輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

ASKING ALEXANDRIA / ASKING ALEXANDRIA

2017年11月17日 | Rock (NEW)
<発売日> 2017/12/15予定

<JAN(規格番号)> 0817424018098

<内 容>
俺達は何度でも這い上がる、自分達が信じ、愛する音楽のために! 絶大な人気を誇るUK産スクリーモ・アクト、ASKING ALEXANDRIA(アスキング・アレクサンドリア)が、まさかのオリジナル・ヴォーカリスト:ダニー・ワースノップをバンドに復帰させ、心機一転して作り上げた最新作が遂に完成! 自らのバンド名をタイトルに冠したAA新章の幕開けとなる今作が、熱い決意と共に今シーンに投下される!

◆2009年にデビューして以降、ヘヴィ・サウンドと強烈なスクリーム、そこにダンス・ミュージックの要素を織り交ぜたメタルコア・サウンドを鳴らし、次世代のヒーローとしてシーンに圧倒的存在感とともに君臨する、イギリスはノッティンガム出身のASKING ALEXANDRIA。作品毎に80年代や90年代のハード・ロックやメタルの比重を増やしながら全世界にファンを増殖させ続けてきた彼らが、まさに「心機一転」となる最新作『ASKING ALEXANDRIA』を完成させた!

◆この2年ほど、バンドの状況はめまぐるしく変わっていった。2015年、フロントマンのダニー・ワースノップがバンドを脱退、ファンに大きな衝撃を与えたのだが、バンドは新たにデニス・シャフォロストーブを迎え入れ活動を再開、翌2016年に新フロントマンを擁する新生ASKING ALEXANDRIAとしてアルバム『THE BLACK』を発表、従来のAAサウンドにより磨きをかけたこの作品はメディアやファンから非常に高い評価を受けることとなった。しかし、この作品に伴うツアーがひと段落したことで、新ヴォーカリストであったデニスがバンドを脱退することとなったのだ。

◆残されたメンバーは再度、自分達がこのバンドを続ける理由、そしてそのベースとなっている音楽への愛情とメンバー間の友情を再確認し、2016年10月、オリジナルのフロントマンであるダニーを再び迎え入れ、オリジナル・ラインナップで活動を続けていくことを決意する。そして再びダニーとともに新作の準備にとりかかり、完成させたのが、通算5作目のスタジオ・アルバムにして自らのバンド名をタイトルに冠したこの『ASKING ALEXANDRIA』なのだ。

◆アルバムに先駆け、彼らはASKING ALEXANDRIAというバンドが持つヘヴィな側面を全面に出した楽曲「Into The Fire」を公開、映画『SIN CITY』のようなビデオ・クリップとともに公開されたこの楽曲は、ダイナミックなハード・サウンドと強力なブリッジ・パート、そして時にソウルフルに、時に激情をほとばしらせるダニーのヴォーカル・ワークが一つの塊となって押し寄せてくる、新たな第一歩を踏み出すにふさわしい楽曲となっている。その後彼らは「Where Did It Go?」というもう一つの新曲を公開、こちらはミディアム・テンポでありながら胸を掻き毟られるかのようなヴォーカルが聴く者の感情を大きく揺さぶる楽曲となっており、この2曲だけでも、自らのバンド名をタイトルにつける、という彼らの熱い決意を強く感じさせてくれていると言えるだろう。

◆この最新作に関して、メンバーはこう語っている:
「間違いなくASKING ALEXANDRIAのキャリアの中でも最もエキサイティングな時期だといえるだろうね。地獄を経験して、今こうやってまだ戻ってこれたんだ。気が遠くなるほど遠い道のりだったけど、それを経たおかげで今の俺達がここにいるわけだから、とにかく興奮している。こうして新たな作品に生命を吹き込むことができるようになったんだ、こんなに幸せを感じたことはしばらくなかったね」 ─ ベン・ブルース(g)
「まさかもう一度一緒にやるとは思わなかった連中とこうやって新しい作品を作り上げたってのは、とんでもなく楽しい経験だったよ。ある意味とても新しく、とてもユニークな作品になっている、早く世界のみんなに聴いてもらいたいね」 ─ ダニー・ワースノップ(vo)

https://www.youtube.com/user/AfuckingATV
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« First Aid Kit / Ruins | トップ | SIR ROSEVELT / SIR ROSEVELT  »
最近の画像もっと見る

Rock (NEW)」カテゴリの最新記事