に、なる方法

2017-07-14 17:02:28 | JPS 健康
糖尿になる方法 ①
①カルシウムを300mg以上摂取する。
②カラスカレー・鮭・あんきも・マグロのトロを食べる。
③日焼けを続ける。

膵臓に、ビタミンD過剰による、高カルシウム血症が起こり、膵臓細胞が、固くなり、インスリンが出なくなりブドウ糖の代謝が出来なくなる。

乳がんの造り方 ②
①粉ミルクで、成長する。
②カルシウムを300mg以上摂取する。
③カラスカレイ・鮭を食べ続ける。

高血圧になる方法 ③
①カルシウムを300mg以上摂取
②魚を摂りすぎ。
③タンパク質を100g以上摂取

ニキビ・吹き出物の作り方 ④
①カルシウムを300mg以上摂取

胃持たれ、逆流性食道炎 ⑤
2017年2月1日11:30分大阪1037HPa
こんな日は、胃酸が出ません。
食事無しで、良し。

肩こり ⑥
食べすぎ。

子宮筋腫になる方法 ⑦
①カルシウムを1日300mg以上摂取
②魚を食べ過ぎ
③日焼け

狭窄になる方法 ⑧
①カルシウムを1日300mg以上摂取

冷え症になる方法 ⑨
①カルシウムを1日300mg以上摂取
カルシウムが、ふくらはぎに貯まり、血行の上下が止まる。

痴呆症になる方法 ⑩
塩分不足

腰痛になる方法 ⑪
①カルシウムを1日300mg以上摂取
②魚を摂りすぎ。
③タンパク質を100g以上摂取

ぢ ⑫
①カルシウムを1日300mg以上摂取
②魚を摂りすぎ。
③タンパク質を100g以上摂取

口内炎 ⑬
①カルシウムを1日300mg以上摂取
②魚を摂りすぎ。
③タンパク質を100g以上摂取

肺炎になる方法 ⑭
ウイルス感染
病院で感染

どうすればアトピーになれるか

ビタミンA(所要量・例6~8歳 1200 IU/1日、成人女性 1800 IU/1日)を10万IU以上肝臓に蓄積させる。過剰症としての皮膚炎が出たら、そこに人工的につくった副腎皮質ホルモン(副腎でつくられる)いわゆるステロイドをぬると、自分で副腎皮質ホルモンをつくる必要がなくなるので副腎が休んでしまう。この状態をアトピー性皮膚炎と言います。

ただのビタミンA過剰による皮膚炎だったのに…。

ビタミンD(所要量・例6歳以上 100 IU)は紫外線で皮膚にでき、肝臓、皮下脂肪に貯蔵されるものを、食物から摂ってしまうと、過剰症として,の皮膚の乾燥がでます。かゆいのでかいてしまいました。そこに人工的につくった副腎皮質ホルモン(副腎でつくられる)いわゆるステロイドをぬると、自分で副腎皮質ホルモンをつくる必要がなくなるので副腎が休んでしまう。この状態をアトピー性皮膚炎と言います。

ただのビタミンD過剰症の高カルシウム血症による皮膚の乾燥だったのに…。

(塩湯の作り方)赤穂の天塩をひとつまみ、コップ8分目のぬるま湯に入れ、5~10分かけてゆっくり飲む。気圧の急激な変化時(梅雨・台風)・イライラする時・胃・腸の調子が悪い時など。(お風呂)腰湯・ぬるめ10~15分←塩山盛り1つかみ(海水程度)場合によってはもっと多めに。
(保湿)お風呂上りに保湿剤を塗る(ワセリン、ホホバやオリーブ等)すりこんではいけません。


[吸湿・通気]
・皮膚の調子が悪い時はできるだけ長袖の絹や吸湿保湿機能のシャツなどを着る。(特に寝巻き:綿は汗がかわきにくい)
・汗をかいたらこまめに、こすらないように拭く。
(目の粗いタオルはなるべく避ける)

[刺激]
・薬用石けんの刺激に注意。
・熱いお湯は避ける。
・皮膚と擦れる事が少ない衣服。(特に皮膚の調子が悪いところの摩擦に注意)
・かゆくて我慢できない時、塩のお風呂が用意できなければ、何度でもシャワーをあびる。(洗うのではない) また、アイスノンなどで間接的に冷やし、こすったり、かかないように。
・かゆくて眠れない時は、無理に眠ろうとせず、本を読んだりして眠くなるまで起きておく。
・「アトピーに良いから」という理由で、食べたり飲んだりしない。(たいてい、すぐ過剰になります。)
・「自然の成分」だからといって、体によいものばかりではない。特に化粧品には注意。
・部屋の換気・乾燥・過湿は季節に応じて注意する。
・布団は羽毛は避ける。真綿(まわた)がのぞましいが、他の素材でも良いがよく乾燥させ、カバーは刺激の少ないものに。(ベッドの下に炭などを置く)

[日焼け]
・日に焼けないように注意。 (日傘、帽子、長袖)

・温泉は「塩泉」など。
・家のお風呂で塩入りができなければ、洗面器やバケツに作ってしばらくつけたままにしたり、かけたりする。あとはさっと洗い流す。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しわを無くす方法。 | トップ | ガン・ウイルス性疾患・全て... »
最近の画像もっと見る

JPS 健康」カテゴリの最新記事