輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

SCOTT BRADLEE'S POSTMODERN JUKEBOX / The New Classics [CD (album)]

2017年11月27日 | Pops,vocal,idol
★アメリカ,UKで大人気のyoutuber ユニット、Scott Bradlee's Postmodern Jukeboxの初のライヴ・アルバム。
■Las Vegasで収録され今年PBSで放映予定、PMJのエキサイティングなライヴ・パフォーマンス、ヒット曲を楽しむことが出来る。誰もが知っている大ヒット曲の数々を彼ら独自のアコースティック・スタイルでカヴァーする様は見事!Haley Reinhart, Casey Abrams, Ariana Savalas, Aubrey Logan、Sara Niemietzなどが参加。

この記事をはてなブックマークに追加

CHARLIE PUTH / VOICENOTES

2017年11月07日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2018/1/19予定

<JAN(規格番号)> 0075678660115

<内 容>
米ナンバー・ワン・シングル「シー・ユー・アゲイン」で一躍話題に! 新世代のインターナショナル・ポップ・スター、チャーリー・プースが、デビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』に続く待望のセカンド・アルバム『ボイスノーツ(Voicenotes)』を全世界同時リリース!

■ 映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』サウンドトラックからのシングルで、全米で記録的大ヒット、日本でもヒット・ソングとなり、グラミー賞最優秀ソング賞ノミネート、また2015年YouTubeで最も注目されたミュージック・ビデオランキング第一位となった「シー・ユー・アゲイン」で一躍話題となったチャーリー・プース。昨年のSUMMER SONIC 2016でも大勢の嬌声に迎えられ、大盛況の内に日本発パフォーマンスを終えたことも記憶に新しいだろう。

■ 2016年1月に発売されたデビュー・アルバム『NINE TRACK MIND』は全世界28カ国のiTunesチャートで1位を記録する大ヒットとなった彼だが、来年の1月に1月に待望のアルバムをリリースすることを発表!!

■ アルバムからの先行トラック「ハウ・ロング」のミュージック・ビデオも現在公開中((https://youtu.be/CwfoyVa980U)!映画『チャーリーズ・エンジェル』や『スパイダーマン2』など多くの映画や、大人気ドラマ『X-ファイル』『CSI』の撮影スタジオである、ロサンゼルス・センター・スタジオズで撮影されたそのビデオでは、チャーリー自らがウキウキなダンスを披露。セクシーにスーツを着こなしながら、天地構わず変幻自在に歩き、独特のステップをする姿に目が釘付けとなる。また曲の内容も、「認めるよ、僕が悪いんだ、でも信じてほしい」と切に訴える元カノへの“ごめんなさいソング”。前作でも全米9位に輝いた、すれ違いのセツナ系ラヴ・ソング「ウィ・ドント・トーク・エニモア」でファンの胸をきゅうっと締め付けた彼だけに、今回も人気を博すに違いない。また今年リリースしたシングル「アテンション」は全米ビルボード最高位5位、4月にリリースしてから今もなおTOP 15に入るロング・ヒットを記録中!

■ 今年夏にはショーン・メンデスの全米・カナダツアーに参加するなど精力的に活動を行い、フォーブス誌の選ぶ2017年の「30 Under 30」(30歳以下の主要人物30名)に選ばれたまだ25歳のチャーリー・プース。名門バークリー音楽院を卒業し、デビュー・アルバム発売前にして大ヒット・ソングを叩き出した新世代ポップ・スターに、注目が再び集まっている。

◎1991年生まれニュー・ジャージー出身。2011年に、人気ブロガー=ペレス・ヒルトンが主催したカヴァー曲コンテスト「Can You Sing?」にエントリーするためYouTubeにアップしたアデル「サム・ワン・ライク・ユー」のカヴァーを見たアメリカTV界の大スター、エレン・デジェネレスに見いだされ、程なくしてエレンが司会を務める人気TV番組『エレン・デジェネレス・ショウ』に出演。番組内でパフォーマンスを披露すると大きな反響となり、エレンが設立したレーベル=イレヴンイレヴン・レコードと契約を結ぶ。 
◎2013年にバークリー音楽院を卒業し、22歳にしてジェイソン・デルーロやピットブルといった大物アーティストの楽曲制作に参加しキャリアを磨く。人気R&Bシンガー、トレイ・ソングスのヒット曲「スロー・モーション」では共作/共同プロデュースも行った。アトランティック・レコードとメジャー契約を果たしたチャーリーは、2015年2月にデビュー・シングル「マーヴィン・ゲイ」を発表。メーガン・トレイナーをゲストに迎え、1970年代~80年代に活躍した伝説のソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイをモチーフにしたこの曲は、マーヴィンの代表曲「レッツ・ゲット・オン」「ガット・トゥ・ギヴ・アップ」などのフレーズも飛び出すレトロ感満載のナンバーで、ビデオ・クリップではメーガンとの濃厚ラヴ・シーンを想像させる演出も話題となる。
◎全米で記録的大ヒットを記録している映画『ワイルド・スピード SKY MISSION(原題:Furious7)』サウンドトラックからのシングル、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」にゲスト参加。同映画では亡きポール・ウォーカーに捧げたエンディング・シーンで使用されている感動的なナンバーであるこの曲は、チャーリーが歌う涙を誘うメロディも話題となり、全米シングル・チャート(4/25付The Billboard Hot 100)では登場5週目にして早くも1位を獲得、アルバムとシングル両部門で同時に1位に輝くという、映画のサウンドトラック作品としてはエミネム『8マイル』以来の快挙を達成。最終的にこの曲は全米シングルチャート(The Billboard Hot 100)で通算12週1位に輝き、ラップ/ヒップホップ楽曲としてエミネム「ルーズ・ユア・セルフ」(2002)、ブラック・アイド・ピーズ「アイ・ガッタ・フィーリング」(2009)と並ぶ歴代最長1位タイ記録を樹立。
◎ゴスペル調のセカンド・シングル「ワン・コール・アウェイ」は、チャーリーの艶気あるヴォーカルと、美しいメロディ、印象的なコーラス・パートが多くの人々の琴線を刺激し、大ヒット・シングルへ。
◎サード・シングル「ウィ・ドント・トーク・エニモア」は、セレーナ・ゴメスをフィーチャーした楽曲。別れた男女が、実はお互いに未練があるのにも関わらず、想いを伝えることができないという切ないナンバー。ゴールデン・グローブ賞授賞式の後でSNSに二人の動画を公開したことがきっかけで、熱愛の憶測が広まっていた(本人同士は仲のよい友達と否定)プースとセレーナ、何度もステージでの共演も果たすなど、この楽曲がきっかけでお互いをリスペクトし、高め合っている。


【収録予定曲】
How Long: https://youtu.be/CwfoyVa980U

Youtube.com/CHARLIEPUTH




この記事をはてなブックマークに追加

CLIFF RICHARD / STRONGER THRU THE YEARS

2017年11月07日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/24予定

<JAN(規格番号)> 0190295726119

<内 容>
そのキャリア、今年で59年!英国音楽史上最大のヒット・メイカーであり、国民的男性シンガーである、クリフ・リチャード。来年芸能生活60周年を迎える彼のヒット・ソングを振り返る2枚組コレクションが新たに発売!10曲の全英No.1シングルの他、フィル・エヴァリー、オリヴィア・ニュートン・ジョン、サラ・ブライトマンとのデュエットも収録!!

■ そのキャリア、今年で59年!英国音楽史上最大のヒット・メイカーであり、国民的男性シンガーである、クリフ・リチャード。半世紀以上にも亘り英国音楽シーンで活躍し続ける彼は、未だ現役!今年ロックンロール・ソングブックとも呼べる新作を発表しただけでなく、芸能生活60年を迎える来年には、ヨーロッパ各地を回るアニヴァーサリー・ツアーを行うことも発表している。

■ 1950年代、60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代と、それぞれの年代にシングルを全英チャートに送り込んでいる彼だが、(同じ記録を持っているのは、エルヴィス・プレスリーのみ!) これまでリリースしたアルバムが101枚、シングルも140枚を超える。

■ 芸能生活60周年という輝かしいアニヴァーサリー・イヤーを来年に控え、クリフ・リチャードのキャリアを改めて振り返る2枚組がリリース!2枚組CDの中に収められた38曲には、「Living Doll」、「Travellin' Light」、「Please Don't Tease」、「I Love You」などなど10曲の全英No.1シングルをフィーチャーしている。この他、彼が主演して映画『SUMMER HOLIDAY』からの楽曲で、やはり全英No.1に輝いた「Summer Holiday」、「The NextTime」も収録されている。ちなみに映画のタイトル・チューンである前者はわずか20分で作られたものだという!

■ 本作『STRONGER THRU THE YEARS』には、彼のソロ、そしてクリフ・リチャード&・ザ・シャドウズ名義のヒットの他、3曲のパワフルなデュエット・ナンバーもフィーチャー!1983年に発表された今は亡きフィル・エヴァリーとの「She Means Nothing To Me」を始め、1980年に英米両方でTOP20ヒットとなったオリヴィア・ニュートン・ジョンとのデュエット、そしてサラ・ブライトマンとともに歌った「オペラ座の怪人」の1曲「All I Ask Of You」はいずれも、アルバムに華やかさを加えている。

■ レコードからステージ、ミュージカルに映画、TVまで、幅広く活躍し続けている英国音楽界の重要無形文化財・人間国宝的存在、クリフ・リチャード。来年”芸歴が還暦”を迎える彼の伝説は、これからもまだまだ続くのだ!

http://video.cliffrichard.org/

この記事をはてなブックマークに追加

KATIE MELUA / IN WINTER (SPECIAL EDITION)

2017年10月27日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/17予定

<JAN(規格番号)> 4050538339079

<内 容>
東欧と西欧が織りなす、氷細工のように繊細で美しい癒しのコーラス。 ケイティ・メルーアが生まれ故郷グルジアのゴリ・ウィメンズ・クワイアを迎えて作り上げた“ウインター・アルバム”が、ライヴ音源を加えた“スペシャル・エディション”に!長い冬に聴きたい珠玉のクリスマス・プレゼントがヨーロッパから届いた。

■ ジョージア(旧グルジア)で生まれ、イギリスを拠点に活動するシンガー・ソングライター、ケイティ・メルーア。ここ日本でも、その透明感溢れる癒しのヴォーカルでファンの心を惹きつけてきた彼女が2016年にリリースした”冬”をテーマにしたアルバム『IN WINTER』。そのアルバムが今年の冬、2枚組の”スペシャル・エディション”となって戻ってきた!

■ 自身の母国であるジョージアの小さな街、ゴリの女声聖歌隊、ゴリ・ウィメンズ・クワイアを迎えてレコーディングした本作には、1916年にMykola Leontovychが最初にアレンジを手掛け、後に「Carol Of The Bells」という曲名で翻案され、西欧で知られるようになったウクライナのトラディッショナルな聖歌「The Little Swallow (Shchedryk)」をはじめ、1917年に起きたロシア革命の2年前にラフマニノフが作曲した「All-Night Vigil(徹夜祷)」の「Nunc Dimittis(聖抱神者シメオンの祝文)」、ジョニ・ミッチェルの「リヴァー」のカヴァーに新曲「Perfect World」や、英国のドン・ブラックと共作したアルバム唯一のグルジア語のナンバー「If You Are so Beautiful」、そしてケイティが初めて出演したベルファストの学校でのコンサートで披露したという想い出の曲「O Holy Night」など、“冬”をイメージした楽曲が散りばめられている。東欧と西欧、両方の楽曲を取り入れた本作『IN WINTER』は、旧ソ連のグルジアで生まれ、9歳でベルファストへ移住し、20015年にロンドンの市民権を得たというケイティの文化的バックグラウンドや生い立ちをそのまま反映した作品でもあったのだ。

■ そして今年、2017年冬に登場するのが『IN WINTER (SPECIAL EDITION)』。オリジナル・アルバムに、彼女が昨年ゴリ・ウィメンズ・クワイアと共に行ったヨーロッパ・ツアーから、ドイツはベルリンのAdmiralspalastでの公演のライヴ音源を収録したボーナス・ディスクを加えた2枚組となる。

■ 11月に行われたショウだけあって、「All Night Vigil - Nunc Dimittis」、「O Holy Night」、「If You Are So Beautiful」など収録曲の中心は『IN WINTER』からの楽曲となる。この他、「Closest Thing To Crazy」や「Nine Million Bicycles」といった彼女のヒット曲や代表曲、そしてBlackの「Wonderful Life」やサイモン&ガーファンクルの「Bridge Over Troubled Water (明日に架ける橋)などのカヴァーもこの夜披露している。アコースティック・ギターを奏でながら歌うケイティの透明感あるジャジーな声と、ゴリ・ウィメンズ・クワイアの厳かなコーラスが織りなす清く美しいサウンドには、誰もが心洗われるに違いない。長い冬の夜に大切に聴きたい作品である。

この記事をはてなブックマークに追加

Little Mix / Glory Days: The Platinum Edition

2017年10月24日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/24予定

<JAN(規格番号)> 0889854772420

<内 容>
世界No.1スーパー・ガールズ・グループ=リトル・ミックスの大ヒット・アルバム『グローリー・デイズ』に、新曲&ドキュメンタリー映像収録の豪華盤登場!

2011年にUK版<Xファクター>で番組史上初のグループ優勝を果たしてデビュー、UK出身ガールズ・グループとして不動の人気を誇るリトル・ミックス。これまでリリースしたアルバムがすべて全英チャートトップ5入りを果たし、今やUKの現代ポップ・シーンを代表するアーティストとして、世界的トップ・アーティストととしての地位を築いている。2016年11月にリリースした通算4作目の最新アルバム『グローリー・デイズ』は全英チャート計5週1位を獲得して<21世紀にUKアルバム・チャートで最多週1位を記録したガールズ・グループ>という歴史的快挙を成し遂げ、<ブリット・アワード2017>で「最優秀ブリティッシュ・シングル賞」賞を受賞するなど、キャリア史上最も好成績を記録。そんな大ヒット・アルバムの超豪華エディションがCD+DVDの2枚組で発売決定!CDには、8月に配信リリースされたラテン系ボーイズ・グループCNCOとのコラボ曲「レゲトン・レント(リミックス)」と、完全なる新曲3曲が追加収録されており、更には『グローリー・デイズ』からの大ヒット・シングル「タッチ」「ノー・モア・サッド・ソングス」「パワー」のシングル・ヴァージョンも新たに収録。DVDには、2017年のUSツアー中に撮影されたドキュメンタリー映像も収録されており、最新パフォーマンス映像も観られる、ファンにとってはたまらない内容となっている。

この記事をはてなブックマークに追加

Sarah Walk / Little Black Book

2017年10月19日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/10/27

<JAN(規格番号)> 5016958996406

<内 容>
★ファイストを彷彿とさせる歌声!米シンガー/ピアニスト、サラ・ウォークがデビュー・アルバムをリリース!
★ピアノを中心としたサウンド、生々しいヴォーカルに感情を揺さぶられる傑作!

ファイストを彷彿とさせるサラの歌声は中性的で、カナダの伝説的フォーク・シンガー、ジョニ・ミッチェルの渋さとジュディー・ツークの甘さを兼ね備えている。独特のピアノの演奏スタイルにあわせて、本作では人々が人生で必ず経験する心が張り裂けるような悲しみや喪失感について歌っている。

「Keep On Dreaming」や「Wake Me Up」は彼女のソングライティングの中でも暗い側面を示しており、後者は様々な中毒性について表現している曲だ。波打つベースとドラマチックなドラムとサラを象徴するようなピアノとヴォーカルが見事に調和している。「Let Me Try」は得意のピアノをベースにジャズやロックの要素を感じさせるノスタルジックな曲だ。生々しく表現される歌詞に感情を揺さぶられる1枚。


スティーヴ・ブラウン

「Still Frames」の試聴はこちら:
https://youtu.be/5GDnUu0iJLo

「Little Black Book」の試聴はこちら:
https://youtu.be/1RK5sbZp-do

「Let Me Try」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/sarahwalk/let-me-try

「Keep On Dreaming」の試聴はこちら:
https://youtu.be/04TIdKscwbI

「Wake Me Up」の試聴はこちら:
https://youtu.be/pDDf4NnjEYc

■バイオグラフィー
米シカゴ出身のシンガー兼ピアニスト。名門音楽大学であるバークリー音楽大学を卒業。2016年よりコンスタントにシングルを発表。 2017年にビョークを擁する<One Little Indian Records>と契約。スティーヴ・ブラウンをプロデューサーに迎え制作されたデビュー・アルバム『リトル・ブラック・ブック』を10月にリリースする。

この記事をはてなブックマークに追加

JANE BIRKIN / BIRKIN / GAINSBOURG: LE SYMPHONIQUE [LIMITED DELUXE EDITION]

2017年10月16日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/3予定

<JAN(規格番号)> 0190295791384

<内 容>
世界的なファッション・アイコンJANE BIRKINと、SERGE GAINSBOURGの時代を超越した音楽とが再び出会い、ストリングスに乗せて甘く艶っぽく愛を囁く…。今年3月に発表したアルバム『LE SYMPHONIQUE』に、当時日本のみで発売されていた東日本大震災復興支援アルバム『VIA JAPAN』をカップリングし、JANEとSERGEのドキュメンタリーを収録したDVDを付けた限定盤デラックス・エディションが登場!

★世界的なファッション・アイコンのジェーン・バーキンと、セルジュ・ゲンズブールの時代を超越した音楽が再び出会い、アレンジ・ピアニストに中島ノブユキを迎えて生み出された名盤、『BIRKIN GAINSBOURG LE SYMPHONIQUE 』。3月24日にリリースとなり(国内盤は4月26日リリース)、8月には日仏交流コンサートAVECの一環として来日公演も行われたこの作品が、限定盤デラックス・エディションとなって発表される!

★オリジナルの『LE SYMPHONIQUE』のアーティスティック・ディレクションを手掛けるのは、長年ジェーンのプロデューサーを務めてきたフィリップ・ルリショム。彼もまたセルジュ・ゲンズブールと関わりが深い人物である。ジェーン曰く、彼女が30年近くセルジュ・ゲンズブールの歌を歌い続けることが出来たのも、自分と同じぐらいセルジュの趣味や繊細さ、好きなもの、嫌いなものを理解しているフィリップがいたからこそ。彼が彼女の舞台監督として、約25年もの間、何を歌えばいいのか、どうすれば毎回、同じ曲を歌うコンサートを新鮮に見えることができるか考えてくれたからだという。

★そのジェーンはかつて人に、セルジュはクラシック音楽を良く使っていたから、シンフォニー・オーケストラと一緒に出来たらどんなに素敵だろうと話したことがあったという。そのアイディアが実現することになったのは、カナダのモントリオールで毎年開催される、フランス語圏のアーティストを集めた一大音楽&パフォーマンス・フェスティヴァル、Les FrancoFolies de Montrealが2016年、“GAINSBOURG SYMPHONIQUE”というテーマで彼女にモントリオールのオーケストラと共演するコンサートを2公演オファーしたことから。

★そのコンサートで実現した“GAINSBOURG SYMPHONIQUE”は、その後ワールド・ツアーが行われ、非常に高い評価を受ける。そこで、正式な音源として発表されたのが、『LE SYMPHONIQUE』だ。アーティスティック・ディレクションを手掛けるのは、フィリップ・ルリショム、そしてアレンジとピアノを担当するのは、中島ノブユキ。ジェーンと中島ノブユキが出会ったのは、2011年、震災復興支援チャリティーコンサート「Together for Japan」で共演したことから。その後も彼は、2年にも亘るワールド・ツアー「Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”」でアレンジ&ピアノを務めている。

★このアルバム発表後、8月には1夜限りの来日公演を行い、素晴らしい演奏と歌声を聞かせてくれたのだが、その作品が今回限定盤デラックス・エディションとなって生まれ変わる事となった。

★DISC 1にはアルバム『LE SYMPHONIQUE』の音源を収録しているのだが、この限定盤エディションには、来日公演時にも披露されたインストゥルメンタル・メドレーを収録、世界的なヒットとなった「Je t'aime... moi non plus」のフレーズも登場するこの追加収録楽曲は、来日公演でその魅力を肌で感じ取った人にはもちろん、全フレンチ・ファンを魅了する曲となっている。

★DISC 2には、以前日本のみで発表されていた、2011年の東日本大震災支援アルバム、『VIA JAPAN』を収録。LE SYMPHONIQUEと同様、フィリップ・ルリショムがディレクターを務め、アレンジャーには中島ノブユキを起用した作品だ。

★DISC 3となるDVDには、40分にも及ぶドキュメンタリー映像を収録。この映像は、ジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンズブールのプライベート映像をまとめたもので、監督とコメントを担当しているのは、ジェーン・バーキン本人。

https://www.facebook.com/JaneBirkinOff/

この記事をはてなブックマークに追加

Human Nature / Jukebox: The Ultimate Playlist

2017年10月16日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/3予定

<JAN(規格番号)> 0889854526320

<内 容>
ヴォーカル・グループ“ヒューマン・ネイチャー”の最新作スタンダード・ナンバー満載!

高校在学中の1996年にオーストラリアで結成されて以来、4人の巧みなコーラスと、ショーアップされたステージで世界的な人気を誇る“ヒューマン・ネイチャー”の最新作。「Will You Love MeTomorrow」「Stand By Me」「Unchained Melody」など、おなじみのスタンダード・ナンバーのカバーに加え、2曲のオリジナル曲が収録されている。大人気のラス・ヴェガスでのショーは今年で8年目を迎え、2019年まで続く模様。結成から28年を経てなお、ヴォーカル・グループのトップとして君臨し続けている。

この記事をはてなブックマークに追加

CHARLOTTE GAINSBOURG / REST

2017年10月03日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/17予定

<JAN(規格番号)> 0190295755607

<内 容>
魅惑のウィスパー・ヴォイスに包まれて… フランスを代表する大女優、CHARLOTTE GAINSBOURGの、スタジオ・アルバムとしては約7年振りとなる最新作が遂に完成! この作品は、シャルロットの出生地であり、母=ジェーン・バーキンの母国である【英国】と、父セルジュ・ゲンズブールの出生地である【仏国】、この母と父を繋ぐ”架け橋”ともいえるだろう… ※こちらは通常盤です。

◆天才アーティスト故セルジュ・ゲンズブールと人気女優ジェーン・バーキンとの間に生まれた天才女優、シャルロット・ゲンズブール。2006年に豪華強力制作陣と共にアルバム『5:55』を発表し、2010年にはベックとタッグを組んだアルバム『IRM』を発表、映画の世界だけでなく音楽の世界でもその力強くも可憐なその魅力を世界に向けて発表してきた彼女が、スタジオ・アルバムとしては前作『IRM』より約7年振りとなる最新作『REST』を完成させた。

◆シャルロットの出生地であり、母=ジェーン・バーキンの母国である【英国】と、父=セルジュ・ゲンズブールの出生地である)【フランス】、この作品はいわば【母】と【父】をつなぐ“架け橋”ともいえよう…。アルバム・タイトルになっている『Rest』は、言うまでもなく、お墓に刻まれる最初の言葉(Rest In Peace)であるが、フランスでは、恋人に、行かないで、とお願いするときにも使われる言葉だという。

◆彼女の新しい作品『REST』は、図らずも、彼女自身のエモーショナルな側面をじっくりと検視したようなセルフ・ポートレートであり、そこには、スターと呼ばれる人々が抱える傷や脆さなどがまざまざと曝け出されている。一般家庭とは違い、父にセルジュ・ゲンズブール、母にジェーン・バーキンという有名人一家という、ある種、特殊な環境下で育った彼女であったが、シャルロットは実は独りでいることが好きだという。幼少期から既に注目される対象であったはずだが、そんなときでも彼女は「自分らしさをどこかに手放さない」ようにしていたと言う。

◆「いつも、自分が思ったことを書き留めておきたいと思っていたし、私が満足する言葉が見つかるまで決してあきらめないようにしていた」と語るシャルロット。そんな彼女の音楽面では、Beck(ベック)や、Connan Mockasin(コナン・モカシン)のようなさまざまアーティストが身近にいたのだが、「音楽的に深い造詣をもっていない」というコンプレックスが常に彼女の傍にあった様だ。そして、セルジュ・ゲンズブールを父に持つ、という逃れようのない重圧の為なのか、(意外にも思えるが)《フランス語で歌詞を書く》ということからは敢えて距離を置いていたという。

◆彼女の姉であり、ジェーン・バーキンの娘(長女)であるKate Barry(ケイト・バリー)を2013年に亡くしたことで、シャルロットは「臆することなく自らを開放することを決めた」と語る。「私は激しい悲しみの中にいた時期だったし、そういった側面を表現することは難しいことではなかった」と。シャルロットは自身のベールをあげ、まず自身で歌詞を書くことから始めた – それはしばしば、Journals(日記)からインスピレーションを受けていたという。彼女は今までやってこなかったフランス語での作詞をはじめ、「父親=セルジュとの永遠の別れ(Lying With You)」や、「彼女の姉の逝去 (Kate) 」、「彼女の深刻なシャイネスについて(I’m a Lie)」、「彼女の子供期のおそれについて(Les Crocodiles)」、「来世について(Les Oxalis)」、「時間の流れについて(Ring-A-Ring O’ Roses)」、「彼女の脈打つ鼓動について(Les Traits)」など、パーソナルな事柄についてにフォーカスした楽曲が多いことが見て取れる。彼女がNew Yorkに移住することを自ら決めたことも音楽面には大きな影響を与えたのだと推察される。環境を強制的に変えることで、過去の自分と、今の自分を切り離すことに成功した彼女は、このように語っている。「NYに移り住んだことで、私自身にかつてあった重圧から解放されたの。フランスでは、なんとしてでも自分自身を守ることを学んだ、でもここでは、新しい生活、新しい街、すばらしい自由の感覚ってものを発見したわ。」とシャルロットは語っている。

◆プロデューサーにフランク・オーシャン、仏エレクトロ・ハウス・アーティストのKavinsky(カヴィンスキー)などのプロデュースで知られるEd Banger出身のアーティスト/DJであるSebastiAn(セバスチャン)を迎え、従来の殻から脱却したという今作『REST』。シャルロットは「彼(セバスチャン)の強烈さと、私のシャイネスを覆い隠してくれる、音楽で自身を表現するエクストリームな表現方法を信じたの。私がどのように感じるかを彼が理解することだって自信があったし」と、絶大な信頼を寄せるプロデューサーの存在についてこのように語っている。

◆セバスチャン以外にも、多数のアーティストが今作には参加、アルバムにカッティング・エッジなエレクトロ・エッセンスを混ぜ込むことに成功している。Connan Mockasin(コナン・モカシン), Owen Pallet (オーウェン・パレット:Arcade Fire, Caribou, Franz Ferdinand)、そしてTom Elmhirst (Frank Ocean, David Bowie, Jamie XX, Adele)がミックスを担当するなど豪華多彩だが、ここで特筆すべきはやはり「Songbird In A Cage」を書いたサー・ポール・マッカートニーと、表題曲「Rest」の編曲およびプロデュースを手がけたGuy-Manuel de Homem-Christo(ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト)*ダフト・パンク であろう。


同時発売情報
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売(0190295755614)
※こちらは限定パッケージ盤です。

この記事をはてなブックマークに追加

THE CHRISTIANS / SINGS & STRINGS

2017年10月03日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/10/20予定

<JAN(規格番号)> 0190296960642

<内 容>
1980年代から1990年代に掛けて数々のヒット・ナンバーを送り出したリヴァプールのソウルフルなポップス・グループ、ザ・クリスチャンズがデビュー30周年を記念して、自分たちのヒット・ナンバーをアコースティック&ストリングスのニュー・アレンジでニュー・レコーディング。洗練された大人のポップス・アルバム『SINGS & STRINGS』完成!

■ 1980年代から1990年代に掛けて数々のヒット・ナンバーを送り出したリヴァプールのソウルフルなポップス・グループ、ザ・クリスチャンズ。元々Garry、Russell、RogerのChristian3兄弟の苗字、そして当時のギタリスト、Henry Priestmanのミドル・ネームが"Christian"であったことがグループ名の由来となっている彼ら。英国では当時、“ジーンズ姿のテンプテーションズ”と評されたこともあったという。

■ そして2017年。デビュー30周年を迎えたザ・クリスチャンズが、その記念すべきアニヴァーサリー・イヤーを祝うツアーを発表!そしてそのツアーに合わせるかのように、ニュー・アルバム『SINGS & STRINGS』をリリースする。ちなみに現在は、Garry Christianを中心とするラインアップで活動している。

■ 本作『SINGS & STRINGS』は、ザ・クリスチャンズのヒット・シングルを現在の編成でリアレンジ、リレコーディングしたものに、サッカークラブ、リヴァプールFCのサポーターズ・アンセムとして広く知られる「You'll Never Walk Alone」のカヴァーを収録した全10曲入り。リアレンジ、リレコーディングした楽曲には、1987年の全英No.2アルバム『THE CHRISTIANS』から、TOP30シングルの「Forgotten Town」、「Hooverville」、「When The Fingers Point」、「Born Again」を収録、さらに1990年の全英No.1アルバム『COLOUR』からは、TOP20シングル「Words」、そして全英TOP10となったチャリティー・シングル「Harvest for the World」(アイズレー・ブラザーズのカヴァー)が含まれている。

■ 30周年経っても、Garry Christianのソウルフルなヴォーカルは変わらず。そして彼らのヒット・シングルも、アコースティックとストリングスというシンプルな編成でアレンジされたことによって、メロディーとGarryの円熟味が増したヴォーカルが引き立つ、洗練されたナンバーへと生まれ変わった。秋の夜長に楽しめる大人の良質なポップス・アルバムがここに完成した!

https://www.facebook.com/thechristianslive

この記事をはてなブックマークに追加

Niall Horan / Flicker

2017年09月27日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/10/20

<JAN(規格番号)> 0602557902082

<内 容>
新たな旅の始まり…。
世界的大人気グループからソロ・デビュー!
“ワン・ダイレクションのファンの皆さんの変わらぬ愛とサポートに感謝します。新たな旅路を共に歩んでいくのを楽しみしています。”

■ナイルは、一世を風靡したワン・ダイレクションのメンバーとして、7,000万枚を超えるセールスを上げ、数々のワールドツアーも経験してきている。
■最新シンングル「トゥー・マッチ・トゥ・アスク」は、ナイル本人とジェイミー・スコットによる共作で、グレッグ・カースティンのプロデュース。9月15日、ナイルが東京にいるときにリリースされたばかり。
■ソロ・デビューとなるシングル「ディス・タウン」は、ナイル自身とジェイミー・スコット、マイク・ニードル、ダニエル・ブライヤーとの共作、グレッグ・カースティンによるプロデュース。62の国と地域でiTunes 1位を獲得、83の国と地域でTOP 10入りを記録した。
■「キャピトル・レコーズ(USA)との契約、そして初のソロ・シングルのリリースを発表できて興奮してるよ。ワン・ダイレクションのファンの皆さんの変わらぬ愛とサポートに感謝します。新たな旅路を共に歩んでいくのを楽しみしています。」 とソロ・デビューに際しコメント。
■セカンド・シングル「スロー・ハンズ」は、ナイル本人とジュリアン・ブネッタによる共同プロデュースになっている。52の国と地域のiTunes で1位、78の国と地域でTop 10入りの正真正銘の世界的大ヒットになっている。(9/30付の全米チャートでは11位まで上昇中)
■“このところ80年代初期の音楽をたくさん聴いていて、あの重厚感のあるベースやファンキーなギターのサウンドにインスピレーションを得ているんだ。これで僕のアルバムにまた新たなフレイヴァーが加わった。みんなとシェアするのが楽しみだよ” -セカンド・シングルのリリースに際しコメント。
■ラジオ・ディズニー・ミュージック・アワード2017では、最優秀男性アーティストを受賞。ソロ・アーティストとしても着実に歩み始めている。
■2017年6月13日6月に開催された「ワン・ラヴ・マンチェスター」にも出演。シングル曲2曲をパフォーマンス披露した。
■2017年9月14日には、ソロとしての初来日公演を東京EX THEATER ROPPONGI で開催。チケットは即日完売。グループとは違った趣のパフォーマンスでファンを魅了した。

■Niall Horan :1993年9月13日、アイルランド生まれ。一世を風靡したワン・ダイレクションのメンバーとして、7,000万枚を超えるセールスを上げ、数々のワールドツアーも経験してきたナイル。2016年秋にリリースされたソロ・デビュー・シングル「ディス・タウン」は全世界で300万枚以上に相当し、プラチナに認定。セカンド・シングル「スロー・ハンズ」も52の国と地域のiTunes で1位を獲得するなど正真正銘のヒットとなっている。ラジオ・ディズニー・ミュージック・アワード2017では、最優秀男性アーティストを受賞。今年6月に開催されたチャリティー・コンサート“ワン・ラヴ・マンチェスター”にも出演し、パフォーマンス披露するなど、ソロ・アーティストとして着実に歩み始めている。2017年9月、ソロ・アーティストとしての初の来日公演はチケット即日完売と、日本でも圧倒的な人気を誇っている。
■本作:ソロ・デビュー・アルバム
■シングル「Slow Hands」のLyric Video: https://www.youtube.com/watch?v=nBmNcLBaPUE                                                     
■シングル「Too Much To Ask」のMV: https://www.youtube.com/watch?v=ljXSjIph5ZM


同時発売情報
●上記アルバムのデラックス盤も同時発売(0602557993141)★13曲収録のデラックス・エディション  

この記事をはてなブックマークに追加

Grace VanderWaal / Just the Beginning

2017年09月20日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/11/3

<JAN(規格番号)> 0889854895921

<内 容>
世界で最も注目される13歳のシンガー・ソングライターグレース・ヴァンダーウォール、待望のデビュー・アルバム

グレース・ヴァンダーウォールは数々のスターを生んだアメリカズ・ゴット・タレント2016年度の優勝者。当時弱冠12歳にして、楽曲は全て本人によるオリジナル・ソング。堂々としたステージング、そしてその歌声が、ワン・ダイレクションなどの大人気歌手の才能を見出してきた毒舌音楽プロデューサー、サイモン・コーウェルも“未来のテイラー・スウィフトだ”として評して話題を呼んだ。初登場時の映像はYouTube Rewind2016(YouTubeが全世界から選定した2016年の動画トレンドランキング)で第5位を記録。またグーグルによる2016年に全世界で最も検索されたアーティストのランキングの7位にランクイン。ビヨンセ、コールドプレイなど多くのビッグアーティストがランクインするなか、堂々と名前を連ねた。今作も勿論全曲、本人の手によるオリジナル・ソング。自身の悩み、葛藤そして夢を反映した歌詞、そして優しくも激しさを伴うウクレレプレイ、時折、かすれるように裏返る特徴的な歌い方も、高音になったときの伸びやかな歌声も、全てが彼女の魅力だ。今年6月には初来日も果たし、その愛くるしいキャラクターと歌声で日本のオーディエンスも魅了。現在は日本の自動車メーカーのCM曲「Over The Rainbow」も歌っており、日々話題を呼んでいる。(このCM曲は輸入盤には収録されません。国内盤のボーナス・トラックとして収録されます。)テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、etc…多くのセレブが彼女を称賛。全世界が注目する若き才能の、待望のデビュー・アルバム!

この記事をはてなブックマークに追加

KELLY CLARKSON / MEANING OF LIFE

2017年09月19日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/10/27予定

<JAN(規格番号)> 0075678659843

<内 容>
"歌で伝えたい――生きる意味を、歓びを! アメリカン・アイドル初代グランプリ、グラミー3冠を誇る新世代正統派歌姫、ケリー・クラークソン。アトランティックからの移籍第一弾となる『MEANING OF LIFE』発売!よりソウルフルに、よりパワフルにスケール・アップしたケリーの新章がいよいよその幕を開ける――!!大ヒット・シングル「Love So Soft」収録!!!

■ グラミー3冠を始め、アメリカン・ミュージック・アウォード、MTVビデオ・ミュージック・アウォードなど数々の栄冠を手にしているアメリカの新世代正統派歌姫、ケリー・クラークソン。2017年アトランティック・レコーズへと移籍した彼女が、同レーベルからの第一弾となるニュー・アルバム『MEANING OF LIFE』をリリース!

■ 2015年リリースの全米No.1アルバム『ピース・バイ・ピース』から約2年振りとなる通算8作目となるスタジオ・アルバム、それが本作『MEANING OF LIFE』。これまで以上に、知的で官能的、そしてソウルフルなポップ・サウンドは、アレサ・フランクリン、ベット・ミドラー、デビー・ギブソン、ブランディーなど数々の正統実力派歌姫たちを輩出してきた名門アトランティックからの第一弾らしい作品になっているという。アルバムのファースト・シングルとなるのは、パワフルでアップテンポな「Love So Soft」。 ケンドリック・ラマーやミッシー・エリオットのビデオを手掛けたデイヴ・マイヤーズが監督した目の覚めるような鮮やかなミュージック・ビデオも絶賛公開中!(https://youtu.be/Zy6vBxqlapw)この他に、先行トラックとして、深みのあるヴォーカルでじっくりと聴かせるゴスペル調のバラード、「Move You」も公開されている。(https://youtu.be/2KNEagEu0I8)先日ケリーは、全米ネットワークのNBC TV『TODAY SHOW』のCiti Concert Seriesで「Love So Soft」と「Move You」を披露した。早くも両局とも大ヒットの予感を見せている・・・!

■ このアルバムを制作するにあたり彼女が今回チームに迎えたのは、これまでのアルバムでもタッグを組んできたジェイソン・ハルバート(ケリーの音楽監督でもある)にジェス・シャトキン(SIA、ワン・ダイレクションなど)、グレッグ・カースティン(アデルなど)の他、ミック・シュルツ(リアーナなど)やザ・モナーク(リタ・オラ、クリス・ブラウンなど)、ニック・ルース(カーリ・ジェイ・レプセンなど)といった世界的なヒットメイカー達。またケリー自らもソングライティングを手掛けている。

■ 米オーディション番組「アメリカン・アイドル」初代グランプリ、トータル・セールス2000万枚、シングル17曲がマルチ・プラチナに輝き、世界各国でゴールド・ディスクを獲得しているケリーは、間違いなく今のポップ・シーンを牽引するトップ・シングル・アーティストの1人である。音楽以外にも、NBCのTVシリーズ『AMERICAN DREAMS』でブレンダ・リーを演じたり、また昨年子供向けの本『River Rose And The Magical Lullaby』で作家デビューを飾ったりと、その活動の幅を広げている。ちなみに作家としての第2作目、『River Rose And The Magical Christmas』の発売も今年予定されている他、来年2月から放送される人気オーディション番組『THE VOICE』の新シーズンでコーチを務めることも決定している。よりスケール・アップしたケリーの新章がいよいよその幕を開ける――!!

www.youtube.com/channel/UCoRUmyNL8KEYftmxRA2n3SQ



この記事をはてなブックマークに追加

Norah Jones / Day Breaks (deluxe edition)

2017年09月15日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/10/27

<JAN(規格番号)> 0602557800852

<内 容>
★2016年リリース作品『Day Breaks』に昨年10月のNYのシーン・センター内ロレート・シアターでのライヴ音源を9曲追加収録したデラックス・エディションが登場!

この記事をはてなブックマークに追加

Jessie James Decker / Southern Girl, City Lights

2017年09月08日 | Pops,vocal,idol
<発売日> 2017/10/13予定

<JAN(規格番号)> 0889854840921

<内 容>
美貌のシンガー、ジェシー・ジェームス・デッカーのカントリー・ポップ・アルバム
現在28歳のジェシー・ジェームス・デッカーは、その美しい容姿から繰り出される伸びやかな歌声で注目されるシンガー・ソングライター。私生活では人気フットボール・プレイヤー デリック・デッカー(NYジェッツのワイド・レシーバー)の妻としても知られ、2児の母でもあり、屈託のない順風満帆なセレブリティそのものといった印象を与える。その美貌ゆえに2009年にはポップ・シンガーとしてデビューしていたこともあるが、人生の伴侶を得て、自らを飾ることなく、ルーツともいえるカントリーをふんだんに取り入れた今作で、再びミュージック・シーンに返り咲く。

◆Girl On The Coast
https://youtu.be/a1lDE-uoySk
◆Shoot Out The Lights
https://www.youtube.com/watch?v=lPOKBUp_O0w

この記事をはてなブックマークに追加