輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

BIG STAR / LIVE AT LAFAYETT'S MUSIC ROOM-MEMPHIS, TN

2017年12月12日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2018/1/12予定

<JAN(規格番号)> 0816651012824

<内 容>
”元祖パワー・ポップ・バンド”、ビッグ・スター。1973年5月、彼らがメンフィス・ロック・ライターズ・コンヴェンションのショウケースとしてLafayette's Music Roomで行った伝説のライヴが最新リマスター蘇る!僅か3年ほどという短い活動期間にも関わらず、後に生まれた多くのミュージシャンやバンドに影響を与えた彼らが”伝説”となった一夜を体験せよ!

■ ”元祖パワー・ポップ・バンド”、ビッグ・スター。1973年5月、彼らがメンフィス・ロック・ライターズ・コンヴェンションのショウケースとして、Lafayette's Music Roomで行った伝説のライヴが蘇る!

■ 1960年代後半にメンフィスから登場し全米チャートを暴れまわった白人ソウル・バンド「ボックス・トップス」の中核メンバーだったアレックス・チルトンと、彼の学生時代の旧友クリス・ベルを中心に結成されたビッグ・スター。チープ・トリック、R.E.M.、リプレイスメンツ、ティーンエイジ・ファンクラブなど多くのアーティストに影響を与え続けた彼らは、近年においては“元祖パワー・ポップ”バンドとしてロック史の重要バンドの一つと位置づけられている。

■ 1973年、アルバム『#1』1作をリリースしたのみ、しかもオリジナル・メンバーのクリス・ベルが脱退した後でバンドが次作をリリースするかも不確かだった状況で行ったこの晩のライヴは、しかし、その場にいたジャーナリストたちから高い評価を集め、ビッグ・スターを”伝説的存在”へと押し上げたのだった。

■ 今回リリースされる『LIVE AT LAFAYETT'S MUSIC ROOM-MEMPHIS, TN』は、その伝説の夜を収めたライヴ作品。演奏されている楽曲の中心となるのは、彼らの1stアルバム『#1』の曲だが、この他、後にセカンド・アルバム『RADIO CITY』(当時はまだレコーディングもされていなかった)に収録されることになる楽曲や、キンクスやトッド・ラングレン、ザ・フライング・ブリトー・ブラザーズやTレックスなどのカヴァーなど全20曲が収録されている。

■ ここに収録されている音源は、2009年に発表されたボックス・セット『KEEP AN EYE ON THE SKY』のディスク4に収録されていたものと同じだが、今回の発売に合わせ全曲が新たにリマスター。これまでに無い音質で復刻されている。また封入されているブックレットには、その晩の目撃者でもあり、バンドの友人でもあるバド・スコッパによる新規ライナー・ノーツを掲載している。その中でスコッパはこう綴っている:「このレコーディングは、バンドが最高に苦しい状況で目を見張るほど多才なトリオへと変貌していく様を捉えているのだ」

■ 僅か3年ほどという短い活動期間にも関わらず、後に生まれた多くのミュージシャンやバンドに影響を与えたビッグ・スター。その彼らの軌跡で重要な位置を占めるライヴを体験できる作品、それが本作『LIVE AT LAFAYETT'S MUSIC ROOM-MEMPHIS, TN』だ。

https://youtu.be/Ly4T39yQyKw

この記事をはてなブックマークに追加

Arcade Fire / The Suburbs

2017年12月12日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2018/1/5予定

<JAN(規格番号)> 0889854624828

<内 容>
アーケイド・ファイア 3rdアルバム『ザ・サバーブス』(2010年作品)再発

前作『ネオン・バイブル』と同じ布陣で約2年を費やしてレコーディングされ、『ネオン・バイブル』でエンジニアを務めたマーカス・ドラヴスが、バンドと共にプロデューサーとして名を連ねているサード・アルバム『ザ・サバーブス』は、2010年8月にオリジナル発売。全米、全英、カナダなどをはじめ世界7カ国のアルバム・チャート1位を獲得、2011年の第53回グラミー賞では“Album ofThe Year”を、Brit Awardsでは”International Album”、”International Group”の2部門を受賞、Juno Awardsでは“Album Of The Year”,“Alternative Album Of The Year“をはじめ、計4部門に渡る受賞を果たした。

同時発売情報
●Arcade Fire EP(0190758035222)
アーケイド・ファイア 『アーケイド・ファイアEP』(2005年作品) 再発
『Arcade Fire』は、2003年に自主制作盤として、ライヴ会場やバンドのウェブサイトで販売されていたが、その後リマスターが施され、アートワークも新たなものとなって2005年にMerge Recordsより発売された7曲入りEP。後にセカンド・アルバム『Neon Bible』に収められる事になる「NoCars Go」、“リフレクター・ツアー”でパフォーマンスされていた「Headlights Look Like Diamonds」など“バンド初期音源”を収録。

この記事をはてなブックマークに追加

Roxy Music / Roxy Music Super Deluxe 3CD + DVD    (限定盤)

2017年12月12日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2018/2/2

<JAN(規格番号)> 0602547343895

<内 容>
ROXY MUSIC,1972年発表の衝撃のデビュー・アルバムの発売45周年を記念してBBCセッションや未発表ライヴ、貴重なデモ音源を収めたCD、さらに1972年パリに於ける未発表ライヴ映像、オリジナル・アルバムの5.1サラウンド。サウンドなどを収録したDVDをセットにした豪華BOX SETの登場!DELUXE 2CD、ハーフ・スピード・カッティングLPも同時発売!

★CD1 リマスター版 オリジナル・アルバム(1999年リマスター) CD2 DEMO音減&アウトテイクス CD3 BBC セッションズ DVD Steven Wilson によるフル・アルバムの5.1サラウンド・リミックス、 1972年パリに於ける未発表ライヴ映像他  ★136頁豪華ハード・カヴァー本付


同時発売情報
●上記アルバムの2CD Deluxe Edition(限定盤)盤も同時発売(0602547343949 )


この記事をはてなブックマークに追加

FLEETWOOD MAC / FLEETWOOD MAC [REMASTERED]

2017年11月27日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2018/1/19予定

<JAN(規格番号)> 0081227940638

<内 容>
黄金時代は、このアルバムで幕を開けた。-そしてその輝きは加速していく…。 ロック史にその名を刻むFLEETWOOD MAC(フリートウッド・マック)。スティーヴィー・ニックス(vo)と リンジー・バッキンガム(g, vo)が加わり、彼らの黄金時代の幕開けを飾る作品となった1975年の素晴らしき名盤『ファンタスティック・マック』が、2017リマスター・エディションとなって甦る…!

◆1968年のデビュー以降17枚のスタジオ・アルバムや数々のコンピレーション・アルバム、ライヴ・アルバムなど数多くの大ヒット作品を生み出し、ロック史にその名を刻む重要アクト、FLEETWOOD MAC。現在までに実に1億枚を超える累計アルバム・セールスを記録し、世界で最も売れたバンドとしてその名を歴史に刻む彼らは、「音楽に多大なる貢献を果たしたバンド」としてBrit Awardで称えられ、またロックの殿堂入りを果たすまさに「伝説」のロック・バンドだ。

◆彼らにとってまさに「黄金時代の幕開け」となる重要な作品にして、ロック史に燦然と輝くクラシック・アルバムとして知られる1975年の作品『ファンタスティック・マック(原題: FLEETWOOD MAC)』が、2017リマスター・エディションとなって今蘇る事となった…!

◆1974年、ミック・フリートウッド(d)、ジョン・マクヴィー(b)そしてクリスティン・マクヴィー(vo, k)というラインナップに、新たにスティーヴィー・ニックス(vo)とリンジー・バッキンガム(g, vo)が加入したことで新生フリートウッド・マックとして生まれ変わった彼らは、1968年に発表したバンドとしてのデビュー作『FLEETWOOD MAC(邦題:ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック)』に続き再び自らのバンド名をタイトルに冠したアルバム『FLEETWOOD MAC(邦題:ファンタスティック・マック)』を発表。クリスティンとリンジー、そしてスティーヴィーの歌声がそれぞれの魅力を持つこの作品は、「リアノン」や「オーヴァー・マイ・ヘッド」「セイ・ユー・ラヴ・ミー」「ランドスライド」といったヒット曲を生み出し、発売後じわじわと売れ続け、発売後一年以上たって全米No. 1を獲得、TOP 100に一年以上チャート・インし続けたアルバムとなった。全米だけで500万枚のセールスを記録、これから続くFLEETWOOD MAC黄金期の幕開けとなったこのアルバムは、彼らにとっても、そしてロック史においても、非常に重要な作品なのだ。

◆このリイシューは、最新リマスターを施したオリジナル・アルバムに加え、レア楽曲や未発表スタジオ音源、未発表ライヴ音源を多数収録した2枚のボーナス・ディスクを付け、さらにアルバムの5.1chステレオ音源を収録したDVD、そしてアナログ盤を付けた3CD/DVD/LPからなるデラックス・エディション、2枚組CDとなるエクスパンデッド・エディション、そしてオリジナル・アルバムの最新リマスターを収録した2017リマスタード・エディションの合計3形態での発売となる。

◆こちらは、最新リマスターを施したオリジナル・アルバム収録曲に加え、4曲のシングル・ヴァージョンを追加収録した全15曲を収録したCD1枚からなる2017リマスター・エディション。




同時発売情報
●上記アルバムの[EXPANDED EDITION盤も同時発売(0081227940669)
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売(0081227940768)3CD+DVD+LP

この記事をはてなブックマークに追加

The KVB / Always Then

2017年11月27日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/12/15

<JAN(規格番号)> 5051083123921

<内 容>
★ポーティスヘッド/ビーク>のジェフ・バーロウがイチオシするサイケ・シューゲイズ・デュオのデビュー盤が完全リマスター&ボーナストラックを追加収録し嬉しいリイシュー!

ポーティスヘッド/ビーク>のジェフ・バーロウがイチオシする英サイケ・シューゲイズ・デュオ、The KVB(ザ・ケー・ヴィー・ビー)が、グラスゴーのアヴァンギャルド系レーベル<Clan Destine Records>から2012年に限定アナログ盤としてリリースしたデビュー・アルバム『オールウェイズ・ゼン』が、発売5周年記念盤として完全リマスタリングされ、更にボーナストラックを4曲収録しCDでリイシューされる。
本作は2011年にニコラス所有のFOSTEXのテープレコーダーで録音され、その後キャットと共にバンドを結成し発表された。
ジャケット・アートワークも元々友人でミュージシャンとしても活動するエラ・オーリンズによって撮影されたメキシコシティのビルから、バンド自身で撮影した同じ構図のものに更新されている。リマスタリングはブリストルにあるインヴェーダー・スタジオにて行われ、サイケ、ダーク・ポップ、アヴァンギャルドなサウンドが更に研ぎ澄まされている。

■バイオグラフィー:
ニコラス・ウッドとキャット・デイからなる、男女デュオ。ニコラスのベッドルームで、ミニマルなシューゲイズ/エレクトロ・サウンドを実験しながらスタートした。2010年にキャット・デイと共に楽曲制作をはじめバンドを結成。2012年にグラスゴーのアヴァンギャルド系レーベル<Clan Destine Records>からデビュー・アルバム『オールウェイズ・ゼン』をリリース。2014年に『Out of Body EP』をリリース。2015年に『ミラー・ビーイング』をポーティスヘッドのジェフ・バーロウ主宰レーベル<Invada Records>よりリリース。2016年には実験的でよりエレクトロニックなサウンドとなった4作目『オブ・デザイア』をリリース。

■「Here It Comes (2017 Version)」、「Hands (2017 Version)」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/invadauk/sets/the-kvb-always-then-revisited-premiere

この記事をはてなブックマークに追加

The Fall / The Fontana Years    (6CD)

2017年11月27日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 入荷次第

<JAN(規格番号)> 0602557426922

<内 容>
★The Fall:
1976年マンチェスターで結成されたポスト・パンク・バンド。ボーカルのマーク・E・スミスを中心とし、1976年の結成から現在まで、幾度のメンバーチェンジを経ながら、30年以上のキャリアを誇る。現在では31枚のスタジオアルバムを発表している。単純明快で即効性のあるギター・リフとベース・ラインが交錯するサウンドに乗せ、社会・政治・音楽業界を鋭く風刺、批判した歌詞を吐き散らすスタイルを持つ。ソニック・ユースやペイヴメントといったアメリカ合衆国のオルタナティブ・ロックバンドへの影響は計り知れず、またレディオヘッドのトム・ヨークもフェイバリット・バンドのひとつに挙げている。

★CD6枚組セット。1990年~1992年にレコーディングされたフォンタナ時代の3枚のアルバム、『Extricate』『Shift-Work』『Code: Selfish.』を収録。さらに各々のアルバムにB-Side,リミックス、BBCセッションの音源等をボーナス・トラックとして収録。(2007年にリリースされたデラックス・リイシューに収録されていた音源)。 Daryl Easleaのライナーノーツ

この記事をはてなブックマークに追加

MARILLION / MISPLACED CHILDHOOD (2017 REMASTER)

2017年11月17日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/12/8予定

<JAN(規格番号)> 0190295825539

<内 容>
今年10月に待望の来日公演を果たした、英国のいぶし銀プログレッシヴ・ロック・バンド、マリリオン。80年代ネオ・プログレッシヴ・ロックを代表する名盤『MISPLACED CHILDHOOD/過ちの記憶』が2017年最新リマスター音源で蘇る!

■ 英国のいぶし銀プログレッシヴ・ロック・バンド、マリリオン。現在も精力的にアルバムをリリースし、ツアーを行っている彼らが2017年10月、約23年振りとなる来日公演を実現させたことも記憶に新しい。ネオ・プログレッシヴ・ロック・シーンの代表格的存在として35年以上に亘り最前線に立ち続けている彼らの代表作の1つが、今年発売されたDELUXE EDITIONに続き、2017年最新リマスター音源の1枚組としても発売となる。

■ 1985年に発売された『MISPLACED CHILDHOOD/過ち色の記憶』は、マリリオンにとって通算3作目のスタジオ・アルバム。その年の春にドイツはベルリンのハンサ・トンスタジオでレコーディングされた本作は、コンセプト・アルバムであり、ヘルマン・ヘッセの小説『デミアン』に影響を受け、初代フロントマン、フィッシュの子供時代の経験も反映された部分があるという。プロデュースを手掛けたのは、ローリング・ストーンやピーター・フランプトンなどとの仕事で知られるクリス・キムゼイ。アルバムからは、「Kayleigh」(全英2位)、「Lavender」(全英5位)、「Heart Of Lothian」(全英29位)のヒット・シングルが生まれ、本作はマリリオンにとって初の全英1位アルバムとなり、41週連続チャートインを記録した。また全米アルバム・チャートでもバンド史上最高となるTOP50入りを果たし、文字通り彼らにとっての出世作となった。

■ その『MISPLACED CHILDHOOD/過ち色の記憶』が発売から30年を経て、2017年最新リマスターのオリジナル・アルバムで登場!フィッシュ時代のマリリオンの一つの頂点であり、80年代ネオ・プログレッシヴ・ロックを代表する1枚でもある『MISPLACED CHILDHOOD/過ち色の記憶』が新たな音像で蘇る!

http://www.marillion.com/

この記事をはてなブックマークに追加

Nine Inch Nails / Not The Actual Events CD EP (限定盤)

2017年11月17日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 入荷次第

<JAN(規格番号)> 0602557534320

<内 容>
★ 2016年発表のEP CD.  US Top Rock Albums (Billboard)で4位を記録。

この記事をはてなブックマークに追加

2Pac / STRICTLY 4 MY N.I.G.

2017年11月17日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 入荷次第

<JAN(規格番号)> 0012414163424

<内 容>
☆2PACの伝記映画『All Eyez On Me』の12月,日本公開に合わせオリジナル・アルバムのご案内!                                                        
★1996年9月、凶弾に倒れ25歳の若さでこの世を去った2PAC。アルバム総売上枚数7,500万枚を超え、この世を去った後も未発表曲でアルバムが幾つもリリースされ全てが大ヒット。エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーが惜しみないリスペクトをし続けるなど、いまだその人気は衰えを知らない。そして今年、2PACがジャネット・ジャクソン、チャカ・カーン等を抑えてロックの殿堂入り。死してなおも世界中のアーティストや音楽ファンを魅了し続けている。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。

同時発売情報 再発
●Thug Life: Volume I(0012414163523)
●Me Against The World(0012414163622)
●RESURRECTION (Music From And Inspired By The Motion Picture)(0602498611593)
●R U Still Down? (Remember Me)(0012414162823)
●Still I Rise(0606949041328)

この記事をはてなブックマークに追加

Michel Polnareff / Pop rock en stock

2017年11月14日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/12/8

<JAN(規格番号)> 0600753780251

<内 容>
●ミッシェル・ポルナレフ の51年に及ぶキャリアの集大成!決定的な23枚組CDセットの登場!
デビュー51年の総決算! ほぼすべてのスタジオ録音と未発表音源を含む全430曲を収録。
CD23枚組、全48ページのブックレット(未発表写真入り)付。
デビュー(1966年)からカマ・スートラ(1990年)までの全スタジオ録音※、未発表ライブ、映画音楽、各国現地語仕様曲、レアトラック、プロデュース作とポルナレフの全活動を総括した内容。未発表音源多数収録!

スタジオ録音におけるポルナレフ:CD 1, 3, 4, 9, 12, 13, 14, 15
7インチ・シングル曲、スタジオ録音による全アルバム10作。
ステージにおけるポルナレフ:CD 2, 6, 7, 8, 10, 11, 13, 16, 18,19, 20, 21
伝説的コンサートを含むキャリアに沿ったコンサート記録を惜しげもなく、収録。
1967年 ローザンヌ・パレ・ド・ボーリュー劇場(初出)、パリ・オランピア劇場(初出)
1972年 パリ・オランピア(日本発CD化)、東京厚生年金会館ホール(初CD化)
1973年 パリ・オランピア(初出)
1982年 ブリュッセルTVショウ(世界発CD化)
1995年 ライブ・アット・ロキシー
2007年 パリ・ベルシー公演
2016年 パリ・オランピア公演
映画音楽におけるポルナレフ:CD 4, 5, 12, 14
『哀しみの終わるとき(1971年公開)』『大乱戦(1971年公開)』『三銃士(1974年公開)』『リップスティック(1976年公開)』『羽根の生えた蛇の逆襲(1984年公開、日本未公開)』のサントラ盤。※三銃士が初CD化。
各国現地語で歌うポルナレフ:CD 22
英語(2曲)、ドイツ語(6曲)、スペイン語(4曲)、イタリア語(10曲)で歌う7インチシングルより構成される全22曲を収録。
レアトラック・プロデュース作品:CD17, 23
1977年以降のシングル曲やリミックス曲(5曲が初CD化)と1968年発売予定だった未発表曲、ならびに1980年プロデュース作(初CD化)他で構成。

●セット内容
CD 1:1966年から1967年までの7インチ盤(EP/SP)リリース曲(デビューアルバムを含む)全曲
CD 2:スイス・ローザンヌ(1967年4月6日)とパリ・オランピア(1967年10月8日)のコンサートを収録。前者がラジオ・スイス、後者がラジォ・ユーロップ1で当時放送された音源より収録(初出)。
CD 3:1968年から1970年までの7インチ盤(EP/SP)リリース曲(セカンドアルバムを含む)全曲。 ※1曲除く
CD 4:3rd アルバム『POLNAREFF’S(1971年)』、1972年リリースシングル曲(6曲)、『哀しみの終わるとき(1971年)』サントラ(9曲、内3曲が別バージョン・未発表曲)を収録。
CD 5:『大乱戦』『三銃士』のサントラ盤。前者はボーナストラック4曲収録。後者は10曲が初CD化。
CD 6:『POLNARÉVOLUTION(邦題:熱狂のオランピア、1972年リリース)』1971年10月、パリ・オランピア劇場での実況録音。日本では未CD化。
CD 7:日本のみでリリースされた『ポルナレフ・ア・トーキョー』の初オフィシャル・リリース。初来日の1972年11月20日収録(東京厚生年金会館大ホール)。
CD 8:1973年4月1日のパリ・オランピア劇場での実況録音。初オフィシャル・リリース。
CD 9:『POLNARÊVE(邦題:ポルナレフ革命、1974年リリース)』『Fame À La Mode(邦題:ポルナレフUSA、1975年リリース)』いずれもオリジナル・スタジオ録音盤を収録。
CD10, 11:1974年渡米後、初の欧州公演。1975年10月26日、ブリュッセル。ナショナル・フォレストでの収録音源。機材到着が遅れるなどのトラブルがあったが、デビッド・フォスター、リー・リトナーらがバックを務めた伝説のコンサートの一つ。RTL実況放送より、初リリース音源。
CD12:『リップスティック(1976年リリース)』『COUCOU ME REVOILOU(邦題:美しきロマンの復活、1978年リリース)』、1977シングル曲(B面曲が初CD化)を収録。
CD13:『BULLES(邦題:シャボンの中の青い恋、1981年リリース)』『Show Tele 82/Public(1982年リリース)』を収録。後者は、ベルギーTV局でのライブ録音で、初CD化(日本では未発売)。
CD14:『羽根の生えた蛇の逆襲(1984年リリース、日本未公開映画サントラ盤)』『Incognito(邦題:アンコグニート、1985年リリース)』を収録。前者は初CD化。
CD15:『KÂMA-SÛTRA(邦題:カーマ・スートラ、1990年リリース)』最新のスタジオ録音。4曲のボーナストラック(初CD化)を収録。
CD16:『ライブ・アット・ロキシー(1996年リリース)』1995年9月27日、ロス・アンジェルス・ロキシー劇場でのライブ収録。
CD17:1990年以降のシングルおよびリミックス音源を収録。5曲が初CD化。
CD18,19:『ZE [RE] TOUR 2007(2007年リリース)』フランスでの34年ぶりの公演を収録。2007年3月、7月の公演からセットリストに準じてリリース。
CD20, 21:『A L'Olympia 2016(2016年リリース)』伝説のオランピア公演から43年ぶりに立ったステージを完全収録。7月3日パリ祭当日に演奏されたスペシャルセットリストとなっている。
CD22:デビュー初期におけるイギリス・ドイツ・スペインでの現地語によるシングル・リリースを収録。全22曲は初CD。
CD23:1968年のリリース予定だったマスターテープからの発掘音源(デモ曲を含む)とマイケル・コロンビエ『MÉNAGE À TROIS(1980年リリース)』を収録。後者はマックス・フラッシュという偽名を使ってプロデュースした作品(初CD化)。


この記事をはてなブックマークに追加

AMERICA / HERITAGE: HOME RECORDINGS/DEMO 1970-1973

2017年11月14日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/12/1予定

<JAN(規格番号)> 0816651013111

<内 容>
70年代に数々の大ヒットを放った不滅のハーモニーを響かせるAMERICA(アメリカ)。年月を経てもなお変わらぬ輝きを放つ彼らのサウンドの原点を聴かせてくれる、貴重な音源集が登場! バンド結成初期のデモ音源や未発表音源をコンパイルした、まるでパーソナルなポートレイトのような作品。

◆全米No. 1シングルとなった「名前のない馬」を筆頭に「ヴェンチュラ・ハイウェイ」や「金色の神の少女」といったヒット曲を発表してきた、アメリカのフォーク・ロック/ソフト・ロックの代名詞とも言われる3人組、AMERICA。さわやかなハーモニーとアコースティック・サウンドが見事にコラボレーションするその彼らのサウンドは、今もなお変わらぬ輝きを持ち、変わらぬさわやかな風を届けてくれている。

◆1971年にデビューを飾り、72年に全米ナンバー・ワンを記録したシングル「名前のない馬」で一気に注目を集めることとなった彼らだが、今回、バンド初期の貴重なデモ音源や未発表音源を包括的にコンパイルした企画アルバム『HERITAGE: HOME RECORDINGS/DEMOS 1970-1973』がリリースされることとなった。

◆ジェリー・ベックリー、デューイ・バネル、ダン・ピークの3人によりロンドンで結成され、1971年にデビュー。3人とも父親はロンドンに駐留するアメリカの軍人であり、アメリカン・スクールでの仲間だった。デビュー・アルバム「アメリカ」の売れ行きはさほどではなかったが、翌1972年に発表したシングル「名前のない馬」が期せずして全米1位の大ヒットを記録、急遽この曲を追加収録してアルバムを再発したところ、ミリオン・セラーを記録、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞した。同年にロサンゼルスに活動拠点を移す。さわやかなコーラスを生かした素朴なサウンドは、当時すでに人気を確立していたクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングと比較されることが多かった。ダン・ピークは1977年に脱退、2011年に死去している。

◆デューイとジェリーという二人の創立メンバーの協力のもと、10曲の未発表音源を含む貴重な音源ばかりを収録したこの『HERITAGE』は、非常に大きな成功を収めたトリオ編成の彼らの持つ核の部分とも言える音楽性を感じさせてくれる作品となっている。デビュー・アルバムのレコーディングの前にロンドン郊外にあるChalk Hill Farm Studiosでレコーディングされていた初期デモ音源や、ウェスト・ハリウッドにあるジェリーのホーム・スタジオでもあるBuzz Studiosでレコーディングされていた未発表楽曲のデモ音源、そしてLAにあるRecord Plant Westでレコーディングされていた、彼らの代表曲とも言える「ヴェンチュラ・ハイウェイ」のアーリー・テイク・ヴァージョンなど、まさに「HERITAGE(遺産)」とも言うべき貴重な音源がたっぷりと収録されているのだ。

◆また、今作にはシークレット・トラックとして、彼らの全米No. 1ヒット・シングル、「名前のない馬」のアカペラ・ヴァージョンが追加収録されている。


http://www.youtube.com/americaband

この記事をはてなブックマークに追加

THE SEARCHERS / ANOTHER NIGHT: THE SIRE RECORDINGS 1979-1981

2017年11月14日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/12/8予定

<JAN(規格番号)> 0816651012732

<内 容>
マージ・ビートからパワー・ポップへ。 ブリティッシュ・インヴェイジョンだけじゃなかった、リヴァプールのザ・サーチャーズ。 良質なパワー・ポップを数々生み出していた彼らのSIRE時代が今、明らかになる!

■ 1960年代、ブリティッシュ・インヴェイジョンの時代にザ・ビートルズらと共にリヴァプールから飛び出した4人組、ザ・サーチャーズ。1963年から1966年の間、「Needles And Pins」、「Sweets For My Sweet」、「Don't Throw Our Love Away」の3曲のNo.1シングルを含む、11曲の全英TOP40ヒットを放った。またアメリカでも、「Love Potion No.9」のカヴァーが3位を記録。合計8曲の全米TOP40ヒットをチャートに送り出した。

■ 70年代に入ると、彼らの名前をチャートで見かけることは少なくなったが、ザ・サーチャーズはその後もライヴを中心に活動をつづけ、自分たちのハーモニー・ポップ・サウンドに磨きをかけていった。そして1978年、彼らのライヴを観たシーモア・スタインは、ラモーンズやトーキング・ヘッズなどを擁する自身のレーベル、SIRE RECORDSとのオファーを提示したのであった。

■ そして1979年、ザ・サーチャーズはSIRE移籍第一弾となるセルフ・タイトル・アルバムをリリースする。オリジナル曲に加え、トム・ペティ、ザ・レコーズ、ボブ・ディランなどのカヴァーを収録した、本アルバムのプロデューサーを務めたのは、ビー・パップ・デラックス、ドクター・フィールグッドなどを手掛けたパット・モラン。さらに1981年には『LOVE'S MELODIES』をリリース。ちなみにこちらにはオリジナルの他、ビッグ・スターやジョン・フォガティのカヴァーで構成されている。60年代はマージー・ビートの本流を行くサウンドだった彼らだったが、SIRE時代は、持ち前のハーモニーを生かした、モダンなパワー・ポップ・サウンドへと変化している。

■ 今回リリースされる2枚組『ANOTHER NIGHT: THE SIRE RECORDINGS 1979-1981』は、そのザ・サーチャーズの短くも濃かったSIRE時代に焦点を当てたコレクション。この時代、リリースされたスタジオ・アルバムは2枚だけだが、実際には幾度も再発されており、アルバムのトラックリスティング違いやミックス違い、シングルのB面曲など音源は多数存在する。今回発売される2枚組は、ある意味“とっちらかっていた”彼らのSIRE時代の音源を整理し、一つにまとめたもの。所謂、彼らの”SIRE時代の決定盤”的作品である。

■ DISC1には、SIRE第一弾の『THE SEARCHERS』の収録曲と、アルバム収録曲の別ミックス・ヴァージョンを3曲、ボーナス・トラックとして収録。DISC2には、続いてリリースされた『LOVE'S MELODIES』の収録曲と、アルバム未収録曲、シングルB面曲、そして未発表曲であるジョン・ハイアットの「Ambulance Chaser」など4曲をボーナス・トラックとして収録している。さらにブックレットには、アルバムの別ジャケット・デザインに加え、オリジナル・メンバーのジョン・マクナリーと1964年から在籍しているフランク・アレンのインタビューを交えたライナー・ノーツも掲載される予定である。

■ マージ・ビートからパワー・ポップへ。ブリティッシュ・インヴェイジョンで終わることがなかったザ・サーチャーズのSIRE時代。長年入手困難となっていた貴重な音源が今再び、全ポップ・ファンの元へ届けられる!!

トレイラー映像:https://youtu.be/blIkLFFI888

この記事をはてなブックマークに追加

WILCO / A.M.: DELUXE EDITION

2017年11月14日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/12/1予定

<JAN(規格番号)> 0081227932916

<内 容>
USインディ・ロックの代表格WILCO、歴史に名を刻むその輝かしい軌跡は、ここから始まった…。 20年以上にわたり素晴らしい作品を発表し続け、魂を揺さぶるライヴ・パフォーマンスでファンを魅了し続ける彼らの音楽的探究の出発点となった作品が、最新リマスターを施したデラックス・エディションとなって登場! こちらは1995年のデビュー作『A.M.』に多数のボーナス・トラックを追加収録した『A.M.: DELUXE EDITION』。

◆トラディショナルなアメリカ音楽とギター・ロックをベースに、各メンバーの超絶テクニックから生み出される圧倒的な音楽性と存在感を誇るアメリカの国民的ロック・バンド、WILCO。95年のデビュー以降数々の名作を発表し続け、その魂を揺さぶるライヴ・パフォーマンスでファンを魅了する、グラミー賞受賞アーティストにして、USインディ・ロックの代表的バンドとして絶大な支持を得る彼らの初期作品、1995年のデビュー・アルバム『A.M.』と1996年のセカンド・アルバム『BEING THERE』が、ここにデラックス・エディションとなって生まれ変わる!

◆1994年、シーンに大きな影響を与えたオルタナティヴ・カントリー・ロック・アクト、UNCLE TUPELOからヴォーカリストのJay Farrarが脱退したことにより活動を休止する。その後、Jeff Tweedyが中心となり、John Stirratt(b)やKen Coomer(dr)といった残ったメンバーで新たな道を進むべく始動させたのが、このWILCOだ。彼らはUNCLE TUPELO解散後休むことなくレコーディングを開始し、翌95年にWILCOとしてのデビュー・アルバム『A.M.』を発表した。

◆今回発表される『A.M.: DELUXE EDITION』は、「Casino Queen」や「Passenger Side」といったファンからの人気の高い楽曲を収録するこの記念すべきデビュー・アルバムに最新リマスターを施し、さらに8曲の未発表音源を追加収録した、全21曲入りのCDとなっている。ボーナス・トラックとして、彼らのセカンド・アルバムに収録される「Outtasite (Outta Mind)」のアーリー・ヴァージョンや、UNCLE TUPELOとして最後にレコーディングしていた「When You Find Trouble」といった貴重な音源が収録されている。

◆アルバムに掲載されているライナーノーツで、Jeff Tweedyと共に現在もWILCOのメンバーとして活動するJohn Stirrattはこうコメントを残している:
「15年か20年後に改めてこのアルバムを聴いてみると、20代の頃のあの自信に溢れていながらも統制をとりきれていないバンドだったことが見えてくるね。純粋さと信念とが入り混じったあの奇妙な感覚…、この頃のアルバムはそんな感じかな。当時はバンドというよりは、ただ集まって騒音をかき鳴らそうとしていただけのような気もする」

◆『A.M.: DELUXE EDITION』は、8曲の未発表音源を追加した1CDと、CDと同内容の収録曲を2枚の180グラム重量盤アナログに収録した2枚組アナログ盤という2形態でのリリース。

http://www.facebook.com/wilcohq


同時発売情報
●BEING THERE: DELUXE EDITION(0081227943493)

この記事をはてなブックマークに追加

Massive Attack / The Spoils

2017年11月14日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/11/24

<JAN(規格番号)> 0602567146254

<内 容>
★マッシヴ・アタック来日記念!                                                               
★2016年にアナログ盤でリリースされた最新EP2タイトルがCDでリリース!
                                                                                             
■Massive Attack:イングランド西部港湾都市ブリストルで、80年代初めワイルド・バンチという前身が結成。 メンバーは、ダディーGことグラント・マーシャル、マイロ、今や大物プロデューサーのネリー・フーパーを中心に、グラフィティの才能を発揮していた3D、マッシュルームことアンドリュー・ヴォウルズらがいた。 その後、ダディーG、3D、マッシュルームはマッシヴ・アタックを結成し、ヴァージンと契約。歴史的デビュー・アルバム『ブルー・ラインズ』を1991年にリリース。その後も『プロテクション』、『メザニーン』(リリース後、マッシュルームが脱退)、『100th WINDOW』と驚異的大ヒット・アルバムを立て続けに発表。2作連続UKアルバム・セールス・チャート1位という快挙を果たし、名実共に90年代を代表するバンドと成長する。”トリップ・ホップ”というジャンルを定着させることにも成功し、世界ツアーへも幾度と出掛け確実にファンを増殖させていく。2006年には初のベスト・アルバム『コレクテッド』、2010年には約7年ぶりとなる新作『ヘリゴランド』を発表し、フジロックフェスティバルにヘッドライナーとして来日した。
■本作:2016年に配信とアナログでリリースされた『Ritual Spirit』に続く最新EPのCD                                                                    
■収録曲「The Spoils (feat. Hope Sandoval) 」のビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=8r31DFrFs5A



同時発売情報
●Ritual Spirit(0602567146261)
■本作:2015年に配信、2016年にアナログでリリースされた『ヘリゴランド』以来となる新曲入りEPのCD                                                                  
■収録曲「Take It There (Massive Attack, Tricky & 3D)」のビデオ:
https://www.youtube.com/watch?v=hWSt_q7M3zI
                                                                                 

この記事をはてなブックマークに追加

Roni Size / Reprazent / New Forms 4CD (限定盤)

2017年10月30日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日> 2017/11/10

<JAN(規格番号)> 0602557737127

<内 容>
★1997年発表のRoni Size / Reprazentの名盤New Formsの発売20周年を記念した限定4CDBOX、限定2LPが登場!


Disc1&Disc2 オリジナル2CDアルバムのリマスター版
Disc3 当時ほとんどがアナログ盤でしかリリースされていなかったRemixes
Disc4 New Form 20周年記念ライヴ

この記事をはてなブックマークに追加