輸入盤 新譜情報  【BUYER'S EYES】

●輸入盤最新新譜情報。
(※発売日/規格番号/JAN/仕様等はメーカーの都合により変更になる場合がございます)

JOHN K. SAMSON /WINTER WHEAT

2016年10月17日 | Singer,SongWriter~A.O.R
<発売日>2016/10/28

<JAN(規格番号)>8714092748420

<内 容>
聴く者を深い思考の旅へと誘う、優しく温かい歌声…。 カナダが生んだインディ・ロック・アクト:THE WEAKERTHANSのフロントマン/シンガー・ソングライター、ジョン・K・サムソンが約4年振りに紡ぐフォーキーなソロ・アルバムが今届きました。

◆カナダが生んだインディ・ロック・アクト、THE WEAKERTHANSのフロントマンにして、カナダが生んだ偉大なるシンガー・ソングライターの系譜にその名を刻む才人、JOHN K. SAMSON。バンドのメンバーとして活動中もソロ・プロジェクトを発表してきた彼が、バンドの活動休止を経て、全ての才能を注ぎ込んだソロ・アルバムを完成させた。それがこの、ソロ・アルバムとしては約4年振りとなる最新作、『WINTER WHEAT』だ。

◆人とのつながりやコミュニティ、地元ウィニペグという街、個々人が抱える問題や社会全体の問題といったものへ深く思いを寄せながら作り上げられた彼の最新作『WHITE WHEAT』は、アーティストとして脂が乗りきったJOHN K. SAMSONという男が紡ぐ最高傑作だ。秋に種をまき、冬を通して成長するというアルバムのタイトルにも名づけられたWinter Wheat(冬小麦)同様、地元ウィニペグで冬にじっくりと制作された今作は、彼のパートナーであり同じくカナダのシンガー・ソングライターでもあるChristine Fellows、そしてThe WeakerthansのメンバーでもあるJason Taitと共に作り上げられ、翌年の春、カナダのトロントでミックスをされた作品。

◆Jason Tait同様The Weakerthansのメンバー、Greg Smithもベースで参加しており、JASONが長く共に活動をしてきたTHE WEAKERTHANSのリズム・セクションが今作のボトムを支えている。他にも、ダブル・ベースにAshley Au、チェロ奏者としてLeanne Zacharias、そしてエレキ・ギターにはShotgun Jimmieが参加。

◆全15曲を収録する今作の中で、「Select All Delete」、「Vampire Alberta Blues」、そして「VPW13 Blues」の3曲は、特に同じくカナダ出身のニール・ヤングが1974年に発表した傑作『ON THE BEACH』から影響を受けて書き上げた曲だという。そのアルバムにもある正直な色褪せることのない魂は、この最新作『WINTER WHEAT』にも確実に存在していると言えるだろう。今作から最初に公開された楽曲「Postdoc Blues」を聴けば、そのニール・ヤングにも通じる世界観を強く感じ取ってもらえるだろう。

◆秋に種がまかれ、芽をだし、雪の季節を通してじっくりと体力を蓄え、春に力強く成長する冬小麦(Whinter Wheat)、その収穫のように完成した今作は、固い決心を持ち、ひたすら美しく、困難で予想もしていなかった現代社会への確固たる姿勢を感じさせてくれる、素晴らしい作品なのだ。

https://www.facebook.com/johnksamsonmusic
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SUPER FURRY ANIMALS /FUZZY ... | トップ | NIGHT RIOTS/LOVE GLOOM  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む