食べない方が良い魚 水銀・D

2017-07-14 17:24:19 | JPS 健康
食べない方が良い魚
・・・・・・・・・・・カル・・VA・・・・VD
・・・100g・・・・mg・・上600μg・・上2.5μg
あいなめ・・・生・・・55・・・・6・・・・9.0
あじ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・まあじ・・・生・・・12・・・・7・・・・7.9
・・・・・・・開生・・36・・・・ー・・・・3.0
・まるあじ・・生・・・53・・・11・・・18.7
・にしまあじ・生・・・26・・・16・・・・8.3
・むろあじ・・生・・・19・・・・4・・・・6.0
・・・・・・・くさや300・・・・ー・・・・2.0
あまご・・・・養・生・27・・・・7・・・・9.0
あゆ・・・・・天・生270・・・35・・・・1.0
・・・・・・・天内生・43・1700・・・・5.0
・・・・・・・養・生250・・・55・・・・8.0
・・・・・・・養内生・55・4400・・・・8.0
アラスカめぬけ生・・・22・・・20・・・・3.0
あんこう・・・きも生・・6・8300・・・13.8
いかなご・・・佃煮・740・・・・ー・・・・0.8
いさき・・・・生・・・22・・・41・・・15.0
いしだい・・・生・・・20・・・39・・・・3.0
いとよりだい・生・・・46・・・28・・・11.0
いわし類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・うるめ鰯・・生・・・85・・130・・・・9.0
・・・・・・・丸干し570・・・・0・・・・8.0
・かたくち鰯・生・・・66・・・11・・・・4.0
・・・・・・・煮干2200・・・・-・・・18.0
・・・・・・・田作2500・・・・-・・・30.0
・まいわし・・生・・・74・・・・8・・・32.0
・・・・・・・丸干・470・・・40・・・50.0
・めざし・・・生・・180・・・77・・・11.0
・しらす・・・生・・210・・110・・・・6.7
・しらす干し・乾燥・210・・140・・・46.0
・・・・・・・半乾燥520・・240・・・61.0
・たたみいわし・・・970・・410・・・50.0
・味醂ぼし・かたくち800・・・13・・・25.0
・・・・・・まいわし240・・・16・・・53.0
・缶詰・・・・水煮・320・・・・9・・・・6.0
いわな・・・・養生・・39・・・・5・・・・5.0
うぐい・・・・生・・・69・・・41・・・19.0
うなぎ・・・・養生・130・2400・・・18.0
・・・・・・・きも生・19・4400・・・・3.0
うまづらはぎ・生・・・50・・・・0・・・・8.0
えい・・・・・生・・・・4・・・・2・・・・3.0
おいかわ・・・生・・・45・・・10・・・10.0
おおさが・・・生・・・16・・・85・・・・3.0
おひょう・・・生・・・・7・・・13・・・・3.0
かじか・・・・生・・520・・180・・・・3.0
かじき類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くろかじき・・生・・・・5・・・・2・・・38.0
まかじき・・・生・・・・5・・・・8・・・12.0
めかじき・・・生・・・・3・・・61・・・・8.8
かつお類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・かつお・・・生・・・11・・・・6・・・・4.0
・そうだがつお生・・・23・・・・9・・・22.0
・・・・・・・なまり・11・・・・-・・・・4.0
・・・・・・・かつお節28・・・・-・・・・6.0
かます・・・・生・・・41・・・12・・・11.0
かれい類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・まがれい・・生・・・43・・・・5・・・13.0
・まこがれい・生・・・46・・・・5・・・・6.7
・子持ちがれい生・・・20・・・12・・・・4.0
かわはぎ・・・生・・・13・・・・2・・・43.0
かんぱち・・・生・・・15・・・・4・・・・4.0
きちじ・・・・生・・・32・・・65・・・・4.0
きびなご・・・生・・100・・・・0・・・10.0
ぎんだら・・・生・・・15・1500・・・・4.6
ぐち・・・・・生・・・37・・・・5・・・・2.9
こい・・・・・養生・・・9・・・・4・・・14.0
こち類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・めごち・・・生・・・40・・・・2・・・11.0
・このしろ・・生・・190・・・・-・・・・9.0
さけ・ます類・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・からふとます生・・・13・・・13・・・22.0
・ぎんざけ・・養生・・12・・・36・・・15.0
・さくらます・生・・・15・・・63・・・10.0
・しろさけ・・生・・・14・・・11・・・32.0
・・・・・・・塩ざけ・16・・・24・・・23.0
・・・・・・・イクラ・94・・330・・・44.0
・大西洋さけ・養生・・・8・・・17・・・10.0
・にじます・・養生・・13・・・57・・・10.6
・べにざけ・・生・・・10・・・27・・・33.0
・ますのすけ・生・・・18・・160・・・16.0
さば類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・まさば・・・生・・・・6・・・37・・・・5.1
・ごまさば・・生・・・12・・・・8・・・・4.3
・大西洋さば・生・・・・7・・・44・・・10.0
さより・・・・生・・・41・・・・-・・・・3.0
さわら・・・・生・・・13・・・12・・・・7.0
さんま・・・・生・・・26・・・16・・・14.9
しいら・・・・生・・・13・・・・8・・・・5.0
しまあじ・・・養生・・36・・・10・・・18.0
シルバー・・・生・・・11・・100・・・・3.0
すずき・・・・生・・・12・・180・・・10.0
たい類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・きだい・・・生・・・23・・・50・・・・4.0
・くろだい・・生・・・13・・・12・・・・4.0
・まだい・・・生・・・11・・・・8・・・・5.0
・・・・・・・養生・・・7・・・10・・・・4.5
たかべ・・・・生・・・41・・・16・・・・4.0
たちうお・・・生・・・12・・・52・・・14.0
どじょう・・・生・1100・・・13・・・・4.0
ナイルティラピ生・・・29・・・・3・・・11.0
なまず・・・・生・・・18・・・70・・・・4.0
にしん・・・・生・・・27・・・18・・・22.0
・かずのこ・・生・・・50・・・15・・・13.0
はぜ・・・・・生・・・42・・・・6・・・・3.0
はまふえふき・生・・・43・・・・6・・・11.0
はも・・・・・生・・・29・・・59・・・・5.0
ひらまさ・・・生・・・12・・・19・・・・5.0
ひらめ・・・・生・・・22・・・12・・・・3.0
ふぐ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・とらふぐ・・養生・・・6・・・・3・・・・4.0
・まふぐ・・・生・・・・5・・・・7・・・・6.0
ふな・・・・・生・・100・・・12・・・・4.0
ぶり・・・・・生・・・・5・・・50・・・・8.0
・はまち・・・養生・・19・・・32・・・・4.0
ほうぼう・・・生・・・42・・・・9・・・・3.0
ほっけ・・・・生・・・22・・・25・・・・3.0
ぼら・・・・・生・・・17・・・・8・・・10.0
・からすみ・・・・・・・9・・350・・・33.0
ほんもろこ・・生・・850・・250・・・・5.0
まぐろ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・きはだ・・・生・・・・5・・・・2・・・・6.0
・くろまぐろ・赤身生・・5・・・83・・・・5.0
・・・・・・・脂身生・・7・・270・・・18.0
・びんなが・・生・・・・9・・・・4・・・・7.0
・みなみまぐろ赤身生・・5・・・・6・・・・4.0
・・・・・・・脂身生・・9・・・34・・・・5.0
・めじまぐろ・生・・・・9・・・61・・・12.0
まながつお・・生・・・21・・・90・・・・5.0
みなみだら・・生・・・23・・・・6・・・・7.0
むつ・・・・・生・・・25・・・・8・・・・4.0
やつめうなぎ・生・・・・7・8200・・・・3.0
やまめ・・・・養生・・85・・・15・・・・8.0

★(水銀の食べすぎ)
アメリカ・イギリスでは「まぐろ」は妊婦さんは食べてはいけない食品です。日本でも、「きんめだい」は
だめですが、「まぐろ」を「X」にすると、「魚」で生活をしている人が困るから?
奇形児は生まれてから考える?

●各国の水銀の規制値

日本
魚介類(まぐろ等を除く) 規制値(mg /kg) メチル水銀 0.3 暫定的摂取限度量 0.48μg methylHg /kgb.w./day

米国
魚介類(FDA) メチル水銀 1
暫定的摂取限度量0.1μg methylHg /kg b.w. /day

英国
魚類 総水銀 0.3

EU
あんこう、西洋ナマズ、バス、ブルーリング、かつお、うなぎ、かれい、小まぐろ、マカジキ、かわかます、ポルトガルサメ、えい、鮭、タチウオ、サメ、ゴマサバ、ちょうざめ、めかじき、まぐろ 総水銀 1

総水銀分析結果平均値 メチル水銀分析結果平均値

インドマグロ 1.27ppm 1.06 mg/kg
キハダマグロ 0.30ppm 0.24 mg/kg
メバチマグロ 1.23ppm 0.96 mg/kg
本(クロ)マグロ 1.43ppm 0.99 mg/kg

魚介類中の水銀濃度調査結果

(本調査は平成12年及び平成13年に各都道府県において
実施した検査結果を取りまとめたものである。)
魚類 総水銀 mg/kg
キンメダイ 総0.478
サメ 総0.430
メヌケ 総0.530

平均
魚類計 総0.108
貝類計 総0.014
水産動物計総0.029

低レベルでさえ高水準で異常な脳障害を引き起こします。
★結論=魚類は平均すると、毒である。

★(ビタミンDの食べすぎ)
鮭(さけ)・カラスカレイで筋肉・内臓・血管がカルシウムをとりこみ、硬くなる。
硬くなった部分を「病気」と言います。もしくは「ガン」と呼ぶ人もいます。

  ●ビタミンD ●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・脂溶性ビタミン・紫外線で皮膚に出来る。
・肝臓・皮下脂肪に貯蔵。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
・所要量 成人 2.5
5歳まで 10

・許容上限摂取量 1歳以上 50
1歳未満 25
・摂取量==通常の食物で過剰の可能性
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
★過剰症★

・高カルシウム血症(食欲不振、嘔吐等の胃腸症状・肝機能検査値上昇・軽度の血圧上昇・腎機能低下・頭痛・頭重・いらいら感・脱力、倦怠感・胸痛・肩凝り・眠気・下のしびれ感・記憶力減退など)
口渇・多尿・意識混濁・骨、歯の異常・興奮・不眠・頭痛・発汗・便秘・下痢・皮膚の乾燥・掻痒感・筋肉痛・筋緊張低下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べても良い魚・魚介類 | トップ |  ? 国産牛? »
最近の画像もっと見る

JPS 健康」カテゴリの最新記事