輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

ART PEPPER /ART PEPPER PRESENTS ""WEST COAST SESSIONS"" VOLUME 3: LEE KONITZ

2017年06月09日 | Jazz
<発売日>2017/6/30

<JAN(規格番号)>0816651013401

<内 容>
アート・ペッパーがカムバック後にレコーディングしたアトラス・レコードの音源が新たな形で蘇る! 1982年にリー・コニッツをリーダーに迎え、アート・ペッパーが“サイドマン”としてレコーディングしたアルバムが未収録テイクなどを追加収録して『ART PEPPER PRESENTS ""WEST COAST SESSIONS!""』として復活。元々日本のみで発売され、現在入手困難となっている音源の再発シリーズVol.3がCDとして復刻!

■ ここ日本でも人気の高い、ジャズ・アルト・サックス奏者、アート・ペッパー。1970年代半ば、薬物中毒からの闘いからシーンにカムバックを果たした彼は1977年、初めてとなる来日公演を行い、熱狂的なファンに迎えられたという。

■ その彼は1979年から1981年の間、日本のジャズ・レーベル、アトラス・レコードの為にいくつかレコーディングを行った。当時、ファンタジー/ギャラクシーとの契約があった為、リーダーとしてではなく、サイドマンとしての録音であったが、彼は石原康行氏のプロデュースのもと、“サイドマン”として、彼自身が選んだリーダーたちとのアルバムを6枚制作した。

■ 今回発売となる『ART PEPPER PRESENTS “WEST COAST SESSIONS!”』は、その彼のアトラス・レコードの音源を新たな形で蘇らせたシリーズとなる。2017年冬に発売となった、Vol.1、Vol.2に続いて発売となるのは、リー・コニッツをフィーチャーした“Vol.3”.。元々1982年に、Lee Konitz And His West Coast Friends名義の『HIGH JINGO』というタイトルでリリースされた本音源は、同年2月にロサンゼルスのSage&Sound Studioでレコーディングされたもの。この時のラインアップは、リー・コニッツ(アルト・サックス)、アート・ペッパー(アルト・サックス&クラリネット)、ボブ・マグナソン(ベース)、マイケル・ラング(ピアノ)、ジョン・デンツ(ドラムス)。

■ 今までアナログLPレコードで、しかも日本でのみリリースされたこの作品が、遂に世界初CD化となる!今回『ART PEPPER PRESENTS ""WEST COAST SESSIONS"" VOLUME 3: LEE KONITZ』としてリリースされる本作には、オリジナル・アルバムに収録されていた9曲に加え、2001年に発表された『THE HOLLYWOOD ALL-STAR SESSIONS BOX SET』に収録されていたアルバム収録曲の別テイクを追加している。

■ またブックレットには、アート・ペッパーの3番目の妻であり、彼の自伝『STRAIGHT LIFE/ストレート・ライフ アート・ペッパー衝撃の告白自伝』を筆記したローリー・ペッパーによるライナー・ノーツ、そして彼女が提供した写真を掲載!

■ 元々日本のみで発売され、今では入手困難となっている聴きどころ満載のアート・ペッパー晩年の音源が、今再びジャズ・ファンの前に蘇る!


同時発売情報
●ART PEPPER PRESENTS ""WEST COAST SESSIONS"" VOLUME 4: BILL WATROUS (0816651013388)
アート・ペッパーがカムバック後にレコーディングしたアトラス・レコードの音源が新たな形で蘇る! 1979年にビル・ワトラスを迎え、アート・ペッパーが“サイドマン”としてレコーディングしたアルバムが未収録テイクなどを追加収録し『ART PEPPER PRESENTS ""WEST COAST SESSIONS!""』として復活。元々日本のみで発売され、現在入手困難となっている音源の再発シリーズVol.4復刻!
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NATALIE MERCHANT /THE NATAL... | トップ | Cheap Trick/We're All Alrig... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む