輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

David Teie/Music For Cats

2016年12月28日 | 今月の推薦盤
<発売日>既発

<JAN(規格番号)>0602557138313

<内 容>
【これがミャウジック!】
・人間向けではない音楽がメジャーレコード会社から世界初発売!
・猫が好きな音楽を科学的に研究/実証して生まれた楽曲!
・世界中の大手メディアがこぞって報じて話題に!
・10月に発売されると全英チャート33位!非人間向け音楽として史上最高位!
・iTunes UKクラシックチャート1位!非人間向け音楽として史上最高位!

このアルバムは、アメリカ在住の音楽家デヴィッド・タイが作りあげました。
長年、ワシントン・ナショナル交響楽団のチェリストや指揮者、作曲家としてクラシックの分野で活動してきたデヴィッド・タイが、動物学の研究者とともに、動物の聴覚を研究し、種によって聴覚や音楽の好みが違うことを発見。まず猿が好きな音楽を作曲して実験すると、猿は人間向け音楽には全く興味示さず、デヴィッドが猿のために作った音楽に反応。これをまとめたレポートがThe New York Timesの「#1 idea of 2009」に選ばれました。

次にデヴィッドは猫を研究対象にし、猫の聴覚を学び始めました。人間は母体の中で音を知覚し、母親の声や鼓動を聴いて胎内で聴力が発達していきます(その影響で人間が一番落ち着く音楽の速さ”BPM”は母体で聞いた鼓動とスピードになっています)。猫は人間とは違い、生まれた後に初めて聴覚が成長していきます。デヴィッドはそこから猫が好きな音やメロディを研究しました。実際の実験結果では、人間用の音楽では全く反応しなかった猫たちが、デヴィッドが作った楽曲には77%が好反応を示しました。デヴィッドはこの音楽をより多くの猫にきいて欲しいという想いで、2015年にCD化の資金集めでクラウドファンディングを実施。するとワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、ガーディアン、BBCなど欧米大手メディアが取り上げ世界中で話題となり、目標金額約200万円のところに約2000万円を超える資金が集まりました。

この反響をうけてユニバーサル ミュージックが契約。2016年10月にユニバーサル ミュージックからメジャーレコード会社初となる人間以外のために作られたアルバム『ねこのための音楽 - Music For Cats』がまずイギリスで発売されました。これが再度話題となり、人間以外向けの音楽として史上最高位となるiTunesクラシックチャート1位、全英アルバムチャートでも33位を記録しました。通販サイトのカスタマーレビューでも「半信半疑で買ったんだけど、効果は凄かったよ。ウチの猫は最初は熱心に聞いていて、その後はとても落ち着いてきたんだ」や「全く信じてなかったけど、本当にうちの猫が聴いてビックリしたよ!」といった反響が寄せられています。

日本公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/musicforcats/about/

YouTube紹介動画
https://youtu.be/avTd93W63R4
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CHRISTOPHER MARTIN/BIG DEAL | トップ | o.s.t./La La Land(Score) »
最近の画像もっと見る

今月の推薦盤」カテゴリの最新記事