輸入盤 新譜情報  【BUYER'S EYES】

●輸入盤最新新譜情報。
(※発売日/規格番号/JAN/仕様等はメーカーの都合により変更になる場合がございます)

STEVIE NICKS /BELLA DONNA [DELUXE EDITION]

2016年10月17日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日>2016/11/4

<JAN(規格番号)>0081227943660

<内 容>
歴史上最も重要なシンガーの一人として知られる永遠の妖精、STEVIE NICKS。彼女が1981年に発表し全米1位を記録したファースト・ソロ・アルバム『BELLA DONNA』が、30年以上の時を超え、今デラックス・エディションとして蘇る! 最新リマスター音源に未発表曲を多数含むこのデラックス・エディションで、”麗しの歌声”が再びまばゆいばかりの光を放ち始めるのだ…。

◆FLEETWOOD MAC~ソロ・アクトとして、30年以上にも及ぶその輝かしいキャリアを通し、7枚のスタジオ・アルバムを発表、ロック・シーンのアイコンとも呼べる世界的ヒット曲を生み出し、歴史上最も重要なシンガーの一人として知られる永遠の歌姫、STEVIE NICKS。その妖精のような容姿と類まれなるソングライティングの才能、そしてその歌声で世界中のファンを魅了し続ける彼女が1981年に発表した記念すべきソロ・デビュー・アルバム『BELLA DONNA(邦題: 麗しのベラ・ドンナ)』が、新たなリマスターを施し、未発表音源の数々をボーナスとして追加収録したデラックス・エディションとして今蘇る事となった! 「様々な違ったヴァージョンやデモ・テイクの音源を聴きながらライナーノーツを執筆している間、この『BELLA DONNA』と『THE WILD HEART』のメイキング過程をもう一度とても楽しむことが出来たわ。今回のライナーノーツは、普通のライナーノーツ以上のものになっていて、ちょっとした小説みたいな感じになっている。これを読む人が、まるで制作現場にいたかのように感じてもらえるようなものにしたかったの」 ─ STEVIE NICKS

◆STEVIEはFLEETWOOD MACのアルバム『TUSK』とそれに伴うツアーが終了した後、JIMMY IOVINEと共に彼女にとって初のソロ・アルバム『THE BELLA DONNA』を制作する。1981年に発表された今作は全米チャート1位を記録、「Edge Of Seventeen」やTOM PETTYと共に作った「Stop Draggin' My Heart Around」、DON HENLEYも参加した「Leather And Lace」といったヒット曲を生み出し、全米のみで400万枚の売上を記録した、ロック史に燦然と輝く作品だ。

◆今回新たに生まれかわるこの『BELLA DONNA: DELUXE EDITION』は3枚組の作品となっており、2016年の最新リマスター音源を使用、またボーナス・ディスクには「Edge Of Seventeen」や「Leather And Lace」の別ヴァージョンなど数多くの未発表音源や、映画『Heavy Metal』に使用された「Blue Lamp」や同じく映画『Fast Times At Ridgemont High』に使用された「Sleeping Angel」といったレア楽曲を多数収録。DISC 3には1981年に行われたライヴ音源を収録、『BELL DONNA』収録楽曲の他、FLEETWOOD MACの楽曲までも網羅したトラックリストとなっている(こちらにも未発表音源を収録)。

◆このDELUXE EDITIONと同じ発売日となる11月4日にはオリジナル・アルバムの最新リマスター音源を使用したアナログ盤、そして11月18日には同じく最新リマスター音源を使用したオリジナル・アルバムのリイシュー盤の発売も決定している。

◆今なお精力的に活動を続ける彼女。今回のリマスター/デラックス盤の発売の直前となる2016年10月25日からは、12月中旬まで続く「24 KARAT GOLD TOUR」で、同じくロック・シーンにおける最大の姉御として知られるクリッシー・ハインズ率いるTHE PRETENDERSともに全米をツアーすることが決定している。

同時発売情報
●BELLA DONNA [REMASTERD] (0081227942090)
●THE WILD HEART [DELUXE EDITION] (0081227943615)
●THE WILD HEART [REMASTERED] (0081227943615)
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KATE BUSH/BEFORE THE DAWN  | トップ | o.s.t./TRAINSPOTTING »
最近の画像もっと見る

あわせて読む