輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

ご訪問者様100万人突破御礼!K-POP新譜も追加して益々内容充実!

CHRISTOPHER PAUL STELLING /ITINERANT ARIAS

2017年04月20日 | American roots,folk
<発売日>2017/5/5

<JAN(規格番号)>8714092750027

<内 容>
超絶のフィンガー・ピッキング・ギターと心に沁み込んでいく歌声とメロディ… アメリカン・フォークの伝統を受け継ぎ、そこに情熱と魂を注ぎ込みながら言葉とメロディを紡ぐ、現代精神を歌う吟遊詩人、CHRISTOPHER PAUL STELLING(クリストファー・ポール・ステリング)による前作より約2年振りとなる最新作!

◆アメリカン・フォークの伝統を継承しつつ、そこに現代的な精神性と彼の音楽に対する情熱と魂を注ぎ込みながら、ダイナミックな世界観を紡ぎ歌う現代の吟遊詩人、CHRISTOPHER PAUL STELLING。弾き語りによる絶え間ないツアーとそこで目にしてきた様々な出来事を吸収してきた彼が、アンタイ・レーベルより第二弾となる最新作『ITINERANT ARIAS』を完成させた。

◆フロリダで生まれ、その後カリフォルニアやワシントン、マサチューセッツなどを放浪しながらたどり着いたブルックリンを拠点において活動を続ける彼は、超絶なフィンガー・ピッキングが強烈な印象を与えてくれるアコースティック・ギターの音色と、暗闇に存在する美しさに光を当て、独自の視点で日常の生活を語る歌詞とメロディというそのスタイルで自身の生き様そのものをサウンドで表現する、まさに現代の吟遊詩人とも言えるアーティストだ。アメリカやヨーロッパをツアーし続けながら、日々の出来事や環境に影響を受けながら生まれていく彼の楽曲は、現代版アメリカン・フォークの真骨頂とも言えるほどの素晴らしさを誇っている。

◆昨年11月に彼は、政治的要素に満ちた不気味にも先見の明があるプロテスト・ソング「Badguys」を公開し、誰もが予想もしなかった事実を歌った。当時ライヴでこの楽曲を披露しても、観客からの反応は「そんなことが起こるはずはないよ」というものだったが、後に彼が語っていたことが事実となると、大きな話題を呼ぶようになる。そして今年、彼曰く”救済の歌”と言う「Destitute」を発表。この今日について、彼はこう述べている: 「この曲は、顔を上げて一歩ずつ進んでいこうという歌だ。毎日そんな風にポジティヴに考えられるわけじゃないけど、とても元気づけられる内容で、アルバムの幕開けにはぴったりだと思うよ。なぜなら、アルバムが進むにつれてどんどんダークな内容が増えていくからね」

◆「まるで熱にうかされた夢のような感じさ。一日の終わりに、毎日無事にその日を終えられたことを感謝している」というコメントの通り、彼はツアーにつぐツアーを続けてきた。その日々の生活とその土地で見てきた様々な出来事をまとめあげながら制作されたのが、牧歌的な雰囲気がありながらもダークな力強さと美しさを持つこの最新作『ITINERANT ARIAS』なのだ。彼がいままで発表してきた作品とは違い、バンド・サウンドを持ち込むことでよりダイナミックなサウンドという表現方法を手にしたCHRISTOPHER PAUL STELLINGという詩人は、この作品で再び伝統を受け継ぐ新たなアメリカン・フォークを歌い紡いでいくことになる。

https://www.youtube.com/user/christoperstelling
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DIA / VOL.2 [YOLO] (BLUE DIA) | トップ | SLAUGHTER TO PREVAIL /MISER... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む