輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

LITTLE DRAGON /SEASON HIGH

2017年03月30日 | Swedish
<発売日>2017/4/14

<JAN(規格番号)>0190295826666

<内 容>
ミニマルなビートと空間を感じさせるエレクトロ・サウンド、そこにヨーロピアン・ソウル/R&Bのフレイヴァーを持つ極上の歌声が折り重なる時、官能的かつ瞑想的なサウンドスケープが生まれる…。 日系スウェーデン人、YUKIMI NAGANOをフロントに擁するスウェーデン出身のエレクトロ・ポップ・アクト、LITTLE DRAGONが前作より約3年振りとなる最新作を完成させた。

◆ミニマルなビートに乗せたエレクトロニック・ポップ・サウンドと、音楽界の才人達を魅了するエモーショナルな歌声…、その独自の音楽性と世界観は、全ての音楽ファンを虜にする求心力を持つ。日系スウェーデン人、YUKIMI NAGANOをフロントに擁する、スウェーデンが生んだハイセンス・エレクトロ・アクト: LITTLE DRAGONが、2014年に発表したグラミー賞ノミネート作品でもある『NABUMA RUBBERBAND』に続く通算5作目となる最新作『SEASON HIGH』を完成させた!

◆エレクトロR&B、クラブ・ジャズ、ミニマム・ポップ…、時にビョークを思わせるその知的で洗練されたサウンド・スタイルと、R&Bをベースにした魅力的なヴォーカル・ワークで、ヨーロッパ/アメリカで今大きな注目を集めるこのLITTLE DRAGONは、その類まれなるサウンド・センスと、洗練されたスタイリッシュなYUKIMI NAGANOの歌声で、クラブ・カルチャーを中心に人気を博してきた。

◆前作でより大きなシーンから注目を集める存在となった彼女たちが、前作約3年振りとなる最新作を完成させた。今作はプロデューサーにARCTIC MONKEYSやFOALSなどを手掛けるJames Ford、そしてCHARLIE XCXやLANA DEL RAYとの仕事でも知られるPatrik Bergerを迎えて制作されている。彼女達特有のサウンドとも言える、ミニマルなビートと空間を利用した広がりのあるサウンドスケープがより鮮明に打ち出され、そこに数々の音楽的才人を魅了し続けるYUKIMIのソウルフルなヴォーカルがより大きな存在感と共に響く、極上のエレクトロ・アルバムが登場するのだ。

◆フロントを務めるYUKIMI NAGANOが持つその独特で魅力的な声は数々の大物アーティストにも注目されており、ホセ・ゴンザレスのライヴに参加したり、デーモン・アルバーンのプロジェクト、GORILLAZのアルバム『PLASTIC BEACH』にもヴォーカリストとして参加した他、SBTRKTのデビュー・アルバムや、ラファエル・サディークのアルバム、そしてDJシャドウの作品にも参加している。ユキミの歌声だけでなく、LITTLE DRAGONのスタイルに強く魅かれたデーモン・アルバーンは、GORILLAZのアリーナ・ツアーのサポートに彼女たちを抜擢したほどだ。

◆ポスト80'sなシンセティック・ソウル・クラブ・サウンドとソウルフルなヴォーカル・ワークが絶妙のバランスで折り重なることで生まれる、コンテンポラリーR&B的でありながら現在のクラブ・シーンのダンスフロアをも飲み込むほどのエモーショナルさは、この4人のアーティストとしての力量を見せつけてくれている。

https://www.facebook.com/littledragonpage/

この記事をはてなブックマークに追加

GOOD HARVEST /IN A LIFE AND PLACE LIKE THIS

2017年03月10日 | Swedish
<発売日>2017/3/31

<JAN(規格番号)>7320470210017

<内 容>
北欧から舞い降りた、透き通った結晶のようなハーモニー。清らかに美しく、エモーショナルで繊細。 女性アコースティック・デュオ、GOOD HARVEST(グッド・ハーヴェスト)がデビュー・アルバムを胸に、スウエーデンから世界へと軽やかにその歌声を届ける。

■ 清らかに美しく、エモーショナルで繊細。 女性アコースティック・デュオ、GOOD HARVESTの音楽を説明する時、この表現がぴったりと来るだろう。自らを“音楽的双子”と呼ぶ、Hanna EnlofとYlva Erikssonからなる二人組は、まだ活動して2年と少しとキャリアはまだ浅いが、地元スウエーデンや北欧を中心に、熱心なファンの輪を広げている。

■ 2014年にEP『BOTTOM DOLLAR』をリリースした彼女たち。その音楽スタイルは、サイモン&ガーファンクルにニック・ドレイクのハーモニーを加え、ギリアン・ウェルチの強いアプローチと語り口を取り入れたようなサウンドである。アコースティック・ギターに載せた、清涼感溢れる二人の透き通ったハーモニーは、聴くものの心にすうっと浸み込み、優しく包み込む。

■ その歌声は、人々の心を捉え、スウエーデン国王の前でライヴを行ったこともあるほど。また母国スウェーデンのラジオ局への出演や全国ツアーも幾度も行い、スウェーデンの音楽賞Dalecarlia Music Awardsでは新人賞も受賞した。そして今、その歌声は、北欧の地から世界へと広がりつつある。アメリカはテキサス州、オースティンのサウス・バイ・サウスウエストに出演を果たしたほか、この夏には、アメリカの大御所シンガーソングライター/俳優、クリス・クリストファーソンのスウェーデン・ツアーのオープニングを務めることも決まっている。

■ これまでもYouTubeに投稿した映像やライヴでは、ボブ・ディランやコールドプレイのカヴァーを披露してきた彼女たち。このデビュー・アルバムでもジョニ・ミッチェルの「Woodstock」のカヴァーを聴かせてくれる。

■ 待望のデビュー・アルバム『IN A LIFE AND PLACE LIKE THIS』と一緒に、GOOD HARVESTの二人は、その美しく繊細で優しいフォーキーな歌声を風のように北欧から届けてくれるのだ。

https://www.youtube.com/user/goodharvestmusic


この記事をはてなブックマークに追加

Johnossi/Blood Jungle

2017年01月25日 | Swedish
<発売日>2017/2/17

<JAN(規格番号)>0602557177466

<内 容>
★スウェーデン出身のロック・デュオ”Johnossi(ヨノッシー)"のニュー・アルバム!                              
■Johnossi:スウェーデン出身のJohn Engelbert (vo, g)と Oskar "Ossi" Bonde (drs, per, vo)により結成されたギター・サウンドが特徴的なロック・デュオ。2006年にデビュー・アルバム『Johnossi』をリリース。それ以来これまでに、『All They Ever Wanted』(2008)、『Mavericks』(2010)、『Transitions』(2013)とコンスタントにアルバムをリリースしており、直近の2作はスウェーデンのアルバム・チャートでTOP5入りを果たしている。
■本作:最新スタジオ・アルバム。                                                                                               
■収録曲「Air Is Free」のMV:https://www.youtube.com/watch?v=rQDTG-caCOs
                                            

この記事をはてなブックマークに追加

Peter Bjorn And John/Breakin' Point

2016年04月16日 | Swedish
発売日:2016/6/10 

JAN: 5060454942344 

内容:
★ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン、5年振り7作目の新作『ブレイキン・ポイント』をリリース!
★アデル、カニエ・ウェスト、フローレンス・アンド・ザ・マシーンなどのプロデューサー陣が集結した、過去最高のスウィーディッシュ・ポップ・アルバムが完成!

2006年にリリースされたサード・アルバムからの先行シングル「ヤング・フォークス」(通称口笛ソング)が大ヒットしたことでお馴染みの、スウェーデン出身3人組インディ・ ポップ・バンド、ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン。そんな彼らの7作目となるニュー・アルバム『ブレイキン・ポイント』が遂にリリース!

前作『ギミ・サム』から5年振りとなる今作では数々の名立たるプロデューサー陣が集結している。その一部を挙げると、パトリック・バーガー( アイコナ・ポップ、ロビン)、ポール・エプワース(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、U2、ポール・マッカートニー)、グレッグ・カースティン(アデル、シーア)、エミール・ヘイニー(FKAツイッグス、ラナ・デル・レイ、カニエ・ウェスト)、 ポンタス・ウィンバーグ(マイク・スノウ)、そしてトム・モナハン(ワイルド・ナッシング、デヴェンドラ・バンハート)。
これらの人材の起用についてメンバーのビヨーンは、「家族以外の人間を夕食に招くと、行儀よくなるだろう? ただ、誰でも良かったわけじゃないんだ。彼らの仕事をすごく尊敬しているから、一緒に今の時代に合ったポップ・ミュージックを作りたかった。最初は怖かったけど、くよくよするのはやめて目標を目指すことを学んだんだよ」と語っている。

そんなビヨーンはここ何年かでクリッシー・ハインド、サンティゴールド、ハイム、アーハなどの作品のプロデュースやソング・ライティングに携わってきた。そして、それらの作品のレコーディング場としても使われた、もともとアバも愛用していたイングリッド・スタジオで今作も制作された。

5年間の制作期間を経て誕生した新作だが、ここまでの道のりは一筋縄ではいかなかった よう。それについてバンドからは次のコメントが届いている。「友人たちとスタジオに入って制作を始めたんだけど、なかなか意見が一致しなくて険悪なムードになってしまったんだ。まさに忍耐の“ブレイキン・ポイント”(限界点)に達してしまって、でもそれでかえって物事がうまくいくようになったんだ。今となってはみんな大親友で、一緒に映画に行ったり、テニスをしたり、また、そういった仲間とのマジカルな瞬間を常に収めるためにポラロイド・カメラを持ち歩いているよ。その結果、ここ最近で最も素晴らしいスウィーディッシュ・ポップ・アルバムが完成した。その名も“ブレイキン・ポイント”って言うんだ」。

■バイオグラフィー
スウェーデン出身のピーター・モーレン(g、vo)、ビヨーン・イットリング(b、vo)、そしてジョン・エリクソン(ds、vo)による3人組。独自のインディ・ポップ色を打ち出したキャッチーかつローファイなポスト・パンク・サウンドが特徴的で、2002年にファースト・アルバム『ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン』でデビュー。2006年の3作目『ライターズ・ブロック』からの先行シングル「ヤング・フォークス」(通称口笛ソング)が本国のみならずヨーロッパで大ヒットを記録。ここ日本でもCMソングに起用され話題となり、来日公演も果たした。自身のバンド活動以外にも、メンバーは他のアーティスト(フランツ・フェルディナンド、ハイム、クリッシー・ハインド、ドレイク、ザ・スーザンなど)の制作やプロデュース業も多く手がけている。2016年6月、5年ぶり7作目となる新作『ブレイキン・ポイント』を発表する。

■新曲「What You Talking About?」の試聴はこちら:
https://youtu.be/AsiwAgMtmvE

この記事をはてなブックマークに追加

Elliphant/Living Life Golden

2016年02月16日 | Swedish
<発売日>2016/3/25

<JAN(規格番号)>0888751380226

<内 容>
音楽大国スウェーデンから次にくる!EDMを超えたPOPアーティスト“エリファント”のデビュー・アルバム

メジャー・レイザー、スクリレックス、アジーリア・バンクス・・・豪華ゲスト参加!スウェーデン出身の女性アーティスト、エリファント。アイコナ・ポップを擁するスウェーデンのレーベルTENから2012年にデビュー。その後話題に火が点きマッド・ディセントやDr.ルーク等の注目するところとなり、Dr.ルーク率いるKemosabeと契約。これまでリリースしてきたEPにはディプロやスクリレックスといったスーパースターが参加し、彼女の個性、そして革新的かつポップなサウンドには自ずと注目が集まる中、いよいよリリースされるデビュー・アルバムが今作である。18歳でスウェーデンを飛び出した彼女はその後世界を放浪。ジャマイカの文化やレゲエ、ダブ・ミュージックから強い影響を受けた。その後たどり着いたパリでスウェーデンのプロダクション・チームJungleと知り合い、当時EDM全盛だったヨーロッパで活動開始したことからTENでのデビューに至った。最初のシングル「Tekkno Scene」が人気ビデオ・ゲームで使用されたり、チャーリーXCXの北米ツアーのオープニングに抜擢されたり、iPadの音楽制作アプリCMに起用されたりと、世界的な注目を集める機会にも恵まれた。デビュー・アルバムにはスクリレックス、Dr.ルーク、ディプロ、メジャー・レイザー、ジョエル・リトル(Lord『Pure Heroine』のプロデューサー)等が名を連ね、またMØ(ムー)、アジーリア・バンクス、ツイン・シャドウ、ジプシャン等も参加している。EDMを更にPOPに解放し、ダンスホール、ドラムン・ベース、ラップ等のエッセンスが加わる。ケイティ・ペリーのようで、ザ・プロディジーのよう。M.I.A.やライ・ライ好きにもピッタリ。スウェーデンらしい間口の広さを兼ね合わせたポップの進化形が登場だ!

◆Step Down https://www.youtube.com/watch?v=UeGgyT0ADzo

この記事をはてなブックマークに追加

MIIKE SNOW /iii

2016年02月06日 | Swedish
発売日: 2016/3/4

JAN: 0075678666681 

内容:
ギャランティスのメンバーを含むスウェーデンの大人気プロデューサー・デュオ+アメリカのソングライターによるエレクトロ・ポップ・トリオ、マイク・スノウの最新作にて3rdアルバム『iii』が登場!センセーショナルなミュージック・ビデオと共にシーンに革新をもたらすであろうエレクトロ・ポップ・サウンドが全開!

■  ブリトニー・スピアーズ「TOXIC」ではグラミー賞のベスト・ダンス・レコーディング賞を受賞し、マドンナやカイリーを手掛けたことでも知られるスウェーデンの大人気プロデューサー・デュオ、ブラッドシャイ&アヴァントのChris KarlssonとPontus Winnbergに、アメリカのソングライター、Andrew Wyattの3人からなる、エレクトロ・ポップ・トリオ、Miike Snow(マイク・スノウ)。さらに言えば、Chris Karlssonはスウェーデンの大人気エレクトロ・デュオ、ギャランティスのメンバーでもある。FUJI ROCK FESTVIAL 2010にも出演した経験を持つ彼らの最新作であり、サード・アルバムとなる『iii』の発売が決定した!

■ 2012年の『HAPPY TO YOU』以来、約3年振りとなる新作のタイトルはシンプルに『iii』。アルバムはストックホルム、ロサンゼルス、ニューヨークで少しずつ制作された。Chrisのギャランティスを始め、それぞれが別々の場所で別々のプロジェクトを抱えているような状況だったたけ、時には音源ファイルを送りあって曲を完成させることもあったという。しかし、距離や一緒に集まれないことは決して3人にとってディスアドバンテージにはならなかったそう。

■ 新作からは既に、「Heart Is Full」と「Genghis Khan」の2曲が公開されているが、どちらの曲もまるで映画のようなミュージック・ビデオが制作されている。近未来アクション大作のような「Heart Is Full」のビデオを手掛けているのは、Lance Drake。そしてSF映画の悪役の禁断の愛(?)を描いた「Genghis Khan」のミュージック・ビデオを手掛けているのはNinian Doff。何れもStereogumやSPIN、THE FADER、Rolling Stoneなどのオンライン・メディアで話題を集めている。

■ 「前作では少し回り道をしてしまったような気がするが、本作では再び元の道に戻ってきた感じだ。オリジナルのマイク・スノウ・サウンドに近いけど、それを一段上の段階に進化させているんだ」とメンバーが語るように、マイク・スノウは原点に還りつつも、エレクトロ・ポップ・シーンに革新をもたらすのである。

https://www.youtube.com/user/MiikeSnow

この記事をはてなブックマークに追加

Tove Styrke /Kiddo

2015年04月15日 | Swedish
<発売日>2015/6/9

<JAN(規格番号)>0888430323728

<内 容>
全米デビューも果たしたスウェーデンのポップ・スター“トーヴェ・スティルケ”の世界デビュー・アルバム

昨年EP『Boderline』で全米デビューも果たしたスウェーデンの人気女性シンガー、トーヴェ・スティルケによる世界デビュー・アルバム。スウェーデンではモデルもこなしていた程のキュートな容姿、ちょっとヒネリのあるエレクトロ・ポップが反響を呼び、昨年発売されたEPに収録された「Even If I'm Loud It Doesn't Mean I'm Talking to You」(今作にも収録)がUK、USの早耳リスナーの間で大きな話題となり、注目を集めた。

世界デビューアルバムとなる今作は、彼女が大好きな映画『キル・ビル』の中でユマ・サーマンが演じたキドーから名付けたもので、無敵な女の子の強さ、コミカルさもあるアレンジの面白さが印象的。『キル・ビル』さながらに、リード・シングル「Ego」のミュージックビデオは完全東京ロケ、「Samurai Boy」という曲も収録されており、日本のリスナーにとっては嬉しい接点も。デビューのきっかけは2010年に、当時18歳でオーディション番組『スウェディッシュ・アイドル』で3位となったこと。セルフ・タイトル・アルバム『Tove Styrke』(2010年)はスウェーデンでプラチナセールスを記録。しかし人気絶頂の中、潔くアイドルを退き、自分自身の音楽を志して、昨年の全米デビューEP『Boderline』、そして今作までこぎつけた。オルタナ感あふれるポップ・サウンドはエリー・ゴールディングやリリー・アレンのよう。またアイコナ・ポップ、リッキ・リー、トーヴェ・ロー等に続く、21世紀のポップス・ファクトリー、スウェーデン出身のガール・ポップ・シンガーとしても注目だ!



Tove Styrke - Ego

この記事をはてなブックマークに追加

Mapei/Hey Hey

2015年02月18日 | Swedish
<発売日>2015/2/10

<JAN(規格番号)>0888750089427

<内 容>
ピッチフォーク等が絶賛!スウェーデンの女性シンガー“マペイ”の1stアルバム

マペイは、スウェーデン・ストックホルムを拠点とする女性シンガー・ソングライター。2009年よりインディーズで活動しながら音楽性の上で模索する日々が続いたが、2013年に発表したシングル「Don’t Wait」がヨーロッパでクラブ・ヒット。これを受けて注目を集めるようになり、アメリカでもピッチフォークやハイプ・マシーン等が絶賛したことで話題に。今作は、アメリカとスウェーデンでは先駆けて2014年9月にリリースされており、今作リリース時に、ジョン・レジェンドやリッキ・リーとツアーを行った。アリシア・キーズを彷彿とさせるような温かな歌声と歌の上手さを備え、そしてソウル、ヒップホップ、ポップをジャンルレスに取り入れ、時にダンサブルに、時にロマンティックに幅広い曲調のポップスに仕立て上げる。これは自身の生い立ちによるところが大きいと彼女は振り返っており、幼い頃からアメリカとスウェーデンを行き来しながら育った環境、ポルトガルやブラジルに惹かれて旅をした経験が、現在の彼女の音楽性に影響を与えているという。スウェーデン人プロデューサー、マグナス・ライデホール(ケイティ・ペリー、スカイ・フェレイラ、ブリトニー・スピアーズ)を共同プロデューサーに迎えており、アルバムの心地良いポップさに一役買っている。


◆Don’t Wait https://www.youtube.com/watch?v=UPo7iNKoCGQ

この記事をはてなブックマークに追加

OPETH/PALE COMMUNION

2014年08月01日 | Swedish
<発売日>8/26

<JAN(規格番号)>0016861757328

<情 報>

<キーワード>
ブルータルかつプログレッシヴな独自の音空間で聴く者を飲み込んでいく スウェーデンが誇る孤高の存在、オーペスによる待望の最新作!

<内 容>
★「このアルバムは今まで俺達が発表してきた作品のようでもあり、新しいサウンドも入ってる。前作『ヘリテイジ』よりもちょっとヘヴィになってるけど、同時にメロディアスさも増量しているんだ。メロディという要素を重視したから、ある意味聴きやすさのある作品になっていると言えるね。でも俺達はプログレッシヴ・バンドだ。時に思い切りメタルになることもあるし、時にメタルじゃないものになることもある」 ─ ミカエル・オーカーフェルト

★その深遠なる世界観と獰猛なる音像で絶大な支持を得る、現代プログレッシヴ・ロック/メタルの雄、オーペスによる、前作『ヘリテイジ』より約2年振りとなる通算11作目のニュー・アルバム、堂々完成!

★バンドの頭脳であるミカエル・オーカーフェルトによると、今作は全ての要素をオーペス流に取り入れた作品だという。深遠な静けさを感じさせるような曲や、獰猛に炎を吹き出すかのようなヘヴィな曲、さらには、初期オーペスを想起させるようなオールド・スクールなオーペス・サウンドも収録しているという。バンドにとって一つの区切りとなる10枚目の前作『ヘリテイジ』で、誰もの予想を覆すような方向性を提示した彼らが、新たな区切りのスタートともいえるこの11枚目の作品で、どのように進化したオーペス・サウンドを聴かせてくれるのか、興味は尽きない。

★この最新作『ペイル・コミュニオン』では、バンドの頭脳であり中心人物でもあるミカエル・オーカーフェルト本人がプロデュースを、そして彼の長年のコラボレイターであり、ポーキュパイン・トゥリーのフロントマン/ギタリストでもあるスティーヴン・ウィルソンがミックスを担当。

★その本作でオーペスは、今まで以上にエクストリーム・ミュージックの持つ可能性に挑戦することとなる。最近行われた海外のインタビューでミカエル・オーカーフェルトは今作についてこう語っている。「このアルバムで、俺は何かもっとメロディアスなものをやりたかった。最終的に、今作には、作品全体にわたって、より力強いヴォーカル・メロディが存在している。曲作りの段階から、一貫してこのメロディへのこだわりを持ち続けていたんだ」。早い段階で今作の音源を聴けたというMetal Injectionのグレッグ・ケネルティは、今作をこう評している。「徹底的にスタイルを強靭に推し進めていく、その独自性に満ちた作品だ。2014年に発表された作品の中で間違いなくお気に入りの一枚になるだろう。もしかしたら2014年で唯一お気に入りの作品になるかもしれない」。

★『ペイル・コミュニオン』は、2011年に発表され、大絶賛を受けた前作『ヘリテイジ』に続く作品だ。前作『ヘリテイジ』は、オーペスにとってもマイルストーン的な作品であり、より幅広い層に受け入れられ、増え続けるファンの数を増大させた作品だった。ドイツ、オランダ、フィンランド、スウェーデン、そしてノルウェイでTOP 10入りを果たし、アメリカ、オーストラリア、スイス、オーストリア、日本といった国でも、TOP 20入りを記録、他の国々でも、バンド史上最高のチャート・アクションを見せたアルバムとなった。 その大成功を収めた前作に続くこの最新作で、オーペスというバンドはどこまでの高みに上りつめていくのか…、今後のオーペスの情報を、今後ともご注目いただきたい。

<同時発売情報>
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売(0016861757359)
●上記アルバムのLP盤も同時発売(0016861757311)

この記事をはてなブックマークに追加

Machinae Supremacy / Phantom Shadow

2014年07月30日 | Swedish
<発売日>8/25

<JAN(規格番号)>0602537884803

https://www.youtube.com/watch?v=svrZOD0hYzc

<キーワード>
★スウェーデンのチップチューンズ・メタルの雄、Machinae Supremacyの2年振りとなる6作目のアルバム登場!

<内 容>
■Machinae Supremacy: 2000年夏に結成されたスウェーデンのモダン・へヴィ・メタル・バンド。
■サウンド: chiptunes(チップチューンズ)という1980年代に発売されたパーソナルコンピューターや家庭用ゲーム機に搭載されていた内蔵音源チップで作られる音をエミュレート(真似た)したサウンドを全般にしようしたへヴィ・メタル。彼らはSidStationを使用しており、自身のサウンドを”SID Metal”と表現している。
■最新ラインナップ: Robert "Gaz" Stjärnström(Vo)、Jonas "Gibli" Rörling (Lead G、Vo)、Andreas "Gordon" Gerdin(B)、Niklas "Nicky" Karvonen(Ds)、Tomi Luoma(Rhythm G)
■本作: 約2年振りにリリースされる6作目のスタジオ・アルバム。コンセプト・アルバムであることが彼らのFacebookで公表されている。



この記事をはてなブックマークに追加

In Flames/Siren Charms (Super

2014年07月30日 | Swedish
<発売日>9/9

<JAN(規格番号)>0888430764125

<情 報>

<キーワード>
新生イン・フレイムス、EPIC移籍第一弾、3年ぶり11作目のスタジオ・アルバム

<内 容>
1990年、スウェーデンにて結成された新世代HR/HMの魔人の通算11枚目、EPIC移籍第一弾ア
ルバムが完成!デス・メタル⇒メロディック・デス・メタル⇒オルタナティブ・メタルと音楽的に変
遷しながらも常に新境地を開拓してきたスウェーデンの英雄の最新アルバムはイェスパー・スト
ロムブラードの2010年の脱退、そしてギタリスト、ニクラス・エンゲリンの正式加入を経た新体制
で望むジャンルの概念を覆すイン・フレイムス流、オルタナティブ・メタルの傑作。KNOT FEST
JAPAN 2014への出演も決定している彼らの最新作は必聴!
Super Boxは7インチのヴァイナルを全11曲分同梱し、各B面にインストゥルメンタル・トラックを
収録した豪華パッケージ!

<同時発売情報>
●上記アルバムのLimited Ecolbook盤も同時発売(0888430755826)

この記事をはてなブックマークに追加

JJ/V

2014年07月30日 | Swedish
<発売日>8/19

<JAN(規格番号)>0656605025223

http://youtu.be/h-mc8yNRpHo


<キーワード>
北欧スウェーデンから届けられた至極のドリーム・ポップ!

<内 容>
スウェーデンのドリーム・ポップ・デュオ、ジェイ・ジェイが4年振りとなるニューアルバム『ヴィ』をリリース!2009年にリリースしたデビュー・アルバム『jj n° 2』がピッチフォークで8.6点/ベスト・ニュー・ミュージックを獲得する等世界中から絶賛され鮮烈なデビューを飾った彼ら。その後はザ・エックス・エックスとの全米ツアーやニーヨをフィーチャリングした楽曲「We Can'tStop」を発表する等他とは一線を画す活動で注目を集めてきた。待望の新作はシガー・ロスやビーチ・ハウスを想起させる女性ボーカリスト、エリン・カストランダーの感動的な歌声とエレクトロニクスを駆使した何処までも甘美なサウンド、そしてベース・ミュージックを通過した先進的ビートが融合した紛れもない最高傑作!ピッチフォークは既に公開されている楽曲「Fågelsången」に対し「新作が素晴らしいものになると期待せずにはいられない出来だ。」と大絶賛している。

<同時発売情報>
●上記アルバムのLP盤も同時発売(0656605025216)

この記事をはてなブックマークに追加

Lust For Youth/International

2014年05月28日 | Swedish
<発売日>6/10

<JAN(規格番号)>0616892202646

https://soundcloud.com/sacredbones/lust-for-youth-epoetin-alfa

<キーワード>
<Sacred Bones>のシンセ・バンド、ラスト・フォー・ユース待望の4thアルバム!

<内 容>
スウェーデン出身、ハネス・ノーヴィドによるシンセ・ポストパンク・プロジェクト、ラスト・フォー・ユースがゾーラ・ジーザスやクリスタル・スティルツを発掘したNYのレーベル<Sacred Bones>から4thアルバムをリリース!インダストリアルやインディー・シンセ・シーンで高い評価を受けているLFYによる最新作はライヴ・コラボレーターのLoke Rahbekの他、新メンバーにマルテ・フィッシャーを迎えバンドとして制作。サウンドはデペッシュ・モードやペット・ショップ・ボーイズ、ニュー・オーダーを彷彿とさせるシンセ・ポップへと進化を遂げた!また、<Matador>に所属するデンマークはコペンハーゲンのバンド、アイスエイジのエリアスと、同レーベルのバンド、ロウアーのエイドリアンがゲスト参加!

<同時発売情報>
●上記アルバムのLP盤も同時発売(0616892202844)

この記事をはてなブックマークに追加

The Knife/Shaking theHabitual

2014年05月28日 | Swedish
<発売日>6/10


<JAN(規格番号)>0602537292868

http://youtu.be/W10F0ezCTIQ

<キーワード>
スウェーデンの姉弟エレクトロ・デュオ、ザ・ナイフの傑作4thアルバム!

<内 容>
スウェーデン出身カリン・ドレイヤー・アンダーソンとオロフ・ドレイヤーによる姉弟エレクトロ・デュオ、ザ・ナイフの傑作4thアルバム『シェイキング・ザ・ハビチュアル』(2013年作品)!2013年に7年振りのニュー・アルバムとしてリリースされた本作は自作楽器の使用や伝統的楽器を非伝統的な方法で演奏する等、エクスペリメンタルなアプローチで制作された。より肉体的になったリズムはトライバルに吹き荒れ、エレクトロニック、ノイズ、ドローンを唯一無二のセンスで融合させた、この至極のエクスペリメンタル・ポップはピッチフォークで8.4点/ベスト・ニュー・ミュージックを獲得する等世界中から称賛を浴びた。

<同時発売情報>
●上記アルバムの2CDデラックス盤も同時発売(0602537292851)

この記事をはてなブックマークに追加

First Aid Kit/Stay Gold

2014年05月22日 | Swedish
<発売日>6/10

<JAN(規格番号)>0888430666122

http://www.youtube.com/watch?v=S2Fu4lGLUsk&feature=player_detailpage

<キーワード>
北欧美人姉妹デュオ” First Aid Kit”待望のメジャー・デビュー!Fuji Rock 2014出演決定

<内 容>
スウェーデン、ストックホルム出身。ヨアンナとクララの美しすぎるソダーバーグ姉妹からなる魅惑のアコースティック・ポップ・デュオ=ファースト・エイド・キットのコロンビア移籍、待望のメジャー・デビュー・アルバム!「救急箱」を意味する“ファースト・エイド・キット”の名にふさわしく、初夏の青空から降り注ぐ柔らかな陽の光のような透明感溢れるヴォーカルと、姉妹ならではの美しいハーモニー、そして北欧らしいちょっぴり翳りを帯びた切ないメロディーに、誰もがきっと共鳴し癒されるはず。気持ちいい休日のお出かけには絶対に連れてゆきたい、この夏のサウンド・トラック決定版。インディーズ時代のシングルが米ローリング・ストーン誌2012年「ベスト・シングルズ」トップ10に選ばれた実力派の二人の今作は、ブライト・アイズのマイク・モギスがプロデュース。また今作のサウンドに花を添えるオマハ・シンフォニー・オーケストラのアレンジを手掛けるのは、ネイト・ウォルコット(ブライト・アイズ、ブロークン・ベルズ、ライロ・カイリー)。また早くもFuji Rock Festival 2014の出演も決定!ロラパルーザにも出演したことのある安定感と共鳴度の高いライヴ・パフォーマンスにも今から大いに期待が集まっている。


この記事をはてなブックマークに追加