーティストとして4日間1位を獲得した。作年の後半はグラス・アニマルズと共に北米ツアーを周った。2017年2月に日本独自盤EP『ピューマローザEP』をリリース。2017年2月に行われたHostess Club Weekenderにて初来日を果たす。

■「Dragonfly」の音源試聴はこちら:
https://youtu.be/vEwXzS5t1bY
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Hoops/Routines | トップ | Day Wave/The Days We Had »
最近の画像もっと見る

Rock (NEW)」カテゴリの最新記事