輸入盤 新譜情報  【BUYER'S EYES】

●輸入盤最新新譜情報。
(※発売日/規格番号/JAN/仕様等はメーカーの都合により変更になる場合がございます)

Keith Jarrett/'A Multitude of Angels (Italian Concerts 1996: Modena, Ferrara, Torino, Genova)

2016年10月17日 | Jazz
<発売日>2016/11/4

<JAN(規格番号)>0602557024661

<内 容>
★1996年の10月にイタリアで行われたソロ・コンサート・シリーズを録音した4枚組最新作。

■モデナ、フェラーラ、トゥーリン、ジェノヴァで行われたソロ・ライヴ、長いインプロヴィゼーションのパフォーマンスは観客を魅了。「これらは、どのセットもブレイクなしで行った最後のコンサート。ジャズがここに顕在しているのはもちろんだが、クラシック音楽(モダンなIvesから古くはバッハまで)も深いところで私の身近にあることが表れている。」とキース。

■これらのコンサートは1995年にミラノのスカラ座で行われ、ライヴ盤でも『La Scala』としてリリースした後のソロ・ライヴであり、70年代からの『Bremen-Lausanne』『Sun Bear Concerts』などインプロヴィゼーション豊富に様々な場所で行われたキースのソロ・コンサート第1期の終わりにもなってしまった...これらのコンサートの後、キースは2年間公の場で演奏できなかったのだ。1997年自宅であの名盤『The Melody at Night, with You』を録音、ピュアなメロディで瞑想したが1998年の終わりにGary Peacock、Jack DeJohnetteとのスタンダード・トリオでステージに復活。その後徐々にソロ・コンサートも行うようになったが2002年の『Radiance』を例にとってみてもソロ・コンサートのフォーマット自体が以前とは異なり,現在はインプロヴィゼーションの曲が連なるものに変わったのだ。

■ということでキースのソロ第1章の最終幕となる本作なのである。キースは以前、ソロの演奏に関し、「ピュアなインプロヴィゼーションを演奏するときは、知性や情緒などは不要。ただただ川が流れていくのがいいんだ。」と言っていた。キース自身がDATを持ち込んで録音した今回の作品は、パフォーマー、リスナーが共にその川に入ることができるんだ。「この音楽を僕が再発見したときと同じような特別な体験をみんなができるといいなぁと思っている。」 とキースからのメッセージ。
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lalo Schifrin/The Sound of ... | トップ | various/The Life & Songs Of... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む