花粉症・風邪 本能・妊娠

2017-07-14 17:31:49 | JPS 健康
花粉症
 菜の花を炒める。お浸し。ブロッコリーもいいですよ。ツクシもいいですよ。蜂蜜もいいですよ。

風邪
 何も怖がることはありません。「脅して儲かる人」が騒いでいるだけです。「飛沫感染」ですので、飛沫が、「手」を介して、主にマブタの粘膜に付着して感染します。「空気感染」ではありません。「手洗い」は、目を手の甲で、ぬぐってしまう心配のある人は、「無駄」ではありません。「風邪はひくものです」
そして、ウィルスは、白血球が殺して抗体を創り、抵抗力をつけていく。「熱」は、白血球がウィルスを殺す時に出しています。薬で熱を下げると、ウィルスが生き残ったままになります。熱は外から冷やしましょう。

塩を欲しがる本能
塩を欲しがる本能を誤魔化した食べ物。
・さしみの醤油
・お寿司屋さんのしゃりと醤油
「減塩しなさい」と言ってる医者がよく行ってる寿司屋さんです。スーパーで売ってる寿司の10倍の塩が入っています。
・焼き魚の塩・煮魚の醤油
・バター・チーズ
・豆腐の醤油

⇒魚・豆腐・乳製品の食事
 (塩を欲しがる本能による)
⇒高カルシウム血症
 (ビタミンD過剰症)
 (血液の中にCaが多い状態)
⇒筋肉・膵臓が硬くなる
 (流れの悪い所にとどこおる)
⇒糖尿病

★エコ?★
 植物の光合成で二酸化炭素が酸素になります。学校で習いましたね。でも、同じ日に植物の呼吸で夜は、酸素を二酸化炭素にしている。と、習いました。狭い部屋を観葉植物だらけにした夜、換気扇をかけないまま寝て、二酸化炭素中毒で救急車で運ばれた。と、言う話を聞いたことがあります。森を守れば、酸素だけが地球にあふれる?騙されない様に。

病気を治す食べ物?
●調子の悪い体は、調子を悪くする食べ物でしか、出来ていません。
●硬いもの(病巣)は、カルシウムとタンパク質で出来ています。
●カルシウムはクエン酸でとけます。
●タンパク質はブドウ糖でとけます。

●クエン酸を多く含む食べ物

果物・梅干・トマト・ケチャップ

●ブドウ糖を多く含む食べ物
コーラ・サイダー・ワイン・果物

●溶かした余分なカルシウムは尿から排出されますので、誰にも文句を言われずに簡単に塩分補給出来る食
べ物が必要です。
★寿司屋さんの「しゃり」のレシピで御飯を炊く。
米4合
 酢   大匙5
 砂糖   大匙4.5
 塩    大匙1強
★梅干を使った料理
★ケチャップを使った料理

体にとってつらい物
(油脂類)
有塩バター
食塩相当量(g)1.9
100g当たり
( 乳類)
プロセスチーズ
食塩相当量(g)2.8
100g当たり
※100g当たりに含まれる栄養成分の量です。
(豆乳)
たんぱく質(g) 3.6
カルシウム(mg) 15
(調製豆乳)
た んぱく質(g) 3.2
カルシウム(mg) 31
(木綿豆腐)
たんぱく質(g) 6.6
カルシウム(mg) 120
(絹 ごし豆腐)
たんぱく質(g) 4.9
カルシウム(mg) 43
(糸引納豆)
たんぱく質(g) 16.5
カルシウム(mg) 90
(普通牛乳)
たんぱく質(g) 3.3
カルシウム(mg) 110

(●人乳)
(●たんぱく質(g) 1.1 )
(●カルシウム(mg) 27 )

●体に良いか悪いかは、あなた自身の体に聞いてみましょう。
●体調が良くなければ(便秘・生理痛含む)足し算ではなく引き算を考えてください。

妊娠
・妊娠は病気ではない
妊娠?自分で検査?病院検査で、確認?
尿検査一つのつもりが、21項目の検査?妊娠の確認に病院に来ただけなのに、変ですね ?
大根を買いに来ただけなのに、「野菜全部ですね?」それは詐欺です。そんな買い物、ご主人がしてきたら
奥さんは怒るはずです。
 助産院に行ってみよう。触診無し。それだけでも安心。
産婦人科という医者の世界では妊娠は病気と同じ扱いです。
 助産院では、妊娠、出産は普通の出来事。心配事があれば、取り除くのが、助産婦さんの仕事。
 医者は心配事を増やし検査を増やし、ストレスに耐え切れないで、食べすぎ(タンパク質・ビタミン・カルシウム)た人が、産道が固くなり、難産等の異常が発生する。そして、帝王切開?医者の出番ですよ?儲かります。ねえ。予防医学の考えは学校では習っていないらしい。どちらかと言うと病気にさせる方法を習ってる?
1、ビタミンA(レバーや人参)をなるべく食べるように指導して、奇形児出産率を増やす。
2、ビタミンD(魚や日焼け)を多く摂るように指導して、高カルシウム血症による筋肉硬化。内蔵硬化。⇒病気?。
3、カルシウムを摂りすぎても、2と同じ結果になる。
4、むくみ?塩分とりすぎ?見たの?実生活の塩分量計ったの?出た塩分は入れないと、腎臓は、これ以上出たら困るので、汗と尿を少なくしようとする。⇒むくみ?塩分摂取は本能にまかせましょう。
5、検査が多すぎます。パンダが妊娠しても、そんなに検査する?向こう側には、敵。こちらがわには味方。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩分 | トップ | スポック博士の育児書より »
最近の画像もっと見る

あわせて読む