輸入盤 新譜情報  【BUYER'S EYES】

●輸入盤最新新譜情報。
(※発売日/規格番号/JAN/仕様等はメーカーの都合により変更になる場合がございます)

Mike Watt/Ring Spiel '95

2016年10月17日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/11/11

<JAN(規格番号)>0889853732227

<内 容>
デイヴ・グロール、パット・スメア(フー・ファイターズ)、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)等が参加!マイク・ワット、95年の幻のライヴが初商品化!

1980年代から90年代にかけて、バミニットメンやfIREHOUSEのベーシストとして活躍、そして94年にアルバム『ball-hog or tugboat?』をリリースしてからはソロとして多くのロック・ミュージシャンから敬愛されるマイク・ワット。特に『ball-hog or tugboat?』は、カート・コバーン亡き後にデイヴ・グロールが初めてセッションに参加したアルバムであり、他にも同じくフー・ファイターズからパット・スメア、そしてフリー(Red Hot Chili Peppers)、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)等も参加。マイク・ワット自身は、彼の同胞やフォロワーをリングに上げた“レスリング・アルバム”として位置付けており、後のロックの方向性に大きな影響を与える作品となった。そしてアルバム『ball-hog or tugboat?』リリース後に行われた”Ring Spiel” Tourから、95年5月6日にシカゴThe Metro にて行われたライヴの模様が今作にて初めて商品化される。このツアーの前座としてフー・ファイターズが帯同していたこともあり、ライヴ本編のマイク・ワットのパートには、バンド・メンバーとしてデイヴ・グロール、パット・スメア、ウィリアム・ゴールドスミス(フー・ファイターズ)、そしてエディ・ヴェダー(パール・ジャム)が参加しており、当時の熱気ほとばしる演奏を聴かせてくれる。90年代アメリカン・ロック史を語る上では必聴の一枚。

◆参考映像 Big Train TVパフォーマンスhttps://www.youtube.com/watch?v=4cfQaQO-YD4
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Robbie Williams/Heavy Enter... | トップ | Marcus & Martinus/Together »
最近の画像もっと見る

あわせて読む