輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

ZEAL & ARDOR /DEVIL IS FINE

2017年01月25日 | Heavy metal, Hard rock
<発売日>2017/2/24

<JAN(規格番号)>0190296982552

<内 容>
悪魔こそ、我らの罪を許して下さる。 アメリカ南部の奴隷によるチャントが悪魔を召喚し、その呪詛的チャントと圧巻のブラスト・ビートが融合した時、ZEAL & ARDOR(ジール・アンド・アーダー)という誰も体験したことのない悪魔的サウンドが生まれる。 スイス系アメリカ人、Manuel Gagneuxによるプロジェクト、ZEAL & ARDORが生み落すスピリチュアル・ブラック・メタルという未体験のサウンドへ、ようこそ…。

◆スピリチュアルなアフリカン・アメリカン・ビートとブルース、そしてブラック・メタルを同居させた、得も言われぬ不気味なサウンドを作り上げる、スイス系アメリカ人Manuel Gagneuxによるプロジェクト、ZEAL & ARDORの罪深き作品『DEVIL IS FINE』が、とうとう世に放たれる事となった…!

◆タランティーノの映画に出てくるキャラクター、ジャンゴがステージ上でヤギを生け贄として捧げている間、恐るべき奴隷のチャントと背景を焼き尽くすかのようなギター・リフが周りを取り囲み、そのリズミカルなビートが悪魔召喚の調べへと転じ、その後あの不気味なまでのノルウェー・ブラック・メタルのメロディが沸き起こってくる…。そんなイメージを想像すれば、この新たなる稀有の存在、ZEAL & ARDORの放つサウンドに近づけるのかもしれない。誰もが体験したことのないサウンドが封じ込まれたこの作品は、まぎれもなく最も奇妙で、最も独特で、最も謎に満ち、そして最も素晴らしい作品だと言えるだろう。

◆悪魔的儀式や犠牲、炎や血といった典型的なブラック・メタル的要素を主題にしているものの、このZEAL & ARDORは不敬にも、鎖につながれた囚人:奴隷たちのスピリチュアルな歌声/チャントでその歌詞を語るという、あまりに罪深いサウンドを作り上げてしまった。例えて言うならば、コットン畑から生まれたブラック・メタルとでもいえばいいのか…。予想もしない音空間に魅入られてしまったら最後、その悪魔の淵から逃れることが出来ないほどの背徳的魅力に満ちたアルバムが誕生したのだ。

◆「まさかこのアルバムを大勢の人に聴いてもらえるようになるとは考えもしなかった。特に何か音楽的文脈があるわけでも、何かのジャンルに迎合するようなものでもなく、単純に私が個人的に気に入っているものに過ぎないのだから」とこの首謀者でもあるZEAL & ARDER = Manuel Gagneuxはコメントしているのだが、そのあまりに奇妙でユニークで、かつ魅力的なサウンドは、Rolling Stone誌やAlternative Press誌からも賞賛を受けるほどの出来なのだ。彼が放つサウンドが気に入った人は、この罪深きサウンド/作品に逆に魅入られた、選ばれし人達なのかもしれない…。

https://www.facebook.com/zealandardor/
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BETRAYING THE MARTYRS /THE ... | トップ | DANGERKIDS /BLACKLIST_  »
最近の画像もっと見る

Heavy metal, Hard rock」カテゴリの最新記事